カテゴリ:ブラジルだぁ*2010( 48 )

帰り道。なんだけど、これが怖い。

e0028810_893754.jpg















さて、
なんじゃどうした的出来事もなく、
毎日、穏やかな日々を過ごしたぴらぽの町との
いよいよお別れのときが近づいてきました。

写真は、ぴらぽ最後の夜のディナー。

やっぱり〆はこれじゃろと、(広島弁では言わん)
みんなの意見が一致したのはこれ。

ぴらぽの味。

なまずのムケッカ。 (ピロン付き)

わたしがピラニアよりも何よりも、
一番ブラジル生活でお世話になった魚、なまず。

白身でクセのない淡白な味は、
揚げてよし煮てよし焼いてよし。

いや、奥さん、見てくれはなんだけれど
なまずは実にいいやつなんでございますよ。
ぜひお試しくださいね。

(でも、聞くところによると
すでに日本で売られている白身魚のフライなどには
なまずが使われているらしいです^^)


んで、

ぴらぽで大変にお世話になった、
ヒナウドさんテレーザさんたちとの涙のお別れがあり、
(本当にありがとうございました。テレーザさん見てる?)

翌朝早くに、行きと同じくウイルソンさんの車で
ぴらぽを発ったわたくしでございますが、


いやぁ、いきなり見ちゃった。


トラックがひっくり返ってる。
道の脇に、ぽよよんと。


そして、この光景は実は、
このへんの道ではよく見られる光景で、

それは↓こんなトラックが走ってるからなのね。





e0028810_8241920.jpg

















ミナス名物。木炭トラック。

なんでこの形に木炭を積まなければいけないのか
その理由がいまだによくわかりません。

ちなみになんで木炭トラックが多く走っているのかと言うと、
行きにも紹介した植林がミナスにはたくさんあり、
そのユーカリの木が木炭となって、運ばれていくからなのでございます。


そして、実に、
わたくしはここからベロ・オリゾンチまでに一度、
ベロ・オリゾンチからサンパウロに向かう道で二度、
このトラックがすってんころりんとなっている事故を目撃したのでございました。

すごいよ。

怖いよ。

だから、
後ろ走るのやめようよウイルソンさん。笑



↑いつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-24 08:45 | ブラジルだぁ*2010

ぴらぽ小景(その2 これで終わり)

e0028810_7184014.jpg
















シュハスコのお肉にかけて食べるヴィナグレッチ。(サンパウロではヴィナグレッテ)

これは、細かく切った野菜の酢のもので、
家庭によって、いろいろな味のつけ方がありますが、
ヒナウド宅は酢を使わずにレモン汁を使うとのこと。
個人的にわたしもあまり、ブラジルのお酢は好きではないので
(使うなら穀物酢ではなくてりんご酢だった)
この味付けは好きだったなぁ。
大量のヴィナグレッチを作るのは大仕事だけれど、
娘さん、必死で刻んでました。
パクチー入り。


e0028810_731857.jpg
















おうちの近くの小さな雑貨屋さん。
ここにはコピー機もあって、よく通いました。
ちなみに、ポルトガル語で「コピーをとる」は「tirar xerox」
ゼロックスではなくてシェロッキ。
そして、どんな小さな雑貨屋にも、
ゴム製のサッカーボールはたくさん置いてあります。


e0028810_73538100.jpg

















ぴらぽの教会。
クリームイエローの可愛い教会。


e0028810_7363674.jpg

















花の名前が覚えられないわたくしでございますの。。(とりあたま)


e0028810_7372430.jpg




















美しい鉄格子。

ぴらぽで、鉄格子のはまってない窓なんて見たことない。
門の内側に置いてある自転車まで盗まれることのある土地柄ですの。


e0028810_7394090.jpg




















折りしも、大統領選挙に伴う地方選挙で町は大騒ぎ。

とは言え、この選挙カーはすごくないか。
細かすぎて、何のことかようわからん。
電話番号とかも書いてあって、
最初はなんかの出前の車かと思った。




↑3週間近くもひとり旅に出してくれて(それも2回目)、
オットに感謝しないといけないなぁ。
と殊勝なことを書くのも、今日「いい夫婦の日」はわたしたちの結婚記念日だから。
ガマンの数はどちらが多いだろ。
数えるまでもないわな。。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-22 08:00 | ブラジルだぁ*2010

