日本の春を思ってヨモギ餅作り。

e0028810_1283879.jpg


本日は遥か日本の若葉の頃を思いつつ、
ヨモギ餅など作ってみました。

ちょっとヨモギ粉が多すぎたのと、形が不恰好になってしまったので、
苔むした石、とゆーか、

光合成しすぎた らっこ

みたいになっちゃったけど、
ま、ご愛嬌ということでひとつよろしく。

わたくし、
「ひょっとしたらヨモギ餅が食べたくなるときがあるかもしれないし、」と、
白玉粉に上新粉、それにヨモギ粉を
先の一時帰国の折に買ってきましたのよ。

なんと用意のいいこと!って、

いやま、ほんとは、
食材の殿堂ジャスコにて、
物欲にかられ、あれもこれもと、
手当たり次第にカゴに放り込んだ、というだけなんですけどね。

ここだけの話だけど、
ジャスコがあれば、
ぴらぽに永住したっていいわ、わたくし。

<ヨモギ餅>

・白玉粉(30g)を40ccの水で溶かす。
・そこに、砂糖(40g)、上新粉(130g)、70ccの水を入れてよくこねる。
・ぬれ布巾を蒸し器に敷いて、3分割した上のものを並べて、強火で30分蒸す。
・蒸しあがったら、すりこぎでつくように、よく混ぜる。
・水で濡らしたヨモギ粉(10g)を加えて、さらにつく。
・手を水で濡らして丸く伸ばし、あんこを包んで出来上がり。


さて、裏のパン屋に行く道すがら、
ふと目をひいたものがあったの。

e0028810_1531096.jpg


一見、何気ないおうちに見えるけど、
でも、このぴらぽの町でちょいと暮らせば、

「それってちょっとあーた、大胆すぎない??」

って思うようになるわ。

アンテナにご注目。

一応、屋根の上とはいえ、こんな道路に張り出したところにアンテナを設置するなんて、

「はしご掛けて登るだけで、簡単に盗めますよ、泥棒さん」

って言ってるようなものなのよ。

ここいらの、たいていのおうちは、高い塀に囲まれてるのが普通で、
その上には、

e0028810_212430.jpg

があったり、

わが家もそうだけど、

e0028810_231668.jpg

が流れていたり。
(ちょっと線が見えにくくてごめんなさい)

そんなこんなで、どの家も泥棒対策にはぬかりない中、
このうちのアンテナ設置は、かなり無防備だと言えるでしょうね。

そう、この3ヶ月の間には、
跡かたなく盗まれると、わたしはみたわ。



↓お忘れじゃぁござんせんか?笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-26 02:15 | ブラジルだぁ*2003~2006

極楽色した魚のバター醤油ムニエルの顛末(長い)

e0028810_1485115.jpg


昨日、日系人の南さんから頂戴した極楽魚、
電話して名前聞いたら、
ピラカンジューバとか、
マトリンシャンとか言うのですって。

ちんとんしゃんって言い始めるのも時間の問題よ、あら予想はしてたって?

張り切って3枚におろしてみたら、
なんて綺麗な白身!!
これってお刺身でもイケるんじゃないかしら、
臭みもまったくないし。

でも、川魚の刺身は、いまだにオットがイヤがるの。
ピラニアの時だって、強硬に反対したもの。
その後、日系人木下さんちでピラニアの刺身食べざるを得なくなったんだけど、
でも、これ刺身にしたら、また何言われるかわかんないわ。

小麦粉をはたき、バターで焼き、
焼いたあとのフライパンにバターをとかし醤油をぽとりで、ものすごくいい匂い。

完全に成功したと思ったわ。
ブラジルのちんとんしゃん、わたくしの敵ではないわ。
さあ、思う存分食べてあげますわよ!(ココロの中で高笑い)


ひとの話をきちんと聞かないわたしに天誅が下ったわ。

南さんが言った、

「この魚を焼くときには、身に細く筋を入れて切っとくようにね」

っていうひとこと、すっかり忘れてたみたい。


小骨が多いのなんのって、あーた。
それも性質の悪い小骨で、小骨の先が二又に分かれてるのよ。

お魚の身ひとつまみに、小骨もれなく6本ついてきます、
って、
安もんのコピー思い浮かべてる間にも、
歯ぐきに骨が刺さってるっちゅーの。あいたたた。。(涙)

南さんの言ったのは、しっかり骨切りしとけってことだったのね。

魚の骨に格闘しながら食べてたから、
味のほうは全然覚えてない。
目の前の、オットの汗だけが印象に残っているわ。


あ、でも
アラでとったダシは、文句なく美味だった。
e0028810_233407.jpg

朝ごはんに味噌汁を作ったの。
この光る魚の脂、
なんか寿司屋の赤だし思い出して、涙ぐんじゃったわ。

南さん、気に入ったら今度は、もっと大きなちんとんしゃんあげるから、
それはお刺身にしたらいいわよって言ってたけど、
どうしようかしら。。。。
ハモ職人にはなれそうにもないし。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
今日はどのへんフラついているかしら、このブログ。
# by hi-sukesan | 2006-05-25 02:42 | ブラジルだぁ*2003~2006

鶏のかりかり焼きと、南家の不思議なもの

e0028810_1114429.jpg


昨日は、シンプルなものが食べたくて、
鶏を焼きましたの。

ほんとに焼いただけ。

塩と胡椒、そしてガーリックパウダーをふりかけ、
じりじりじりじり、ひっくりかやしてまた、じりじりじりじり。

シンプルがこんなに苛立つものだと思いませんでしたわ。
オットがフォークとナイフ構えて待ってんのよ。

それでもじりじりじりじり。

反動で、付け合せの茄子としめじと椎茸のソテー、
火がフライパンに入って天井焦がすほどの勢いで炒めてしまいました。
すぐにへたれる素材にそこまで強気にならなくったって、って感じ?(誰に聞いてんの?)


今日は、火曜日なので、日系人のMさん(実名・南さん。隠すことないな)
ちに、お豆腐を買いにお出かけ。

おうちに入ると、テーブルの上にこんなものがっ。

e0028810_1202736.jpg


小太りのサボテン??
それとも果物の王さまドリアン???

これは、graviola(graveola)っていう果物なんですって。
中の実は、白くぐにゅぐにゅしていて、まるで魚の白子のようなんだけど、
ジュースをいただいたら、すごく甘くて美味しい!

