<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

6日目ぴらぽ。 フェイラ(市場)へ。

e0028810_8131983.jpg

















さて土曜日。
土曜日と言えば、何はともあれ、人たちは町にお買いものに出かける。

朝からスーパーは大混雑。
でもそれ以上に大混雑なのは、フェイラ(市場)。

上の写真は、ずらりと並んだミナス・チーズの屋台。
(目をこらせばチーズんところに黒い小さなものが見えるけれど
こんな小さなハエにひるんでいてはいけない。)

このミナス・チーズはブラジルではとても有名なチーズで、
クセがないので、そのまま食べたりするのはもちろん、
ちょっと置いて硬くして、すりおろしてポンジケージョを作るのに使うのは王道、
ゴイアバーダと併せて食べたり、焼いて食べたりするのも、
またよく知られているところでございます。

さて、わたくしは何ともこのフェイラが好きで(ハエがいても)
懐かしくて隅から隅まで見てまわったところ、
何かがおかしい。何かが足りない。何かが、

ないっ!


肉が売ってない。


そう、昔レポートしたこともある()ずらりと丸まま、
牛さんや豚さんがぶら下げられた、
肉売り場が根こそぎなくなっていたのでございます。

何でも、衛生上の理由から、っていう話なんだけれど、

それならチーズに止まったハエはいいのか!ドンっ!(←実は本当にびっくりして床を踏んだ)

このときわたくしは、
なーーんとなく悪い予感がしたのでございます。

そう、この肉売り場だけではなく、
何かが変わって、妙に小ぎれいな町に変貌しつつあるぴらぽの町。

このあと、町をぶらつき、そして見た、
驚愕の光景とは。。。

続く。

と、また引っぱってみる。笑


とりあえず、写真をもう一枚。


e0028810_7485765.jpg















量り売りピンガ(ブラジルの誇る、さとうきびのお酒)のコーナー。

ここで店のにいちゃんにとっ捕まり、
アルコール度数45度をぐいっと一杯飲んでゆけと、
しつこく誘われましたが、

にいちゃん、
飲んだらわたしは

危険な女に変身するで。 (笑)




↑みなさまいつもありがとうございます。
こんなところにいるなんて。。(クリッククリック~)
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-28 08:05 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。ぷれ吉のおうちにて植物クイズ。

e0028810_991847.jpg















↑本邦初公開ぷれ吉宅。

我が家で働いてくれていたぷれ吉は
おうちへ帰ればまたもや主婦として働いている。

おうちに行っていつも感動するのは、
あれだけお仕事でわたしのおうちをぴかぴかにしてくれているのに、
帰ってまた、今度は自分のおうちをぴかぴかにしていること。(自宅もけっこうでかいのに)

もちろんごはんだって立派に作っているし、
タオルからパンツまでアイロンがけはばっちりだし、
わたしはこのひとの働きぶりは本当にすごいと思う。

本人も言っていた。

「ヒロぅコぅ、わたしはいつだって働いているのよ。
 いつも、いつも、いつも、よ。
 なのに、うちのダンナは。。。。。(果てしなく続く)」

そして、ぷれ吉は副業としてパンツ売りもやっているのだが、
今回わたしにとてもすごいえげつないパンツを勧めておきながら、

「自分は絶対こんなのはかない」

という、商売人としては致命的な発言をかましていた。

さて、そんなプレッタ奥さまからクイズでございます。

ぷれ吉宅のお庭に植えられていたたくさんの草、じゃなかった植物、
これはいったい何でしょう?

e0028810_99587.jpg


正解の方には、ぷれ吉より豪華プレゼント。(パンツ。)

いやいや、今回は終わりに正解書いとくね。(だって、パンツ。)


最後に、写真でございます。

ここにいればオットの姿が目に入らないんだって。笑


e0028810_9103355.jpg





















野外シャワー。
気持ちよさそう♪



↑な、なんか未踏の場所に。。
みなさまいつもありがとうございます。


<クイズの正解。順番にネギ、マンジョッカ、オレンジ、さとうきび、オクラ、ジロ、イタリアンパセリ、クレソン、フェジョン、レモン、胡椒>
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-25 09:37 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。1世さんのおうちにて。


e0028810_9545668.jpg
















旅行記を引っ張りまくった挙句に、
ぷれ吉ばなしの流れをぶった切ってしまって
まことにごめんなさい。

ぷれ吉の仕事が終わるまでの時間、
ちょうど近くにお住まいの日系1世の方が
お昼ごはんに招待してくださっていたので
ありがたくお邪魔しました。

奥さんのミドリさんの手料理。
ブラジル生まれブラジル育ちのミドリさんは
見かけこそ肝っ玉かあさんの風情なんだけど、
口の悪いおやっさん(旦那さん)に
黙ってついてきた忍耐の妻、、、