ぴらぽ小景(その1)

e0028810_8462785.jpg


















ぴらぽの町の写真がこまごまとあるので、
ちょっと載せてみます。

ブラジルの南東部にある州の、小さな田舎町。
人口は5万人、、って、けっこういるんだなぁ。

リオ・サンフランシスコという大きな川が流れていて、
魚がおります。そして↑馬もおります。

↓もちろん現役で働いております。

e0028810_8471773.jpg

















(ありゃこりゃポニーか?)


e0028810_8475984.jpg

















プレッタさんの自転車。
ブラジルではよく見かけるタイプ。
素朴で好きな感じです。

舗装していない道が多いので、
爆走するプレッタさんは
曲がり角でよくひっくり返っています。(気ぃつけや)


e0028810_8484175.jpg
















テラスでわたしたちにメロンを切ってくれているヒナウドさん。
優しいご主人。
お世話になりました。


e0028810_8491545.jpg




















ブラジルの一般家庭用パラボラアンテナ。

これぞブラジルサイズだぁ。



↑みなさまのクリックのおかげでございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-18 09:20 | ブラジルだぁ*2010

7日目ぴらぽ。シュハスコなのにシュハスコの写真がない。笑

e0028810_8192089.jpg

















早い。
もうブラジルに来て7日目、1週間が経とうとしております。
(いや、2ヶ月前の話なんだけどね^^)

今回は、ぴらぽらしい大ネタに遭遇せず、

あ、ぴらぽ在住Wさんから、

「ぴらぽ郊外にヘリコプターが墜落し、
すわっ、大事故だっ、とばかりに、ぴらぽ中の警察が現場に出動したら、
単なる山火事だった」

というネタをいただきましたが、うーむ、それはなるほど、
ぴらぽの人となり(町となり)がうかがえる輝かしいネタだ。笑


しかし、飛行機もわたしも川に落ちることなく、おだやかに迎えたぴらぽの日曜日、
この日は、お世話になっているヒナウド家で
みんな集まってのシュハスコ・パーティ。

朝からお庭では、サラダ用の野菜が準備されて、
それが何ともよい風景になっておりました。(上の写真)

そして、この日のために、釣りキチヒナウドさんが、
自分で釣った、と言いたいところだけれど
最近不調で釣れなくて、誰かからもらった大物 パク(paku)を
お料理してくれました。

e0028810_8385664.jpg
















すごいわ、デカいわ。

てか、これが入るオーブンも相当なものだわ。



そして、わたくしも少々お手伝いしましたの。


e0028810_8405181.jpg


















出来上がった直後から、ものすごい勢いで
減っとりましたカレー。


おばちゃん(わたし)、朝から、
5kgの鶏もも肉の骨はずしと、(ブラジルでは骨なしもも肉なんつーありがたいものは売ってない)
巨大豚かたまり肉の薄切りに大わらわ。

いや、ブラジルぴらぽ田舎生活で鍛えた腕は
まだまだ鈍ってはいませんぜ奥さん。(ささやかな自慢なの。笑)



↑それにしても、ブログにupしきれない写真の始末はどうしたらいいんだろう。。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-11 09:10 | ブラジルだぁ*2010

6日目ぴらぽ。Pizza Portuguesaなど。


e0028810_726926.jpg































ぴらぽの土曜日。

バールでいろいろな魚の揚げたのをアテにビールを飲み、
何をしてだらだらしていたかとゆーと、
俄か漢字博士となって、同席したブラジル人の名前を
漢字に変換しておりました。

これは本当に、日本人と見込んでよく頼まれます。(漢字はブラジルでもやっぱり人気)
もう何十人に名づけたでしょうか、今回も請われて名づけてみました。

Valtarさん。

暴太さんと変換して、意味言ったら大不評。大失敗。国文科面目丸つぶれ(苦笑)


ところで、
なくなってしまったものが多くて、ちょっとがっくりきていたわたしに朗報が。

戻ってきてました、


e0028810_9341617.jpg




















風呂屋イタリアン。

(すみません、わかるひとにしかわからないコアなネタです。初出
3年前遊びにきたら閉店していてがっくり。それが。。^@^)