こんなに甘いものなんですねぇと、感嘆して南さんに言うと、

「ミキサーにかけるのよ、お水と砂糖と一緒に」

ということで、
わたくしには、果汁100%と30%の区別もつかないみたいですのよ。ほほ。


そして、今度は裏庭に置いてある冷凍庫の中の、
最近ご主人が釣ってきたというお魚を見学。

e0028810_1284979.jpg


このpacuという魚は、アマゾンなどにもいる淡水魚だそうよ。

親切な南さんは、
「ひろこさん、1匹、持っていきなさいよ」
っておっしゃって下さったんだけど、

また、前回のように、

ー西日射す台所でひとりピラニア下ろす女ひー46歳の秋ー(字余り)

っていうシチュエーションになるのも気が進まなかったので丁重にお断りしましたわ。

そしたら、代わりに、かわいい方の魚をくださって、

本日の南さんちよりのお持ち帰り品、

e0028810_1371920.jpg


こんなになりました。

南さん、ありがとう。
これで何日か楽しませていただきますわ、ごはん作り。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
押してくださったら、ひーすけアホみたいに喜びます

# by hi-sukesan | 2006-05-24 01:48 | ブラジルだぁ*2003~2006

トマトソースピザと和風ピザ、そしてオット小ネタ

e0028810_1384831.jpg


日曜日。
太陽の陽射しも少し弱まり、かっこうのお外ごはん日和でしたのよ。

なので、ただいまこちらに滞在中の出張者のひともお呼びして、
お庭でビール。
ピザも2種類焼きました。

ピザ生地は、

・ブラジルの小麦粉 250g
・お砂糖   10g
・塩    小さじ1弱
・ドライイースト  小さじ1
・ぬるま湯  160cc
・オリーブオイル  大さじ1と1/2

これをパン生地作りの要領でこね、一次発酵させたら
2分割して、まぁるく伸ばしてでき上がり。

1枚は、トマトソースの上に、冷凍してあったお宝のイカと、ツナ、チーズを乗っけて、
もう1枚は、生地に醤油をハケで塗り、お宝の明太子とチーズを乗っけて焼き、
お宝の(しつこい)海苔をちらして作りました。

もともとうちは、ピザに対して熱心でなく、
なんとピザ作ったのもこれが初めてだったんだけど、
ふかふかしていて、これはこれでまた良いものだなと思っていたら、
お客さまが、
「ピザ屋のには、生地の薄ーい、カリカリしたのもあるけど、あれはどうやって作るの?」
とのご質問。


存じません。


膨らんだ生地を叩き潰せば、ああなるんですよ、って
知ったかぶりしようと思ったんだけど、
たぶん言わなくて正解だったわよね。

わたくしもずいぶん思慮深くなったものよ。ほほ。


今日はブラジルねたを少しお休みして、(ええ、毎度のことながらネタ詰まりよ。つらい)
オット小ねたを書かせていただきますわ。

大相撲、白鵬と雅山の対決、なかなか見ごたえがありましたよね。
(ブラジルは日本と12時間の時差だから、ちょうど朝起きると、相撲やってますのよ)

この雅山(みやびやま)のこと、オットはいつも「まさやま」って言いますの。

昔、広島に住んでいた頃、
近所に「大黒屋食品」って会社があって、

それもオットは
「おおぐろや食品」と言ってたし。

あーた、そりゃどう考えても、「だいこくや」でしょうよ?と、わたくしが意見すると、

「それならあの女の歌手は、だいこくまきって言うんかい」

って言い張るのよ。

そう、大黒 摩季のことね。

誰かこのワケのわからないオットに、
説教してやってくれないかしら?

でも案外、このカラクリ、説明するのって難しいわよね。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
励ましてください

# by hi-sukesan | 2006-05-23 02:21 | ブラジルだぁ*2003~2006

プタネスカと日曜小ネタ、までいかないわ。。

e0028810_516761.jpg


近ごろ、何かとぐずぐず言うわたくしのために、
オットがイタリアンに連れてってくれましたのよ。

そうよ、いつもの、あの風呂屋イタリアン。
この町で外食すると言っても、
気持ちが高揚する場所なんざ、数えるほどなんだから
仕方がないわ。

さて、今回、初めて注文してみたパスタは
「プタネスカ」。

これはトマトとオニオン、ケイパーにオリーブ、それにアンチョビーで作った
とてもスパイシーなソースでできてるの。
この店のメニューの一番に書かれているのだから、
イタリアでもオーソドックスなソースじゃないのかしら。
わたしも小耳にはさんだことあるわ、どこかのどこかで。

名前も、ぷんすかしているわたくしにぴったりじゃない?

相変わらず、豪勢にチーズが降りかかっていて、妙にケバだっていたけど、
とても美味しいパスタだったわ。

さてこのイタリアレストランといえば、
あの、ほっかむりワインよね。なんてったって。

e0028810_60227.jpg


。。とか真知子巻きだとか、
なにかと想像をかき立ててくれたワインだったんだけど

今回ひさしぶりに注文してみれば、

e0028810_522714.jpg


なんで、いきなりスリムになっちゃってるの、このボトル。
わたしが1mgたりとも減量していないとゆーのに、なんてこと。

なんだかワインにまで見捨てられた気がした昨日のディナー。

でももう、ぷんすかにも疲れたから、
明日からまた日記にも気合入れるわ。
見捨てないで読んでちょうだいね。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
今日はどこいらへんをふらふらと?>

# by hi-sukesan | 2006-05-22 05:55 | ブラジルだぁ*2003~2006

昨日のジャポネ晩ごはん・夜ふかしにもほどがある

e0028810_2165977.jpg


昨日の晩ごはん。

・干し椎茸を、戻し汁を使って甘辛く炊いたやつは、オット、わたし共々の大好物。
胡瓜と、胡瓜の量に見合った砂糖としょうゆで、その椎茸の甘煮をゴマ和えにするのは
もっとも好きな箸休め。
・天ぷらは玉ねぎとちくわと桜海老のかき揚げがグー。
それとブラジルに来てから揚げ始めた黄色ピーマン。
これがほの甘くて天ぷらにこんなに合うなんて。
ブラジルではパプリカはすごく安いから、ブラジルにいる間、せいぜい揚げちゃおうっと。
・豆腐はMさんの、にがりしか使わない、どしりとした豆腐だから、
ただの醤油よりタレかけたほうがピンとくるの。
もちろんしゃぶしゃぶのタレが残ってたから、かけただけのことなんだけどさ。

こんな注釈、つけるほどのこともないフツーの晩ごはんでごめんなさい。
でもやっぱりジャポネなおかずはココロ休まるわ。

ほら、最近、ちょっと怒りっぽいしさ。
毎日ヨーグルト200g食べて、牛乳がぶ飲みして、
カルシウム摂取、
精神の安定につとめてるんだけど、
腹ゆるくするばかりよ。


晩ごはんの後。

思い起こせば、今まで日記でさんざん、

ブラジルのひとは夜ふかしだ、

ということについて書いてきたわ。

パーティーにしても何にしても、
始まる時間の遅いことといったら、とても日本人にはついてゆけない時間なのよ。

昨夜もそうだったの。

近所の野外ステージに、なんたらいう(ぷれ吉も興味がないので忘れたと言ってた)
ちぃっとは有名なミュージシャンがやってきてコンサート。

開始が12時(夜の0時よ)で、終わったのが3時半。


爆音と、きゃーきゃー騒ぐ声で、
ほとんど眠れなかったわ。

夜ふかしはわかるけど、
周囲の住人には早朝起きなければならない仕事のひともいるだろうし、
病気のひともいるでしょう。
なんでこんな時間のコンサートを許すのかしらねぇ。
ほんと不思議だわ。

そして、わたしの怒りっぽさも、今朝はさらなり。

誰より一番迷惑してるのは、
現在、沸騰点がアルコールより低いわたくしに、
不条理にあたられるうちのオットかも。


すまないわね。もう少しの辛抱よ。(根拠なし)


今日も外食。すさんだ心が癒されるかしら。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
今日はどこいらへんをふらふらと?>

# by hi-sukesan | 2006-05-21 03:00 | ブラジルだぁ*2003~2006

激闘ブラジル生クリーム。簡単チーズケーキ

e0028810_354113.jpg



考えてみれば、
わたくしのブラジル食材との戦いの火ぶたは、
生クリームで切って落とされたのであった。(遠い目)

第1戦目。
creme de leite と書かれた、常温保存の紙パックor缶詰めの品。

やられた。
確かに生クリームらしきもの。
しかし、最初はとろんとしてるけど、
かき混ぜればかき混ぜるほど、びしゃびしゃになっていく。
スポンジケーキに今まさに生クリームを塗ろうとしている、
わたくしの目に涙。

第2戦目。
日本でも見かける、牛乳入れてかき混ぜればホイップクリームになる品に挑戦。


激甘


(この時点で早くもわたくし、ブラジルにての生クリーム探し、諦める)

第3戦目。
creme de leiteの缶の棚に、
シェフがまったりと泡だて器でホイップしてる姿の写真が写っている、
スペシアルと銘打った缶詰を発見。
これしかない!と、背水の陣で購入決意。購入。



エバミルク


紛らわしい写真載せんなっ!