と、思ったら、
農場の仕事を引退したおやっさんに、
なんやかんや言い放つ言葉も増えていて
やっぱり女って強いわねぇ。

でも相変わらず、ミドリさんのおふくろの味、
美味しい。日本の味。
(だけど、煮魚の魚が間違いなくブラジル)

そしてその、
口の悪いおやっさん。


e0028810_106119.jpg














本当は実に心やさしいおやっさんでなのである。

けれど、昭和ひとケタ生まれの気骨、気概が、
軟弱化した日本の風潮に晒されることなく、
日系1世としてブラジルの地でそのまま維持されている、
とでも言いましょうか、とにかく、

口は悪い。笑


おやっさん名言集。


何年か前の、日本が大不調だった冬のトリノオリンピックの際。

「200人もあんな遠い国に行っとって、ひとつもメダルを取れんとは、
 あいつらはみな 国賊 じゃ。」


その大不調日本の、特にフィギュアで失敗した選手を見て

転んで泣くな。みっともない」


その他、今では失われてしまった日本の言葉もどんどん出てくる。

一例→「あの女は、女郎 じゃ」


いちいちすごいが、いちいち間違ってはいない。


でもさぁ、おやっさんさぁ、

ブラジル人のことを、外人 と呼ぶのは違うと思うの。
ブラジルでは日本人が外人。笑

でもブラジルに住む日系1世は、かなりの確率で
ブラジル人を外人と呼ぶ。

面白いね。



↑な、なんか未踏の場所に。。
みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-22 10:35 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。オぉイ!ぷれ吉。


e0028810_1219136.jpg

















さて、山と積まれた食べものの中から
胚芽食パンとハムとチーズで朝ごはんを食べ終えて、

お土産を持って、わたしの住んでいた元おうちを訪問。 (私信・Nさん、失礼しました)

お仕事中のぷれ吉を直撃。


e0028810_13264134.jpg














この姿を見ると、ついつい、

オぉぉぉぉイ~~!プレッタぁぁぁ!  (ブラジルでは、ハーイ、ではなくて、オーイですのだ。)

と叫びたくなるのです。

ええ、ぷれ吉さんは相変わらずお元気でした。
いや、外見はお元気そうに見えました。

(だって相変わらず、水撒きホースぶんぶん振り回してたし。)

ところが、「あんた、元気にやってんのぉ?」と、
久しぶりに会えた弾む気持ちで聞くと、

「わたし、元気じゃない。ちっとも元気じゃない」

と、ぷれ吉しかめっ面。


ひ「な、なんでっ??」


ぷ「だってね、だってね、

   
   オットが定年して、一日中うちにいてゴロゴロしてんのよっ 」




ははあ。。
あんた、世界中の中年妻の心配事が
とうとう実現してしまったわけやね。。

それからの会話としては、
わたくしが近況を1言うと、ぷれ吉がオットのグチを9こぼすという具合で、
これはどうしたもんかしらと思ったけれど、
とりあえず後ほど、ぷれ吉の仕事が終わったところで一緒におうちに行き、
ご主人の様子をうかがいつつ、
そこでヒロコ、あんたからも何とか言ってやってよっ!そんなことあたしが言えるはずないじゃん!
という苦しい訪問をする約束になってしまったのでございました。

続く。

(って、どういう渡鬼やねんこの流れは。笑)




↑今日もおひとつよろしくクリック。
みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-20 11:26 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。テレーザさんち。 (写真追加してます)


e0028810_10513552.jpg















テレーザさんち、と書きましたが、
正しくはヒナウドさんとテレーザさんち。

ぴらぽの町で、
前回は盟友マリアシルビア奥さまんちに居候させていただいておりましたが、
今回はテレーザ奥さまが、より広いおうちに引越しされたということで
こちらに滞在することになりました。てか、そういうことになっておりました。


e0028810_9444556.jpg


















このおうちは、わたしが住んでいた頃から
よく前を通りがかっていた、素敵なおうちだったので、
わくわくしておうちの中を探検。笑

それにしても、ブラジルのひとは、
マリアシルビア奥さまもそうだったけれど、
このたびのテレーザ奥さまも、
わたしが居候するにあたって、ほんのちょびっと気を使うだけでも

「ヒロコ、ここはあなたのおうちなのよ」(Esta na sua casa)