「おお。あんた戻ってきたのか!」と、ここのおやじに言われましたが、
いえいえ、戻ってきたのはあなた。(笑)

さっそくみんなで、晩ごはんを食べに出かけました。

写真の上はニョッキ。
下は、Pizza Portuguesa 。(ポルトガルふうピザ)
これはけっこうブラジルではメジャーなピザで、
トマトソース、モッツァレラ、玉ねぎ、ピーマン、
ハム、タマゴ、オリーブ、オレガノなどが乗っかっております。

おやじぃ、おいしい~~




↑みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-08 08:33 | ブラジルだぁ*2010

6日目ぴらぽ。curimataとかmamonaとか。


e0028810_746536.jpg

















さて前回の巻で、今や幻となってしまった川沿いのバール群に
喪失感を隠せないわたくしでございましたが、

町をうろついてたら、「なんじゃそりゃっ?」ということがもうひとつあってね、

いや、町に一軒だけ、CD屋さんっちゅうのがあったんですよ、ぴらぽの町にも昔から。

それで、頼まれたCDを探しにその店に行ってみたらね、

店はあったんだけど、
なんか店内ががらんとしていて、なんかおかしいのね。

それで、店のおやじにとりあえず
「○○っていうひとのCDある?」って聞いてみたらね、

おやじ、「CDはないんだ」って言うの。

それがね、特定のCDがないんじゃなくて、


店に ひとつもCDがないのよ。


どうりで店ががらんとしてるはずだわ、レコードしか置いてないから。

それで判明したんだけどね、

前にたっくさんあったCD、

あれ全部、


海賊版だったわけね。。


いや、ブラジルの海賊版商品の取り締まりが
非常に厳しくなっているということは聞いていたけど
話は本当でした。

それにしてもおやじ、
露天商じゃないんだから。涙



話が逸れてしまいました。

お魚料理専門バールで食べた、この日のお昼ごはん。

もちろんお魚と言っても、川魚ばかりで
メニュー見たら、

e0028810_873455.jpg


















クリマタだのクルクバだのトライラだの、
なんのサルマタやねんというような名前がずらりと並んでおります。

ちょっと調べてみると、


e0028810_8104254.jpg

























こんなお魚さんたち。

(下の2枚は、3年前ぴらぽで見てびっくりした
  魚のかたちの公衆電話の写真)

ま、色がついてるのはドラードくらいで、
あとはどれも、ちょっと形相はすごいけど
食べるのに後ずさりするような感じではございません。

おまけに揚げてあるし、骨、取ってあるし。

お味も、どれも似たような感じで、
そうクセもなく、食べやすい白身。
(ちなみに、ピラニアもそうクセがある味ではない。ちょっとアブラが妙な感じだけど)


そして、そのお食事どきに、
いつの間にどこで取ってきたのか、ウイルソンさんが取り出したもの。

e0028810_8194354.jpg
















マモーナ。mamona

この植物、よくわからないんだけど、
手触りはゴムのようで、とげとげ触っても全然痛くないの。

これを使って洗えば油がものすごくよく落ちるそうで、
次に商売するなら、これですよこれ、とウイルソンさんは言ってました。

椰子の実みたいなもんかな。



↑みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-05 08:38 | ブラジルだぁ*2010

6日目ぴらぽ。呆然としたわたくし。


e0028810_8235488.jpg



















ぴらぽ土曜日のお昼。

みんなで川沿いのバールへ出かけました。

このバールは、たくさんのバールが並んだエリアから
ちょっと離れたところにぽつんとある、
素朴極まりないバールなんだけれど、
一応お魚料理専門店。

お昼ごはんの様子は次回書くことにして、

とにかくこのときわたくしは、
あまりのショックに座りこんで(椅子に)、
呆然として口半開き状態でしたの。


なんでかとゆーとね、


午前中に、そのたくさんのバールが並んだエリア、
わたくしのぴらぽ生活の根幹を成していたと言っても過言ではない、
あの川沿いにずらりと並んだバール群の様子を見に行ったのね。
(↓こんなだったのね)
e0028810_8243574.jpg