(この時点で怒り沸騰。ブラジルの乳製品業界を見限る)


そして本日、第4戦目。
冷蔵の乳製品の棚にて
e0028810_3211797.jpg

らしきものを発見。

激甘に悩まされたわたくし、
「sem acucar(砂糖抜き)」表記を確認。
細かい気配りの自分に感心する。

だのに、

激甘。

内容物を確かめると、
 


sacarina ーサッカリン入り 。


お母さん、とうとうあなたのおバカなムスメは
あなたの忌み嫌うサッカリンにまで手を出してしまいました。ゆるちて。

そんなこんなで、
ヤケクソで作った今日のスーパー簡単それなりチーズケーキ。

レシピは

クリームチーズ 200g
砂糖 100g
玉子   3コ
小麦粉 大さじ3
日本の)生クリーム 200cc
塩   はなつまみ ひとつまみ

順番にかき混ぜ、バターを塗ったキャセロールに流し入れ、
170℃のオーブンで約40分焼く。

最初はふわっと膨らんでるけど、冷えて沈むので
形がくずれないように、竹串かなにかで周囲をはずしておく。
冷蔵庫で冷やして食べる。


日本でやったらフツウに出来上がるはず。怒     


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-20 03:50 | ブラジルだぁ*2003~2006

フルーツオムレツとバス停にて

e0028810_1464395.jpg


われながら食い意地のはった女だと、
自覚はしているけれど、朝、目が覚めて、


「東京ばな奈の夢見ちゃったよ。。。」


と、つぶやいた時ほど、がく然とした瞬間はないわ。

そういえば、このまえは「東京ばな奈」が「麩まんじゅう」だった。

物産展の霊かなんかにとり憑かれているのかしら、わたし。
やだわ。

で、今日は、東京ばな奈にちなんで、フルーツオムレツ作ってみました。
たかこさんレシピ、相変わらずハズレがないのよ。すんばらしい。

こういうお菓子のレシピ考えられるひとってほんとに尊敬するわ。
やっぱり、いろいろ配合を変えて、何回も何回もおんなじもの作るのかしら。
失敗作がてんこ盛りって時もあるかもね。

それ捨てられなくて食べすぎちゃってデブちゃんにならないのかしら?
家族に無理やり食べさせて、いやがられるってことないのかしら?

あ、どこかで聞いた話。

うちの話だ。

だからレシピ見て作るのよ、あたし。
それがわたしの家族愛。


そして今日もぴらぽの町は穏やかに。

のんびりと塀越しに咲く花を眺めながらバスを待ってるとき、
しみじみ思うのよ。

e0028810_1483187.jpg



バスの時刻表、必要ないんだなぁって。(爆)


だいたいこの町のバスは、どの路線も1時間に1本。
バスが来る時間がわからなきゃ、そこいらの人に尋ねればいいことで。

このシンプルさが、けっこう気に入ってるの。
自分の生活の中でも、こんなふうに引き算で過ごしていきたいものよね。



今日は外食。しみじみしてればいい日なの。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-19 02:46 | ブラジルだぁ*2003~2006

鶏とパプリカのトマトシチュー、そして警察官

e0028810_142760.jpg


ブラジルの、というより、ブラジルknorrのトマト缶使ったら、
あーらま、こんなに色鮮やかになっちゃって。
日本で売ってるトマト缶使ったってこうはならないでしょ。
これはまた着色料が使ってあるにちがいないと睨んで、
原料んとこ、じっくり見てみたけど、
どこにもそれらしきものは書いてなかった。疑って悪かったわ。

トマトシチューの隠し味に、ひとつまみのお砂糖と
ほーんの少しのお醤油を垂らしたの。
味覚だけでは察知できない何かが、日本人DNAに訴えるのね。
オットが異常に気に入って、まるでお皿を舐めんばかりの勢いだった。

あ、でも今朝、これをペンネに絡めて、ぷれ吉の朝食に出したら、
ぷれ吉もひどく気に入ってたのよ。

ジャポンのコメのほうが美味しいって言うし、
日本ふうカレーは大好物だし、
ぼんち揚げはお気に入りだし、

ぷれ吉にも、日本人DNAが?

明日は納豆ごはん、出してやろ。
海苔も添えてね。


ところで、もうすでにご存知の方も多いでしょうけど、
サンパウロの事件。
死者が110人ほどにもなるんですって。

サンパウロ市だけではなく、郊外の町にまでも飛び火して
襲撃が相次ぎ、交通もかなり混乱していたようだけど、
どうやら落ち着いてきたということ。
でも、まだ何が起こるかわからない。
現地方面に住んでる方はじゅうぶん気をつけてくださいませね。

と、かく言うわたくしのホームグランド、サンパウロ州の隣のここミナス州は
いたって平和だったようですわ。

サンパウロの事件はどこの世界の話かね?とでもいうやうに、
e0028810_1361110.jpg

その頃、BARでくつろいでおられましたもの。

ベロ・オリゾンチの警官であるおにいさんの名誉のために言うなら、
事件のこと全然知らなかったってことも考えられるわ。

わたしたち、横で飲んでただけなのに、妙に気に入られ、
「一緒に飲もう、これから肉も焼いてもらうから」と誘われて、
同席してがぶがぶビールを飲んでおりましたのよ。


事件話だけでもなんだから、
また涙ものごはんを載っけとく。

e0028810_2473994.jpg


哀愁のきつねうどん。(おろししょうがつき)


都会はコワイとお嘆きの方に。
いらっさい、わが町ぴらぽに。疎開大歓迎。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-18 02:11 | ブラジルだぁ*2003~2006

バラパン、と砂糖の顛末

e0028810_3444775.jpg


今日焼いたのは、みかさんレシピによる「バラのパン」。
生地に指でバター塗って、それを重ねていくのよ。(デニッシュより軽い感じで美味しい)

きれいにそれぞれの部分の発酵が揃えば、
本の写真のように美しくバラの花みたくなるはずなのに、
なにがどうしたか、まるでわが家の足並みのようにバラバラになっちゃって、
これがほんとのバラパン、、なんちって。

おまけにパンの上には、華麗に粉砂糖が振りかけられるはずだったのが。。

ここでわたくし、今日はわが町ぴらぽのスーパーに苦言を呈しとうございますの。

昨日、うちのお砂糖がきれたので、町に買い物に出かけましたのよ。

そしたらあーた、
行きつけのスーパーの、
いつも片隅にひっそり並べられているはずの砂糖1キロ袋が完全になくなり、

仕方なく行った、あと2軒のスーパーからは
元から1キロ袋は置いてないと言われる始末で、

なんとこの町には、

e0028810_2473687.jpg


砂糖5キロ袋しか売っていないことが判明。

こんなんあり?
ありで思い出したけど、何が困るって、
使いかけの砂糖を袋に入れたままゴムかなんかで閉じて置いとくと、
これまた必ず、アリがやってくるから厄介なのよ。

