タグ:ブラジル料理 ( 102 ) タグの人気記事

Pave de Maracuja  パヴェ ジ マラクジャ


e0028810_11121065.jpg














ブラジルはご存知のとおりフルーツ天国で、

八百屋に行けば、まるでフルーツの見本市、
道には全体をパイナップルで飾り立てたトラック(←この写真を撮らなかったのは非常に悔しい)
おまけに言うなら、うちの庭には、
マンゴ、バナナ、パパイヤにアセロラなどの木があり、
ひょいと取っては食べられるという、
若干おサルさんのような生活をすることも可能でございました。

でもわたしが一番好き!!と断言してしまうのは
パッションフルーツ。
ポル語でいうマラクジャ。

ブラジルで初めて口にして以来、大ファン。
わが家の朝食に登場することの一番多いのは
マラクジャジュースだったりします。

日本ではなかなか本体そのものにお目にかかれない憎いヤツだったりしますが、
でも見つけちゃったの。アンデルセンの裏にできた新しいスーパーで。(地域情報)

嬉しくなってデザートを作ってみました。

e0028810_11323793.jpg










「Pave de Maracuja 」
発音すると、パヴェ ジ マラクジャ
    (はい、太字に気合を入れて。笑)

マイゼナタイプのビスケットというから、これはマリービスケットでOK、
それと生クリームにマラクジャジュースをちょっと加えたものと、
あとは果肉を使って作ったソースを重ねて、3時間ほど寝かせたデザート。

ふつうは大きなガラスの器にどど~んと作ることが多いようだけれど(ブラジル式でございますね)
写真のようにコップにちみちみ入れて作ってみて、はっと気がついたんだけど、

パヴェっていうのは、ひょっとしてパフェのこと?

辞書にも載っていない、謎のパヴェ。

とても簡単で美味しくて、嬉しいおやつになりました。



↑ いつもありがとうございます。
今日もおひとつよろしくクリック。

by hi-sukesan | 2010-04-09 11:54 | ブラジルゴハン

Pizza Mineira  ミナス風ピザ


e0028810_13411263.jpg
















そういえば、日曜日は復活祭(ポル語ではパスコア)
でしたね。

ブラジルでは例年どおり、
スーパーにはずらりと
卵型のチョコがぶらさげられていたことでしょう。


e0028810_891562.jpg











なんて懐かしい光景。
で、今回はこのショコラッチを作ろうと思い、、、、

って、ウソウソ。


近ごろ、わが家はなぜか千客万来で、
中には、春の移動で大阪に帰ってしまうという転勤族の奥さまがいらしたりして、
そのときに作ったのが、
写真のミナス風ピザでございました。

ぴらぽの町で食べたピザの記憶では
これと言った特徴がなかったような気がするのですが、
調べてみると、

レモンの皮

とか、

カトゥピリ (←これについては、いつか対決説明する日がくるはず)

とか、いろいろなものがのっかるようなことが書いてあり、

でも、今回は無難な線で
自作トマトソースを塗ったあと、
レモンの皮はほとんど入れず、
ブラジルではよく使われる食材の、パウミットの代わりに竹の子を、
そして、オリーブ、ハム、マッシュルーム、ピーマン、コーンなどを
威勢よくのっけてみました。

しかし、ぺたぺたにした写真のピザ生地が、
この後、チーズをのせて焼いたら、
ぶんわ~~んと膨らみまくり、
まるで、極彩色の救命ボートのようになってしまったのはなぜかしら。

それはそう、このPizza Mineiraレシピの生地には
生イーストが使われていて、
こうなるのはお約束だったのでございます奥さま。涙

ちなみに、ブラジルのピザは
ふんわかタイプのものが多いような気がしますが、
さっきドミノピザ・ベロオリゾンチ店のメニュー見てたら、
クリスピータイプももちろんございました。

でもさすがに、
「30分以内に持っていけなかったらタダ」
とは書いてなかったよ。笑




↑ いつもありがとうございます。


今日おひさしぶりにコメ欄あけております。
みなさまのお話お聞かせください♪

by hi-sukesan | 2010-04-06 14:47 | ブラジルゴハン

ブラジルふうミートボール Bolinhas de carne moida


e0028810_943812.jpg



冷凍庫にあった牛肉の挽き肉で作ったミートボール。
シンプルにトマトソースで煮込みました。

付け合せは、パセリのバターライスとマッシュポテト。(それとさつま芋のレモン煮)