あのバールのおやじはどうしてるだろ、
あのCD売りのにいちゃんは元気でいるかな、
あのピーナツ売りは、あ、このおやじは死んだんだった、
あ、そんで、
この町ではみんなビーサンしか履いてないとゆーのに、

「靴磨かせて」

と言ってみんなの度肝を抜いたクツみがきの若者はまだいるのかしら、

もうほんと、わくわくしてそこにたどりついたらね、



e0028810_8302061.jpg















ないの。なんにも。


わたし、今まで漫画とかで見てて、
「こんなんフツーせーへんやろ」ってつっ込んでた、目をごしごしするポーズね、
あれ生まれて初めてやったわ。



(号泣)



なんでも、ぴらぽの市長さんが、
ここに近代的な建物を建てると張り切った結果こうなってしまったらしいけど、
そりゃ、あまり整然とした様子じゃなかったわよ昔は。
でもなんでも小ぎれいにしてしまわないといけないのかしら。


でも町がこうやって変わっていくのは仕方のないことで、
地元のひとにとっても、より快適な環境になることは
やっぱり喜ばしいことなのでしょう。

それでもまた椅子に座って
はぁぁぁ、とひとつ、大きなタメイキをついた
わたくしなのでした。



↑みなさまいつもありがとうございます。
まだこんなところにおります。。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-11-01 09:23 | ブラジルだぁ*2010

6日目ぴらぽ。 フェイラ(市場)へ。

e0028810_8131983.jpg

















さて土曜日。
土曜日と言えば、何はともあれ、人たちは町にお買いものに出かける。

朝からスーパーは大混雑。
でもそれ以上に大混雑なのは、フェイラ(市場)。

上の写真は、ずらりと並んだミナス・チーズの屋台。
(目をこらせばチーズんところに黒い小さなものが見えるけれど
こんな小さなハエにひるんでいてはいけない。)

このミナス・チーズはブラジルではとても有名なチーズで、
クセがないので、そのまま食べたりするのはもちろん、
ちょっと置いて硬くして、すりおろしてポンジケージョを作るのに使うのは王道、
ゴイアバーダと併せて食べたり、焼いて食べたりするのも、
またよく知られているところでございます。

さて、わたくしは何ともこのフェイラが好きで(ハエがいても)
懐かしくて隅から隅まで見てまわったところ、
何かがおかしい。何かが足りない。何かが、

ないっ!


肉が売ってない。


そう、昔レポートしたこともある()ずらりと丸まま、
牛さんや豚さんがぶら下げられた、
肉売り場が根こそぎなくなっていたのでございます。

何でも、衛生上の理由から、っていう話なんだけれど、

それならチーズに止まったハエはいいのか!ドンっ!(←実は本当にびっくりして床を踏んだ)

このときわたくしは、
なーーんとなく悪い予感がしたのでございます。

そう、この肉売り場だけではなく、
何かが変わって、妙に小ぎれいな町に変貌しつつあるぴらぽの町。

このあと、町をぶらつき、そして見た、
驚愕の光景とは。。。

続く。

と、また引っぱってみる。笑


とりあえず、写真をもう一枚。


e0028810_7485765.jpg















量り売りピンガ(ブラジルの誇る、さとうきびのお酒)のコーナー。

ここで店のにいちゃんにとっ捕まり、
アルコール度数45度をぐいっと一杯飲んでゆけと、
しつこく誘われましたが、

にいちゃん、
飲んだらわたしは

危険な女に変身するで。 (笑)




↑みなさまいつもありがとうございます。
こんなところにいるなんて。。(クリッククリック~)
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-28 08:05 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。ぷれ吉のおうちにて植物クイズ。

e0028810_991847.jpg















↑本邦初公開ぷれ吉宅。

我が家で働いてくれていたぷれ吉は
おうちへ帰ればまたもや主婦として働いている。

おうちに行っていつも感動するのは、
あれだけお仕事でわたしのおうちをぴかぴかにしてくれているのに、
帰ってまた、今度は自分のおうちをぴかぴかにしていること。(自宅もけっこうでかいのに)