持って帰るのもひと苦労。
昨日は配達していただきましたけどね、このひと袋だけ。

もう少し品揃えに幅を持たせていただかないと、ほんとに困るわ。

。。というワケで(前ふり長すぎたわ)、
フツウの砂糖をバラバラと、これがほんとの、バラ、、、
あ、座布団持ってかないで。


グチで日記終わるのもなんだから、
昨日の、感涙のひとコマを。。

e0028810_256714.jpg


半年ぶりの秋刀魚。
涙が出るほど美味しかった。

何でも屋が持ってきたの。おやじ、エライわ。

夫婦で1匹ってのも泣かせるわね。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-17 03:04 | ブラジルだぁ*2003~2006

松ぼっくりモンブラン?

e0028810_229589.jpg


みなさま、お忘れかしら。
先日の日記に書いた巨大松ぼっくりの実。

モンブランになりましてよシルヴプレ(意味なし)

とても簡単モンブランなのよ。
ブラジルのマリアビスケット(マリービスケットのパクリなのかしらひょっとして)に
実(ピニョぉン)で作ったクリームを乗っけただけ。

松ぼっくりクリームは、

ピニョぉンの甘煮 80g
バター        20g
ブラジルのもったり生クリーム 60ml
砂糖 大さじ1
ラム酒少々を

ミキサーでだだぁーっと攪拌し作りました。

あまりにも地方色豊かなレシピでごめんなさい。
日本にお住まいの方は、もちろんマロンクリームなんぞで作って想像してみて。
たぶん似たようなもんだから。


昨日の日曜日は、相も変わらず川沿いのBARで、うだうだ過ごしていたわけなんだけど、
以前より気にかかっていたおばさんがBARのそばを通りがかったので
思わず追っかけてって写真撮っちゃった。

絶対に、あなたも追いかけたくなるはずよ。
この、
e0028810_254531.jpg


このおばさん、わが町で見かける唯一の器用な頭の持ち主。
昨日は袋1個だけど、
ふだんは2つ乗っけてることもあるの。

何か商売をしているふうでもなし、
趣味なのかしらね。一度話を聞いてみたいわ。

そいで、そのまま、おばさんのあとを追いかけていくと
おばさんはずんずん、まだ町に残っていたサーカスの敷地へと入っていくじゃない。
いいのかしら、こんなとこまで入っていって、、、
なんだかわたし、気分は小林少年よ。

そうして行き着いたところは
猛獣の檻ゾーン。

先日見に行ったときには、司会進行していたおじさんが
ホースで水ぶっかけてた。

e0028810_312695.jpg


こんな不用意な環境で
猛獣たちがこの町に留まっていたなんて。

ほんとに何事もなくてよかったわ。


あ、それから最後になりました。昨日の答え、

e0028810_33098.jpg


ウケも狙えるナイスな栓抜き。
トラ退治には効果なし。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
今日はどこさまよってるのかしら。あらららま

# by hi-sukesan | 2006-05-16 03:14 | ブラジルだぁ*2003~2006

起きぬけのミックスジュースと恒例日曜小ネタ

e0028810_951316.jpg


わが家の主任メイド(ひとりしかいないけど)ぷれ吉が
気合を入れて絞るオレンジジュースは、
毎朝、わたしたちのお酒に疲れたカラダを癒してくれているわけだけれど、
彼女がお休みの日曜の朝は、残念ながらそれもなし。

今日の朝は、ぷれ吉になり代わり、わたくしがジュースを作りました。

大阪名物ミックスジュース。
サンマルクもそう言ってたわ、たしか。
いろんなフルーツ放り込んで、ミキサーでぐわっしとやれば、
懐かしい味に。
放り込んだのは、バナナ2本、いちご5コ、オレンジの絞り汁1コ分、
それにひたひたより多めの牛乳。

手軽に朝のビタミン摂取。
今日一日の飲酒の礎になってちょうだい。
がんばって、わたしの肝臓ちゃん。

というわけで、日曜日恒例の、昼間からBARへれっつらご~。

わたしたちが行きつけの、川沿いのBAR「ATOA」のおやじが
先日より、なぜか隣のBARにて働いてるの。
e0028810_9145817.jpg

理由は知らないけど、どうも人手不足なようね。

このおやじ(通称シャカウ、こう見えても43歳)は、ここらのBARの顔なのよ。
わたしたちもずいぶんお世話になってるわ。

その彼が、何やらヘンなものを持ってきた。

e0028810_9184432.jpg


年季の入った棒っきれにネジ。
さてさて、何に使うものでしょう。

当てた方には現物を進呈。
って、これ欲しいっていうひとはいないかしら。
もしいたら、自分の人生振り返ってみたほうがいいかも。笑

答えは明日ね。


ただいま日曜夜の9時。今、目覚めたのよ。時差ぼけ。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。今日はどこさまよってるのかしら
# by hi-sukesan | 2006-05-15 09:30 | ブラジルだぁ*2003~2006

パンの海老のせ揚げ・宴会は終わった。

e0028810_451750.jpg


↑晩ごはんの写真を見てもらってもわかるように、
昨日はわが家で宴会でしたのよ。

よく働いた。お酒も注いでまわった。
でももう無理はできないわ。
今日はゆっくりしなくちゃ顔のシワが1本増えたの、それも深いやつ。

笠地蔵みたいなごはん作ってる場合じゃないわ。

宴会メニューは、

・パンの海老のせ揚げ
・豚味噌炒めのレタス包み
・ぷれ吉作ー鶏とオクラの煮もの
・ツナ寿司・ア・ラ・笠地蔵

よく働いたっつーわりには
品数少ない。

よく働いたっつーわりには、
ぷれ吉におかず1本作らせてる老獪なわたし。

でももう昔のことよ。振りかえるまい思い出すまい。

「パンの海老のせ揚げ」は、前は
パンをコロコロ細かく切って海老のすり身団子にまぶして揚げた
「海老のあじさい揚げ」っていう、
名前は品がいいけど、オトココドモ向けのアブラがっちょりの一品だったのを
簡単にしたものよ。
このほうがひとくちでイケるから酒飲みには都合がいいわ。

海老(240グラム)は粗くたたき、そこに酒小2、塩少々、片栗粉大3、卵白半個
を混ぜ混ぜしてパンにのっけて揚げるだけ。
これ以上は手間のはぶきようがない簡単つまみ。


今日は昼寝を5時間したので、また今から晩ごはん作らなきゃ。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。今日はどこさまよってるのかしら
# by hi-sukesan | 2006-05-14 05:41 | ブラジルだぁ*2003~2006

ニラ玉丼と出張土産

e0028810_226134.jpg


今日のお昼ごはん。
わたくしの出身地大阪 I 市の、ごく狭い地域で流行に流行っている(らしい)「天津飯」。
beer-kingさんのブログ見て、たまらずに作っちゃった。
なんちゃって「天津飯」だけどね。
カニとかたけのことかの、天津丼主要メンバーがいないのよ。
しょうがなく紅しょうが(ああ、お寒い)とニラ入り。
ま、玉子があればいいのよ。


んで、オット帰ってきました。
もうこれで、ブラジルにいる間は出張しないんだって。

昨日のバトンにて、
「今までオットからのプレゼントで一番嬉しかったもの」
甘栗、と正直すぎる答えを書いてしまったからなのか
またもオットが、栗ちっくなお土産を持って帰ってきたわ。

e0028810_2195563.jpg


似てない?