と、言ってくださる。

わたくしは、この言葉を聞くたびに、

ああ、ごめんなさい。
わたしはいつも日本の自分ちで、

「ここは、ちみひとりが住んでいるうちじゃないんだからね」

とオットに冷たく言い放っている、
ひどいツマなのでございますよテレーザさん。


と、心の中で手を合わせておりました。


そして、
ああ、わたしはたぶん、
テレーザさんを困らせたのだと思う。

わたしがいったいどのような朝ごはんを食べるのかがわからなくて、


e0028810_9185169.jpg














テレーザさん、朝、思いきり並べてくださってましたの。

ちなみにこの日、ヒナウドさんテレーザさん、わたし以外に、
2人の娘さん(帰省)と3人の親戚のひとが滞在しておられ、
朝ごはんは各自それぞれ勝手に食べろのブラジル方式。

その中で、わたしのだけ、ちゃんとお皿などをセッティングしてくださって、
本当にテレーザさん、ありがとうございます(涙)

そして、次回いよいよ
ぷれ吉と再会の巻でございます。



↑今日もおひとつよろしくクリック。
みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-18 09:33 | ブラジルだぁ*2010

4日目ぴらぽ。晩ごはん。


e0028810_803214.jpg




































ウイルソンさんとともに到着した3年ぶりのぴらぽの町。
懐かしいひとたちが出迎えてくれました。

(小さくですが、ウイルソンさん、マリアシルビア奥さま、テレーザ奥さまの
写真を載せてみました。ウイルソンさんは見かけはちょっと坂東英二似なんだけど
日本男児ここにありというひと。でもけっこうお茶目さんなの。)


そして、さっそく晩ごはんを食べに出かけました。
そしたらなんとまー!この町に、

本格シュハスカリア(シュハスコ・レストラン)がっ。

(ブラジルだからと言って、
どこにでも、バルバッコアやトッカーノのような立派なシュハスカリアが
あるわけではないのでございます)


でも、ちょいと疲れめのわたしが食べたかったのは、
肉ではなく、写真のもの。

これよこれこれ。チーズとパン。

真ん中の切れ目にニンニクバターをぬりつけたホットドッグパンを
炭火で表面カリカリに焼いたもの。

そして、焼いたチーズ。

このチーズ、これが実はちょっと問題で、
メニューにはモッツアレラチーズって書いてあるんだけれど、
たぶん、日本で売っているものを焼いてもこの感じにはならない。

(旅の終わりに、サンパウロのカルフールで
「これがシュハスコ用のチーズよ」と教えられた
Queijo Coalhoともまったく別物)


きゅるきゅるという食感がとても不思議で美味しいこのチーズ、
いったい正体はなんなのかな。




↑いつのまにかこんなところに。
みなさま、ありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-14 08:32 | ブラジルだぁ*2010

4日目。ぴらぽへの道。

e0028810_851288.jpg





















ぴらぽへの道の途中で食べたお昼ごはん。
(ミナスに入ると、いきなりポルキロにもフェジョントロペイロ(上真ん中の)が出てきます)


ついでに、
ぴらぽへの道の途中で入った軽食屋さん。


e0028810_86229.jpg






















中では、


e0028810_8521541.jpg
















ほーんと、ミナスに入ったら急に何もかもが田舎ちっくになって
火が燃えております。


サンパウロからぴらぽの町まで、1300 1000km。

サンパウロを朝6時に出発して
ぴらぽに着いたのが夕方6時。

うーん、

日系2世ウイルソンさんの運転は
NORMALなのか。。


そしてその道すがら、

ウイルソンさんがリベルダージで買ったという、


日本のこころ演歌名演集


を聴き続けたわたくしの頭は
NORMALだったのか。


e0028810_8164699.jpg













道の左右に広大に広がるミナス名物・植林の光景を見て、
感動と懐かしさで胸がいっぱいになるわたくしに、
ウイルソンさんは聞きました。


「えりもみさきさんというのはどういう方なのですか?」






↑長い車の旅もあっという間でした^^



e0028810_952577.jpg
☆この連休中に、
ピックアップブロガーの記事にも書かせていただいた、
ハチドリさんにお会いすることができました~。
同窓会で広島にいらっしゃるという幸運に恵まれてのことでした。

パワフルなのに優雅なハチドリさんと一緒の時間は
あっという間に過ぎてしまいました。

←いただいたものを少しUP。


ほかにもブラジルのものをたくさん、
珍しいものもいただきましたよ。

お料理したらUPしますねハチドリさん♪
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-12 08:30 | ブラジルだぁ*2010

ちょっとひとやすみ。


e0028810_7422521.jpg

















ちょっと急用で大阪に戻っておりまして、
今日は写真だけUP。

サンパウロの市場で写したひとこま。

なぜだかこのとき
私の頭の中ではワンノートサンバが繰りかえし流れておりましたの。
(上機嫌の酔っぱらい)