ミートボールは、よくぷれ吉がお昼ごはんに作ってくれましたのよ。
とても無骨な感じのミートボールだったけど、すごく美味しかった。

無骨、というのは、
そう、ブラジルの挽き肉って、
日本のように細かく挽いたものではないからなのね。

そういえば、ある日、
初めてお肉屋さんに一人で行くことになり、
ドキドキしながら、挽き肉(carne moida)頂戴と言うと、
「何グラム?」と当然聞き返され、
そのとき初めて、
自分が、何百という数字単位をポルトガル語で喋れないことに気付いた
バカなわたくし。

ああ、未熟だったわねぇ。
ウブだった。

で、指で示し、それでわかってくれた肉屋のおじさんは、
大きな塊りの牛もも肉を取り出すと、
それをばっさばっさと切り、
挽き肉作り機(←なんちゅーんだ?ミンサー?)に放り込み、
ぎゅいんぎゅいんと作ってくれたんだっけ。

極あらびき挽き肉。

そしてうちらの町ではスーパーでも、
気の向いたときにしかパン粉などは売ってなかったので
(たぶんパン売り場で粉が集まったときだけ袋詰めにして売る方式)
つなぎは小麦粉。

玉ねぎと、にんにく(←今回は省略)のみじん切り、
玉子、そして塩、コリアンダー、パセリを入れて団子にしたら
トマトソースで煮込みます。

ブラジルでは、Bolinho(ボールbolaの小さいの、の意)と言えば
たいていはコロッケものを指しますが、
どうやら、Bolinha(女性形)になると、
この手のミートボールになるみたい。。だけど、
真相はよくわかりません。
小さい単位のお話ですみません。笑



↑いつもありがとうござります。
今日もおひとつ、クリックお願いいたします。


※ひさしぶりにコメ欄あけさせていただいとります。
懐かしいお声をお聞かせください~

by hi-sukesan | 2010-03-18 09:48 | ブラジルゴハン

Galinhada ガリニャーダ


e0028810_5494119.jpg














先週、ブラジルの米事情を特集した番組がBSで放送されていて、
その中で、ブラジル米を作っている農家の晩ごはんとして
紹介されていたのがこれ、Galinhada。

実に手早くできる米料理で、
鶏肉(ダシが出るので、なるべく骨付き)、
野菜(トマトはほしい。今回トマトペーストも入れました)を炒めて、
そこに水と、長粒米(洗わない)をざざざと入れ、ぐつぐつ煮る、
イタリア系の奥さまが作る、これはリゾットでございますね。


が。


適当な水加減のおかげで
チキンピラフのようになってしまいましたわ^^;


Mato Grosso Do Sul 州にある、
素晴らしくでかい水田の風景がすごかった。
この農家のおじさんが借りているのは、その一画なんだけど、

東京ドーム50個分。


うーん、コメ一体何粒くらいとれるんだろう。

(↑考え方がそもそも小粒)




↑クリックいつもありがとうござります。
今日から大阪。
更新できるかな。

by hi-sukesan | 2010-02-22 06:19 | ブラジルゴハン

ブラジルふうハンバーグ? Medalhao de carne moida

e0028810_955834.jpg


「Medalhao メダリョン」 というのは
大きなメダル型のもの、という意味で、

言うなれば、このお料理は、
挽き肉を使ったメダリョン、
日本のハンバーグよりは、もっと薄べったい、
そう、ハンバーガーのパテみたいなのもの。

(でも、いろいろと調べてみるに、
ほんとうにハンバーグのような厚みのあるものも
Medalhaoとして紹介されていたりします。)

わたしがこのお料理に出会ったのは、
ぴらぽの町に新しく出来た、画期的なBarでのことでした。

いや何が画期的だったかというと、
その店は生ビールを出したからなんですよ。

質素なミナスの田舎町には、
(おまけに、言ってしまうと、ミナス州のひとはウワサどおりケチかもしれない)
大きめのグラスで、大瓶ほどの値段を取る生ビールは
どうも根付かないようで、
その店で生ビールをわんこソバのように飲んでたのは、
なんか私たちだけだったような気もするけど、
(日本の感覚で言えば安いんだもの。)