もちろんごはんだって立派に作っているし、
タオルからパンツまでアイロンがけはばっちりだし、
わたしはこのひとの働きぶりは本当にすごいと思う。

本人も言っていた。

「ヒロぅコぅ、わたしはいつだって働いているのよ。
 いつも、いつも、いつも、よ。
 なのに、うちのダンナは。。。。。(果てしなく続く)」

そして、ぷれ吉は副業としてパンツ売りもやっているのだが、
今回わたしにとてもすごいえげつないパンツを勧めておきながら、

「自分は絶対こんなのはかない」

という、商売人としては致命的な発言をかましていた。

さて、そんなプレッタ奥さまからクイズでございます。

ぷれ吉宅のお庭に植えられていたたくさんの草、じゃなかった植物、
これはいったい何でしょう?

e0028810_99587.jpg


正解の方には、ぷれ吉より豪華プレゼント。(パンツ。)

いやいや、今回は終わりに正解書いとくね。(だって、パンツ。)


最後に、写真でございます。

ここにいればオットの姿が目に入らないんだって。笑


e0028810_9103355.jpg





















野外シャワー。
気持ちよさそう♪



↑な、なんか未踏の場所に。。
みなさまいつもありがとうございます。


<クイズの正解。順番にネギ、マンジョッカ、オレンジ、さとうきび、オクラ、ジロ、イタリアンパセリ、クレソン、フェジョン、レモン、胡椒>
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-25 09:37 | ブラジルだぁ*2010

5日目ぴらぽ。1世さんのおうちにて。


e0028810_9545668.jpg
















旅行記を引っ張りまくった挙句に、
ぷれ吉ばなしの流れをぶった切ってしまって
まことにごめんなさい。

ぷれ吉の仕事が終わるまでの時間、
ちょうど近くにお住まいの日系1世の方が
お昼ごはんに招待してくださっていたので
ありがたくお邪魔しました。

奥さんのミドリさんの手料理。
ブラジル生まれブラジル育ちのミドリさんは
見かけこそ肝っ玉かあさんの風情なんだけど、
口の悪いおやっさん(旦那さん)に
黙ってついてきた忍耐の妻、、、

と、思ったら、
農場の仕事を引退したおやっさんに、
なんやかんや言い放つ言葉も増えていて
やっぱり女って強いわねぇ。

でも相変わらず、ミドリさんのおふくろの味、
美味しい。日本の味。
(だけど、煮魚の魚が間違いなくブラジル)

そしてその、
口の悪いおやっさん。


e0028810_106119.jpg














本当は実に心やさしいおやっさんでなのである。

けれど、昭和ひとケタ生まれの気骨、気概が、
軟弱化した日本の風潮に晒されることなく、
日系1世としてブラジルの地でそのまま維持されている、
とでも言いましょうか、とにかく、

口は悪い。笑


おやっさん名言集。


何年か前の、日本が大不調だった冬のトリノオリンピックの際。

「200人もあんな遠い国に行っとって、ひとつもメダルを取れんとは、
 あいつらはみな 国賊 じゃ。」


その大不調日本の、特にフィギュアで失敗した選手を見て

転んで泣くな。みっともない」


その他、今では失われてしまった日本の言葉もどんどん出てくる。

一例→「あの女は、女郎 じゃ」


いちいちすごいが、いちいち間違ってはいない。


でもさぁ、おやっさんさぁ、

ブラジル人のことを、外人 と呼ぶのは違うと思うの。
ブラジルでは日本人が外人。笑

でもブラジルに住む日系1世は、かなりの確率で
ブラジル人を外人と呼ぶ。

面白いね。



↑な、なんか未踏の場所に。。
みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by hi-sukesan | 2010-10-22 10:35 | ブラジルだぁ*2010


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。


ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

最新のコメント

◼︎鍵コメさん、またもや..
by hi-sukesan at 17:43
◼︎鍵コメさん、わあっ、..
by hi-sukesan at 17:40
ごめんなさい、鍵コメさん..
by hi-sukesan at 23:38
◼︎鍵コメさん、 コメ..
by hi-sukesan at 23:33
◼︎tommyさん、わぁ..
by hi-sukesan at 23:28

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