それにしてもこのテーブル、いいなぁ。



↑いつもありがとうございます。
↓コメントもいつも本当にありがとうございます。
お返事ちょっと待っててね。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-07 07:53 | ブラジルだぁ*2010

3日目サンパウロ。 セー広場。


e0028810_1055656.jpg
















セー広場に行く前に、上の写真、

そう、この看板に書いてある「Temakeria」。
読んで字のごとく、ここは手巻き屋さん。

わたしがミナスの田舎でくすぶっていた頃、
この大都会サンパウロでは、
とうとう日本料理屋さんの数がブラジル料理店の数を追い越したということで
たいそう話題になっておりましたが、
今どうやら、時代は手巻き寿司らしい。

わたしのいたホテルの近くにも、4軒のテマケリアがひしめき合っており
そのどこもが昼夜、ブラジル人でいっぱい。(わたしはカンピーナス通りをテマキ通りと命名)

一度入ってみましたが、テーブルには、普通の醤油と照り焼きソース(醤油?甘辛いの)が二通り、
たいていのひとは、どうやらこっちの照り焼き風味がお気に入りらしく、
ひとり、ブラジル人の兄ちゃんなどは、食べ終わって立ち上がってもまだ、
名残惜しそうにお皿に残ってたのを舐めてたぞ。笑


で、

昔は、ここサンパウロに出てきたときは、
日本食も食べにゃならん、日本のものも買わにゃならんとゆーことでとても忙しく、
実は全然観光したことがなかったんどす。(急に京都)

初めて行ってきました。
セー広場の教会へ。

e0028810_10185058.jpg
























カテドラル・メトロポリターナ。

同じ名前の有名な教会がリオにあるけど、

ここはなんで有名?

このおじさん?

(中には入れなかったのですが、見事なステンドグラスがあるらしい)
(このおじさんは、なんかで有名なひとらしいんだけど、忘れた)

それよりわたしが見たかったのはこれ。

e0028810_1030093.jpg




















おっさんじゃなくて、右のもの。

ここはサンパウロの方位起点、そして距離の原点になるのですね。

次の日に向うミナスジェライス州、
その方向を眺めて、ひといきタメイキをつき、
セー広場を後にしました。

ここで注意。
この広場はむちゃくちゃあやしいひとが多くて、ちょっと恐いところです。
路上に寝てるひともたいそう多いし。

でも恐くてもお買いもの。
広場にあったBanca(売店)で買ったステッカー。


e0028810_10332731.jpg


















わかるひとだけ笑ってください。笑

他にも「SURUBA」などあり、(ホントは日本車SUBARUね。)
それを見て、店のおっさんと大笑いしたのが
とてもよい思い出になりました。




↑おっさんに馴染まれやすいタイプのようです。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-04 10:54 | ブラジルだぁ*2010

3日目サンパウロ。 朝のお散歩。

e0028810_931283.jpg















さて、ブラジル3日目の朝ごはん。

なのに、なんだかもう飽きてきちゃって、
やる気のない自作モルタンデーラになっております。
(チーズ差し込むのもかったるかったらしい。)


でも、このホテルのバイキングのコーナーには、

e0028810_9314743.jpg




















こんなに小さくて可愛いパンが並んでいました。

ですが中には、

「こりゃ、あんこがはさまっているのかっ?」

とゆーようなワケのわからんパンもありまして、
とにかくこれらはちょっとおなかいっぱい。

ケーキも普通に並んでおりますのよ、ブラジルの朝ごはん。
この日は、とうもろこしのケーキと、人参のケーキ。
そう甘くなくて、美味しい。


そしてその後、ちょっと朝の散歩に出かけました。

ホテルの近くのこの通り。

名前が一番のお気に入り。


e0028810_9323746.jpg






















そして近所のスーパーにて、、

e0028810_932119.jpg




















これだぁぁぁ~~。
このスパイスのコーナーだぁぁぁ~~。

(このメーカーのスパイスコーナーはよく見かけます)

実はわたし、このかたちに惹かれて、以前に2本くらい買ったことがありまして、

ですが、当然のことながら、この形状、


立たない。笑


ブラジルのひとは、どうやって収納しているのか、
心の底から知りたいです。




↑やっと3日目。これからが旅の本ちゃん。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-01 10:08 | ブラジルだぁ*2010


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。


ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

最新のコメント

◼︎鍵コメさん、またもや..
by hi-sukesan at 17:43
◼︎鍵コメさん、わあっ、..
by hi-sukesan at 17:40
ごめんなさい、鍵コメさん..
by hi-sukesan at 23:38
◼︎鍵コメさん、 コメ..
by hi-sukesan at 23:33
◼︎tommyさん、わぁ..
by hi-sukesan at 23:28

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