この巨大松ぼっくりは、ブラジル松(araucaria)になるもので、
ブラジルでは南の、寒い地域にしかないんだってウイルソンさんが解説してくれたわ。
この松ぼっくりの中身をバラしたものがこれ。

e0028810_2223314.jpg


茹でて食べると、栗のような味に。。なるらしい。

らしい、というのも、実は今、
この実煮ながら日記書いてるんだけど、
煮始めて8時間経った今も、ものすごい硬いまんまなのよ。

いったいどうなっているのかしら。
なにか落ち度があったのかしら。

史上初「松ぼっくりごはん」を炊くってのが目下のユメなんだけどな。
不安を抱えつつ、もう少しがんばってみるわ。

にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-13 02:44 | ブラジルだぁ*2003~2006

メロンパンとお好み焼きと、シークレットバトン。


e0028810_042489.jpg


オットが不在なので、目覚ましをかけずに寝ていたら
窓から吹き込む煙にて目が覚めましたの、今日の朝。

ぷれ吉さん、窓の外での焚き火はご遠慮くださいましよ。
それから、芋を焼くのを忘れずに。ちゃんとホイルにくるんでね。
ああ、ぴらぽの秋だわねぇ。。。

なんだかオットに引き続き、わたくしまで郷愁に誘われ、
あんぱん続きで、メロンぱん焼きました。
ブラジルで焼くのは初めてのこと。
もうだいぶ気温も下がったから、ビスケット生地も扱い易かろうと思ったら、
こんなに表面がでこぼこになりましたの。
なんでこうなるの?誰かおせーて。涙

そいで、
昨夜はお好み焼き。

事情があって、社宅内に今、2人の独身者がいるので
彼らのぶんも焼きました。

何が難しいって、
お好み焼き、作るのは簡単だけど、
写真を撮るのが難しいのよ。

で、今日のお昼、残りのお好み焼き焼いて
撮影に再チャレンジよ。
どうかすら?

e0028810_0494956.jpg


成功?美味しそう?

何やってんだ、あたし。早く食え。


そいで、某友人より、
シークレットバトンっつーのを頂いたんですけど、
あ、もうこの時点でシークレットじゃなくなってるわ。。。

やってみたらこれがあーた、ひどいの。(わたしの答えがよ)

【Q1】結婚何年目?

。。。。。数えられない。結婚した年、覚えてない。。

【Q2】プロポーズの言葉は?/それは付き合って何ヶ月後又は何年後?

まったく記憶になし。オットも覚えてないと推測。

【Q3】返事は何て言った?

。。。。???。。。おならで答えてなきゃいいけど。。。

【Q4】結婚式は何処でやった?

ハワイよ。確か。。。。。。教会の名、失念。

【Q5】旦那さんからもらったプレゼントで印象に残っている物は?

甘栗。

【Q6】旦那さんの好きなところは?/嫌いなところは?

えっと、好きでないところは小言いうところ。
キライなところは、おばさんみたいなところ。
(ちなみにあたしは、おっさんみたいって言われてるの)

【Q7】あなたが今欲しい物は?

現金。

【Q8】子供は何人欲しい?

更年期なのよ。

【Q9】子供に将来なって欲しい職業は?

だから、更年期なのよっ。


ということで、まったくお話にならなかったわ。

Aちゃん、ごめんね。不甲斐ないあたしを許して。

にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-12 01:05 | ブラジルだぁ*2003~2006

レタスとアスパラのぺペロンチーノとコーヒー事情

e0028810_7132789.jpg


昨日の夕方、お豆腐を作っているMさんちに行ったら、
何でも屋さん(移動巡回日本食料品屋)で買ったばかりの「あんぱん」を
勧められたの。
実はわたしも買おうかなと思ったんだけれど、12個入りってのはどうよ、
2人家族には無謀だと思って止したのよ。
喜んであんぱんご馳走になって、おうちに帰り、
「さあ、ひとりの晩ごはんだ、なに食べよ」って、
考えながらビール飲んでたら、そのままビール飲んで寝ちゃったわ。

わたしの健全な食生活維持のためには、
オットの小言が必要なんだと、しみじみ思った今日の目覚め。
ああ、なんだか悔しいったら。

で、今日のお昼ごはん、
悔しまぎれに、ま緑にしてみました。
レタスとアスパラ。
文句ないわよね。(なんの?)

ペペロンチーノの決め手は、やっぱりパスタの茹で汁。
パスタと具をガーリックオイルで和える時に
ほどよく塩気の効いた茹で汁を、少ぅし足すと、
ほんとになめらかなペペロンチーノに仕上がるわ。

最後にぱらぱら3色胡椒(黒・白・赤)を挽いて出来上がり。


そうして、昨日はあんぱんにビールという、
カロリー的にどうなのかは知らないけど、
栄養的には、そのまま糖尿に突入可、みたいな夕食をとったせいか、
今日の朝計った体重には目を見張るものがあった。

なので今日は町までお散歩よ。
ネタ探しの旅も兼ねてね。

んで、スーパーうろついてるうちに、ちょっとしたことに気がついたのよ。

ブラジルって言えばコーヒーの産地って、アタマにすぐに思い浮かべるひとも多いでしょ?
さぞや毎日、美味しいコーヒーを飲んでるんだろうと思われるかもしれないけれど、

美味しい上等のコーヒーは、輸出用にまわされてしまっているようで、
ブラジル庶民は、ものすごーく美味しいコーヒーをいつも飲んでいるわけではないみたい。
(それにコーヒーに、これでもかってとろみがつくほど、
どばどば砂糖入れるし。)

でも今日気がついたのは、味云々ということではなくて

みなさま、このぴらぽの町では、

外で、お金を出してコーヒー飲んでるひとがいませんの。

だいたいこの町には、
「カフェ」(スタバとか喫茶店とかいうのね)が無し、
BARはもちろん、レストランのメニューにも「カフェ」の文字は無し。

カフェを外で飲むとすれば、
昼食後にレストランの入り口に置いてあるポットから勝手に入れて飲むか
(もちろん甘あま砂糖入り)
スーパーのカフェお試しコーナーで
e0028810_2444470.jpg

カフェ業者のおねいさんに入れてもらうか、勝手に飲むか、
それしかないの。

こう考えてみれば、外で飲めるカフェは、
どれもこれも無料なわけだから、何にも不都合はないんですけどね。

にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-11 03:18 | ブラジルだぁ*2003~2006

残り野菜でチャプチェ。

e0028810_22281498.jpg


休日の晩ごはん、あの風呂屋イタリアンに行ったのよ。
うだうだメニューを眺めて、なかなか決められなかったんだけど、
迷った挙句に注文した品を見よ、
見事にファミレスちっく。

でもステーキは、粒胡椒のソースが絶妙な味わいだったし、
ミートソーススパゲティは、ブラジルでは奇跡!のアルデンテ。
ぴらぽイタリアンのおやじはやっぱりタダ者ではないわ。

e0028810_21372720.jpg


そして昨日の晩ごはんは、
オットご所望の餃子にチャプチェ。
(しかし、カレーうどんといい、ファミレスメニューといい、餃子といい、
どれも日本恋しが感じられ、オット、へばっておりますのね。
また今日からもどこかへ行った模様。←他人事)