そこのオヤジがイチオシのお料理、
それがこのメダリョンでした。

今回ちょっと困ったのは、
たしかそのメダリョンには、ハンバーグのパテのようなもののまわりに
キビの粉が程よい加減にまぶしてあって、
それが食感のアクセントになっていたのですが、
(注・ブラジルでよく見かける、
アラブ料理のkibeとはまたちょっと違うお料理ですのよ)

日本ではなかなか手に入らないキビの粉、
それをパン粉でやってみたけど、
やっぱりどうもそれは同じようにはならないのですねぇ。

なんか代りになるものはないものかな。
ちょっと思案中でございます。

ちなみにキビ kibe の粉とは、
キビ団子の黍ではなくて、小麦をそのまま蒸し、乾燥させて砕いたもの。
そうだ、今度はクスクスでやってみたらどうだろう。。




↑クリック、いつもありがとうござります。
ちょっと引きつってきております。←意味不明。

by hi-sukesan | 2010-02-03 10:48 | ブラジルゴハン

ブラジルの小麦粉について(リンク)


ブラジルのパンを作るのに、
よく問題になるのが小麦粉の性質。

そのブラジルの小麦粉について
こちらでわかりやすく説明してくださっているので、
リンクを貼らさせていただきます~。→ 
(質問者はわたしではないですが)

以前ブラジルにいたとき、プロテインの量から見て、
ブラジルの小麦粉はすべて強力粉なんじゃないかと思っておりましたが、
その後、こちらで、そうではないことを知りましたのよ。
(てか、最初の判断が逆さまだったのかしら。
ああ恥ずかしい。)

e0028810_15322851.jpg

(↑ミナスパンに、たまたま作ってあった
リンゴサラダをはさんで食べました。)


ブラジルの粉で日本のパンを作るとき、
日本の粉でブラジルレシピのパンを作るとき、
いずれにしても
水分量に気をつけて作ったほうがいいことだけは確かでございます。
ははぁ~~っ。(←ひれ伏しひーすけ。笑)



↑今日はひとのふんどしで相撲とっとります。
by hi-sukesan | 2010-01-16 13:31 | ブラジルゴハン

牛肉のマデイラソース Bife ao molho Madeira



e0028810_14132939.jpg



マデイラ酒(ワイン)は、ポルトガルの甘ーいワイン。
このお酒を使った料理がブラジルにもあって、

ぴらぽ随一のレストラン(あったんですよ、実は高級レストランが)
で食べた、牛肉のマデイラソース、

これはねぇ、安らぎの味でした。

どのくらい安らぎの味だったかとゆーと、
持ち込んだ大根おろしで食べるシュハスコと同じくらい
安らぎの味。(人でなしですな、やることが。笑)

コクがあって、まったりと甘くて、
疲れたココロに沁み入りましたわ。
(そういう時もあったのね、気弱なわたくし)

マデイラソース、マデイラ煮込みと言えば
とろみのついた、デミグラスソースのようなものが多いですが、
玉ねぎを炒めたあと、マデラ酒とコンソメを加えて煮詰めた、
シンプルなソースも美味しい。

今日のお昼ごはんは、牛肉のマデイラソース、
付け合せに、マッシュポテト、
そして芽キャベツのスープ煮。

もうちょっとソースを多く作れば良かったんだけど、

マデラ酒ってけっこうお高くて、
ちょっと使うの、ビビっちゃった。

いろいろなところで、気弱なワケなのね。 と、誰も言わないので自分で言う。笑



↑こちらも気弱?
by hi-sukesan | 2010-01-14 13:46 | ブラジルゴハン

ミナスパン Paozinho Mineiro



e0028810_9321118.jpg


同じくGLOBO MINASより、
「Paozinho Mineiro」というのを作ってみました。

ーnhoと、nhoが末尾に付くので
本来はちっちゃなパンにすべきなのですが、

↓2個成形したあと、
e0028810_9323730.jpg


なんだか冒頭の写真のような、
大きな三つ編みのパンを作ってしまいました。

(久しぶりにロッタちゃんのDVDを見て
ママが焼いてるパンみたいなのにしたくなったのね)