チャプチェは、本場ものを食べてないので、
各料理本から推察した味なのよ。
栗原さんレシピをアレンジして、味付けは

焼肉のたれ、醤油、砂糖、ごま油、それに豆板醤を入れてピリ辛く。

春雨と、具にはピーマン、パプリカ、もやしと、
冷蔵庫のお残り野菜を使ったの。
あー食べ出したら止まらない。

e0028810_19573471.jpg

さあて、いよいよワールドカップまで、あと1ヶ月となりましたわね。
言うまでもなく、サッカーとなればタダゴトでは済まないお国柄のブラジルだから、
微妙に試合放送が就業時間中となる今回のドイツ大会、
ブラジル人社員に対する処遇に、オットも気を揉んでるわ。
(写真は配られていた対戦表)

けど、今のところ、ぴらぽでの盛り上がりは今ひとつのよう。
在ぴらぽブラジル人の話では、まだセレソン(代表チームのこと)のメンバーが
決まっていないからですって。

なんにしても、あのマラカナン・スタジアムの興奮が、
何倍にも何十倍にもなって、町中にあふれだすんだから、
想像しただけでワクワク
というより、
ちょっと寒気がするんですけど。
日本戦のこと考えると心中も複雑よ。

にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-09 20:37 | ブラジルだぁ*2003~2006

焼き揚げのせカレーうどんとフォルクローレ

e0028810_894691.jpg


今日のお昼ごはん。

そういえば、うちのオットが帰ってきましたのよ、土曜日に、
2週間のドサ出張を終えて。
サンパウロを出発して、最後にはブラジルの最南端 Rio grange do sul 州まで
行ったんですって。
知らなかったわぁ。(けっこうな無関心)
ブラジルは南半球にあるから、南に行くにつれてだんだん寒くなっていくので、
最後の町では凍えたらしい。
ぴらぽは昼間けっこうな暑さだというのに、ほんとブラジルちゅう国は大きいわ。

それでとってもカレーが食べたかったみたい。
ブラジルでは、インド料理屋にでも行かないかぎり、
カレーは食べられないから。

うちは大量に作っておいて、残ったぶんは小分けにして冷凍しておくの。
カレーは冷凍庫で寝かせているうちにも美味しくなるんだって、昔TVで言ってたけど、
本当だと思う。ただし、ジャガイモが入ってちゃダメ。

で、今日はオット待望のカレーうどん。
ダシのきいたうどんダシとカレー、比率3:2くらいってとこかしら。
自画自賛だけど、美味しいわよ。


で、リオネタからぴらぽネタへ、この落差が大きくって、ちょっとツライんだけど、
金曜日の日に、ぷれ吉家族やシルヴィア家族と一緒に、町のお祭りに行ってきた。

ぴらぽの町は、現市長がたいへんに観光客誘致に熱心で、
次から次へとイベントを繰り出してくるの。
あまりにもイベントが続いて、
飽きてきたり、市民の財布の中身がオッつかなくなってきたりで、
最近はあんまりひとが集まらなくなってきてたんだけどね。

今回のはヒットらしくて、わたしたちが行った2日目の夜も、ものすごい人出だった。

「第一回ピラポーラ・フォルクローレ祭り」
世界の民族舞踊が集結っていう、たいそうなふれ込みよ。

けど、この催し、出演の舞踊団の数4カ国、
イタリア、オランダにハンガリー、それにチリ。。って、
これで世界規模と名乗るのは無茶すぎない?
市長も一緒になって踊ってる場合じゃないわよ。

で、一番人気はどうやらチリだったらしく
e0028810_1262710.jpg

(動きが早いのでボケました。すんまそん)

男ダンサーが腰を振るたびに、ぴらぽ女熱狂。
ぴらぽ女壇上に上がり、負けじと腰を振る。

そう。ヨーロッパの民族舞踊には腰振りがないのが痛い。
遠くからやって来た欧州の舞踊団のひとは少し気の毒だったわ。


にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-09 01:37 | ブラジルだぁ*2003~2006

カニのスープとリオ最終回小ネタその②

e0028810_178742.jpg


ブラジルに来て、音楽の師匠ペドロ氏より
最初に教わったのがボッサの名曲「イパネマの娘」(Garota de Ipanema)。
リオのホテルの近くに同名のお店があったので、
これは行ってみなきゃと行ってみたところ、
店内大量の

ゲイさま大集合。

リオの夜はやっぱり熱いわ。

ロブスター食べた後で、少し小腹が減っていた程度だったから
カニのスープを注文。
カニのスープって濃厚で、なんて美味しいのかしら。
そして黒ビール。

うちの町の生ビール屋(唯一1軒)のおやじが、
日本でいうハーフ&ハーフ(生ビールと黒ビールを混ぜたヤツ)のことを
「カリオカ」(リオっ子のことをこう呼ぶ)と呼んでいて、
リオではこう呼んでいるんだ、由縁は云々と、
えんえんと聞かされたことがあったんだけど、

おやじ、カリオカ地元のここで注文したら全然通じなかったわよ。
やっぱり吹いた? まったくもお。


んで、一応リオ旅日記、これにておしまい。
と思っていたら、まだ写真があったので載せとくわ。

ブラジルには、最近躍進めざましいGOLっていう航空会社があって、
価格が安いことで有名なんだけど、
今回初めて乗って、その安さのヒミツを垣間見た。

カウンターのおねいさん&アエロモッサ(スチュワーデスのことをポ語ではこう言う)、
みな制服が、
e0028810_17283318.jpg


搭乗券は、軽量で場所をとらない、
e0028810_17294320.jpg

仕様。

じゅうぶんだと思いました。
無事に飛べば、飛行機はそれでいいざんす。


お休み後遺症
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタ作りの)
# by hi-sukesan | 2006-05-07 17:37 | Rio de janeiro

アイスと朝食、リオの海岸物語

e0028810_1453135.jpg


本日は、写真がたくさん、一挙ダダもれ掲載よ。
(チョイスする能力がなくなってるのよ。容量食うし、どうかと思うわ)

まずはこのアイス写真。

イパネマの海岸をてれてれ歩いていたときに、
ふと目があった瞬間から、引き込まれ、
オットはすぐさまこの状態にさせられていたの。

e0028810_149886.jpg


凄腕よ、このハマの指圧師は。

オットのナサケない姿をカメラにおさめようとしたら、
「カメラこっちに向けて」とこの笑顔。

あなたはそこで座って待っててねと、わたしに椅子を貸してくれたんだけど、
前を通りがかった知り合いのアイス売りをすぐさま呼びとめ
「これ、ぜ~~~ったい美味しいから」
って買わされたの、このアイス。

おばさん、浪花の生まれなのかしら。
押しの強さが天下一品だったもんだから。

ところで、ちょっと見たところ、
有名なコパカバーナの海岸とイパネマの海岸は、雰囲気が少し違うよう。
コパカバーナのほうがホテルが多いせいもあるけれど、
観光客、家族連れが多く、ちょっと庶民的な感じ?
イパネマは、少し落ち着いた地元のひとが多いような気がしたわ。

んで、わたしたちは、ひょんなことからイパネマ海岸に面したホテルにお泊り。

お値段はさすがよ。さすがと言ったらさすがなのよ。(ちょっと涙目)

ホテルの朝ごはんが、2人分でなんと140ヘアル=8000円。
でもどうしても海を眺めながらお部屋で食べたかったので、
ルームサービスのアラカルトメニューを睨みつけて苦悩の選択をしたわ。
e0028810_2104388.jpg

結果、どう見てもひとりぶん。
ああ、びんぼってやーね。(再び涙)

でもホテルの窓からの眺めは最高だった。
e0028810_2141471.jpg


朝の海岸もこんなに素敵。
e0028810_2151466.jpg


オットもお気に入り、殿方用スナップ。
e0028810_216848.jpg


ひーすけイチオシ。この男が好きだ。
e0028810_216559.jpg


そしてお約束のひーすけ。。。



e0028810_217392.jpg


裸足。(サイズEカップ、じゃなかった24,5センチ。)



うまく誤魔化そうと思ったんだけど、ダメかしら?

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願い

片ちちだけ見せるから。
e0028810_2245522.jpg

# by hi-sukesan | 2006-05-06 02:31 | Rio de janeiro

リオで天ぷら寿司発見、そして今日のイベントは。。


e0028810_20164928.jpg


リオにお住まいのGaoさん(ぶらぶらブラジル日記)より、
リオの日本食はもう終わっています、との情報をいただいていたので
あまり期待はしていなかったのだけれど、
とりあえず一度は行ってみるか、と訪れたお寿司屋さんで
なんじゃこりゃ?というものを発見。

フィラデルフィア巻き。(名前もなんじゃこりゃね)

海老フライを具に巻いた細巻きは、日本のぐるぐる回転しているところで見かけることあるけど、
細巻き自体を揚げたものなんて、お目にかかったことないわ。
これって揚げるの大変よね。おおごとでしょう。

サーモンを巻いてあったけど、けっこうイケました。
(そういやあたし、天ぷらうどんに海苔天あったら喜ぶタイプなのよ)


そしてそして、わたくし初体験してきました!

リオの、あのマラカナン・スタジアム(世界最大って言われているサッカー場)で
サッカー観戦。
初めてブラジルのサッカーっつーのをナマで見たの。

e0028810_2043531.jpg


このスタジアムは、昔は20万人収容だったらしいんだけど、
全部椅子席にして、今は10万人収容。(ただいま1階席は全部工事中)

その昔、立ち見があった頃はどんな様子だったのだろと思ったわ。

写真のように、試合始まる前から、お客さんコートを睨みつけてるし、
試合始まれば、みんな総立ち、怒号飛び交い、
試合運びに口出しするわ、
敵が何かをすれば大ブーイング、
味方ゴールが決まれば、
前に座っていた家族連れは、みんなで抱き合い喜こびかみしめ、
気がついたら、後ろのおやじは、

気ぃ失って倒れてた。 ←これ本当よ。担架で運ばれていったの。

通路の前に座っていたわたしは
思いきり、後ろに立っていた客のツバをかぶり、
敵のゴールに怒ったおっさんの投げつけたポップコーンもかぶりながらの
サッカー観戦だったけど、ものすごく楽しかったわ。
本能のままのブラジル人の凄さを、体感させていただきました。

ちなみにこの日は
リオのチーム同士、フルミネンセとバスコ・ダ・ガマの試合。
試合は1-1の引き分けで、
勝ったチームのファンの盛り上がり具合が見られなくて残念と思ったんだけど、
e0028810_2191368.jpg

この警官の姿見たら、
何事もなかったのが何よりだったのね、きっと。


明日はいよいよ。。。
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります
# by hi-sukesan | 2006-05-04 21:19 | Rio de janeiro

カニにロブスター・リオ・デ・ジャネイロ 小ネタ①

e0028810_19141761.jpg


すばらしいわ。
海岸の美しさにも心奪われたけれど、
さすが海辺の町、リオのレストランやBARのメニューには、
カニ海老イカなどの文字がずらずら並んでるのよ、
日頃なまずオンパレードメニューに馴らされているわたし、
アタマがくらくらするはず。

リオに到着してすぐに食べたのは、カニ爪フライに海鮮リゾット、

そいで、夜はなんとまーあなた、
「ロブスター」よ。披露宴でしか食べたことのないザリガニの王様の。

美味しかった。
細かいことはよくわからないけど(ひつこいようだけど、日頃なまず生活だから)
カニ海老イカの味がした。シアワセ。


そして、せっかくリオに来たのだから観光もせねばっ!と、
行ってきました、コルコバードの丘。
e0028810_1947266.jpg

丘の上に大きなキリスト像が立ってるの。
丘といっても、ものすごい断崖絶壁なのよ。
絵葉書まる写しでもしなければ、この光景は撮れないの。著作権侵害だけどごめん。

てっぺんのすぐ下の方まで登山電車や道路がきているから登るのは簡単。

丘の上からの光景は、そりゃあ素晴らしかった。
大勢のひとが、わらわら寄ってくるのも無理はないわね。
e0028810_1956429.jpg


こんだけ観光客が多いと、
おバカも多いわ。

e0028810_1957353.jpg

寝転がって大きな像の全景を撮ろうとするおバカ。
(それとも覗き?)

キリストの像のマネをしてをして記念撮影するひとは多いけど、
e0028810_1959980.jpg

向かいあってマネするおバカもいたわ。
わたしよ。
(隣のおねいさんにウケてたのね)


そして、本日の最後に、この写真。
ミロのヴィーナス、ロダンの考える人に続く、
めおとぜんざい伝統のシリーズ第3弾、

シリ写真。
e0028810_209279.jpg

起伏なし。

このシリーズはライフワークなの。

にほんブログ村 料理ブログへ ←明日はいよいよばちばちビキニ?
# by hi-sukesan | 2006-05-03 20:18 | Rio de janeiro

帰ってきました


e0028810_1638415.jpg


リオ・デ・ジャネイロ Rio de janeiroより
モレーナ ( morena 小麦色したムスメさん←自己申告。少々難あり)になって
帰ってまいりました。

リオは、海岸(praia)が、それはそれは美しく、
わたくしはもう、惚れこんでしまったと言っても過言ではございません。
イパネマやレブロン、それにコパカバーナはもちろんですが、
写真のBarra海岸の素晴らしさといったら!

わたくし、同行のウイルソンさんに、

「日本のうち売ったら、ここにマンションが買えるか?」

と、即座に尋ねてしまいましたわ。ええ、物質主義なもんで。

ブラジルビキニも初体験、
刺激満載・リオ旅行記は、のちほどゆっくり書かせていただきますわね。


日本もGW、みなさまの話も聞かせてほしいわ。
にほんブログ村 料理ブログへ ←ブラジルビキニ姿載せたらクリック激減間違いなし
# by hi-sukesan | 2006-05-02 19:18 | Rio de janeiro

プリン(Pudim)を食べて行ってきます~~

e0028810_2016634.jpg


昨日、隣のメイドさんからもらったプリン(pudim プヂン)。

こっちのひとはデザートにプリンを食べるのが大好き。
会社の運転手アバカチさんもプリン食べるのが何よりの楽しみなんだって。
食べ放題の店にも、デザートコーナーにはかならずプリンがあって
それをみんな大きく切って皿に盛ってる。
これも大樽になるコツね。

さてこのプヂンの作り方だけど、
マダレーナさんレシピによると、材料は

コンデンスミルク ひと缶
牛乳  コンデンスミルクの空き缶に2杯半
玉子3個

だそう。

コンデンスミルクひと缶というのは、ここでは395グラム。
けど、いったい日本ではどんなふうになってたのか思い出せないわ。
とゆーより、わたし買ったことないから知らない。

誰か日本で試してみてくれると嬉しいんだけど。
オーブンで蒸し焼きするらしいわよ、30分から1時間。

あまり細かいことにこだわらないひとに向いてるかもしれない。


さぁて、日本でもGWが始まりますね!