しかし、

相変わらず、パンのレシピが大雑把でございます。

けれど、このパンの作り方、
ーたとえば材料を混ぜ、捏ねていく段になって
様子を見ながら、ぬるま湯を少しづつ加えていくのですが、
捏ねる、その手の感覚で、生地の具合を確かめながら調整してゆく、
そういうふうなところも、なんだかわたしは気に入っていて、

そうなれば、生地を休めて(←発酵のことね)という書き方の、
時間も30分で、あとまた休ませて、っていう、この大雑把さも好ましい。

てか、暑い国で作るパン、
わたしもよく、庭で生地を発酵させてたなぁ。
e0028810_12455579.jpg

ま、このくらいに膨らみゃいいかとか、
温度も時間も適当で、

あ、レシピよりわたしが大雑把なのか。笑


ちなみに、このミナスパン、
(ミナスのパンで検索したら、
たちまちポンジケージョの文字が並ぶはずだけど)
シナモンの風味がかすかに漂う、
とても美味しいパンでございます。



↑今日もおひとつ
よろしくお願いいたします

by hi-sukesan | 2010-01-12 10:29 | ブラジルゴハン

ミナス風牛肩ロースの煮込み (ハバーダふう) 



e0028810_9254484.jpg



GLOBO MINASの料理コーナーのレシピを見ていたら、
とても懐かしいお料理が載っていて
さっそく作ることにしました。

が、

実はこのお料理の素材が

しっぽ。

そう、テールなんですよ、牛さんの。
なんとなく、デパートにしっぽ買いに行く気にもなれず、
身近な材料で、と思って手に入れたのが
牛肩ロース肉のかたまり。

脂がほどほどでないと、どうにもキツいお年頃のわたしたち老夫婦には、
このお肉でちょうど良かったかも。

で、このしっぽ料理、
わたしが大好きだったのは、
ぴらぽの町で唯一、バイアーノ料理を食べさせる店、
その名も「バイアーノ」って、まんまやねぇ。笑

ブラジルらしく、


e0028810_9261698.jpg



の状態で出てきておりました。

ところで、このレシピの調味料ですが、
塩ににんにく、そしてコランチ(パプリカのようなもの)
それにカシャッサ(ピンガ、お酒ですわ)
そして次に書いてあるのが、、、、

「syoyo」


って、


ボーナス?笑



これはたぶん「syoyu」でしょうなぁ。

「バイアーノ」の懐かしいしっぽ煮込み(Rabada)と
同じように出来上がったのはいいけれど、
あのお店でもお醤油使ってたのかしら。。

謎、でございます。



↑いろいろなブログさんが
いたはりますえ。(今日はなぜか京都弁)

by hi-sukesan | 2010-01-08 09:48 | ブラジルゴハン

ブラジルのカニ料理 Casquinha de Siri カスキーニャ・デ・シリ 


e0028810_5254682.jpg


ブラジルのカニ料理「カスキーニャ・デ・スィリ」 
なんですが、

すみません。
日本のワタリガニでは身がなさすぎて、
お刺身用ホタテを加えて作ってしまいました。
(もちろんカニの味噌はあますところなく入れました)

いろいろ本やらネットで調べてみると、このカニ料理、
ココナッツミルクを加えたのやら、
パン粉をまぶして焼きつけたのやら、
たくさんのバージョンがあるようで、

今、日本で、手近なもので作ろうと思ったらどれがいいかなぁ~と考えて、
トマトに白ワイン、そしてサフラン、コリアンダーなどを使った
このようなものになりました。


なんせ、わたしのいたミナスには海がなかった。

なまずちゃんのいる川はあった。

カニの姿なんか見たことも聞いたこともなく、
カランゲージョとかスィリとか
(↑カニにはふたつの言い方があります)

とにかくカニさまは、
カニ道楽のように身近な存在ではなかったのでございます。

そして、初めてリオに旅したとき、
憧れのブラカニさまとのご対面、
なぜかカニ爪フライを注文したズレズレのわたくしたち(苦笑)

そん時のカニ爪は、すごく大きかったような。。
対して、この料理のカニはワタリガニのような大きさで。。

それがブラジルで言うカニ、
カランゲージョとスィリの違いなのでしょうか。

もっと海辺行って、いろいろなカニ料理
食べてみたかったなぁ。



↑今週から宴会週だけど、
オシテクダサイオネガイ。笑

by hi-sukesan | 2009-12-14 05:51 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