わたくし、ちょっくらオット追っかけてリオ・デ・ジャネイロに行ってこようと思ってますのよ。

道中ひとりぼっちで、あの例の、なが~~い空港までの道のり(ピラポから車で4時間)を、
どうしようか、バスに乗って行こうかなどと考えてたら、
親切で、筋の1本通ってるシルヴィアさんが、
空港近くの自分の本宅に帰るから一緒に行きましょう、と言ってくれたので安心したわ。
また興味深い単語も聞けそうだし、男定めのコツも教えてもらえそうだし一石二鳥よ。

あ、ブラジルに土地勘のないひとのために、地図を載せとくわ。

e0028810_2017596.jpg


ぴらぽはここよ。
ベロやリオはここ。
いったい日本はどこなのよ(遠い目)


火曜日に戻ります。
毎日クリックしてくれるひとがいたら、わたくしの熱いキスと、ブラジルビキニを進呈(ウソ)
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタさがしの)
# by hi-sukesan | 2006-04-28 21:00 | ブラジルだぁ*2003~2006

ココアケーキを手土産に。。

e0028810_1935573.jpg


ぷれ吉とシルヴィアさんちに遊びに行くので
手土産に焼いた「ココアのケーキ」。
(たかこさんレシピ)

ケーキよりも、日本の100均で買った紙の型に感動された。

そうよ、日本人は、こんなちまちましたものを
100均で山のように買って金持ち気分を味わうの。ええ、わたしのことだけど、
もうちょっと味わってケーキ食べてね、シルヴィアさん。

彼女はほんとに面白いひとなの。
わたしとプレ吉が、身近にいる男のひとのウワサ話をすると、

「それでそのひとはかっこいいの?ブサイクなの?」

って必ず聞くし、
旅に出るって言うと、

「そこにはかっこいい男がいっぱいいるわよ。すごくいいところよ」

って教えてくれるし。
価値観に1本筋が入ってるところがわたしすごく好きよ。

シルヴィアさんに教えてもらった言葉もひと味違うわ。

chato 「平らな」っていうことなんだけど、
イヤなヤツとか、うるさいヤツとかいう意味なんだって。

mao de vaca 牛の手。牛の手は固く握り締めているように見えるでしょ?
だからケチのこと、こう言うんだって。

みんな、シルヴィアさんの旦那さんのことなんだって。

もう少しわたしのポルトガル語が上達すれば
もっとシルヴィアさんの人となりが理解できるのに、
本当に残念だわ。

シルヴィアさんちに行くには
ピラポに昔あったという空港跡地を横切っていくのが近道なの。
一般空港ではなくて、軍用空港だったらしいわ。
今では広大な、ただの野っ原。

ここ通るたびに、
「日本はどっちの方向にあるのかしら?」
って考えるんだけど、
ここは日本の真裏、

e0028810_2002254.jpg


ちょっと途方にくれちゃうわ。
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタさがしの)
# by hi-sukesan | 2006-04-27 20:04 | ブラジルだぁ*2003~2006

小!海老のマヨネーズ炒め

e0028810_19403990.jpg


この前スーパーに行ったら、珍しく大きい(ように見える)冷凍海老が売っていたの。
うきうきして買って解凍してみたら、

あーら奥さま、容量70パーセント減量よ!(こんな減量、ちっとも嬉しかないわ。)

こんなにぶ厚い氷のコロモ、見たことない。
ぶ厚いツラの皮のひーすけもびっくり。

衣つけて揚げて、ぶりぶりのマヨネーズ炒め作るはずだったけど、
こんなのにちみちみ細工してられないわ。

海老そのまま酒ふりかけて炒め、
おろしにんにく、おろししょうが、からし、お砂糖、胡麻油、各少々を混ぜたマヨネーズを
からめました。


e0028810_19592016.jpg

今朝のメイドさんの庭掃除風景。

今日も真面目に働いております、ぷれ吉っつあん。

思い出したわ。
諸事情があって里子に出されてしまったわが家の愛犬シェパード・タイガーくん。
e0028810_20174212.jpg

ぷれ吉っつあんが朝、タイガーにおケツに鼻突っ込まれながら、
いつも彼のう○ちを始末していてくれたのだけれど、
そのう○ちをゴミ袋に入れ、それをそこから

塀の外に放り投げていた

のをわたしとオットは目撃。
それが毎日であったらしく、
塀の外の隣の空き地には、黒いゴミ袋が小山になってたっけ。

ここはこれでいいんだと、(来ブラ初期の頃だったし)
ブラジル式後始末(なのか?)に納得してたわたしだったけど、

今となってはキミ、無茶をやっていたよね、ぷれ吉くん。

お口直しに、マンゴ風景。
e0028810_20122025.jpg

下のほうに生っていて、なかなか熟さない子供マンゴ。


自分を見てるようだわ。
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタさがしの)
# by hi-sukesan | 2006-04-26 20:21 | ブラジルだぁ*2003~2006

ステーキチャーハンと。。


e0028810_22223797.jpg


昨日のお昼ごはん、ステーキチャーハン。

いつもお肉屋さんで買うのは、一番柔らかいフィレ・ミニョンなのだけれど、
歯ぐきに老化の波がじわじわと押し寄せるわたくしには、
だんだんこの赤身肉がツラくなってきた。
なので、お肉をビールに漬けておくという軟化作戦に挑んでみたわ。

結果。半日じゃ何も変わりませんでした。
命ほど大切なビールを注ぎこんだというのになんてこと。

このステーキチャーハンは、ケンタロウさんの本見てて無性に食べたくなったもの。
あのひとのお料理は味が少々濃ゆそうで、暑さで塩がカラダからまけ出てるわたしの
食欲を誘うわ。
盛り付けも雑っぽくて、それがなぜか美味しそうに見えるのよね。
今やケンタロウ本も手元に6冊。
ぼろぼろになるまで心中してもらいます。

んで、わたくしまたもや、ブラジルのツボにハマってしまいましたの。

昨日、お風呂場の電灯が切れたので、電気部品屋さんに買いに行ったら、
きれいに個別包装された電灯、わざわざ破って、中身を取り出し、
何するの?!と思ったら、いきなり試し点け。

今日、アイロンが壊れたので、電気屋さん(電気部品屋さんとは別)に買いに行ったら、
商品決めて、わたしがお会計場でお金を払っている間に、
店のおねえさん、アイロンのスイッチオン。
商品もらいに戻ってきたわたくしに
試し触りさせた。

ここまで商品品質確認させるのは、
やっぱり元々、電気ものには信頼がおけないからに違いないと
改めて納得した午後でありました。


熱いっちゅーねん。
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタさがしの)
# by hi-sukesan | 2006-04-25 23:27 | ブラジルだぁ*2003~2006

イングリッシュマフィンとCD

e0028810_19413864.jpg


オット不在の田舎駐ツマの日曜日。

あー書いてるだけでヒマだヒマだ。有閑にも程があるわ。
店は一軒も開いてないし、読む本もなければ、
スタートレックのビデオも、え~~い全部見ちまったい。

しかたないので、台所に立っとりますの。
パンも菓子もどんどん増殖。
オット、あなたのツマも、帰ってくる頃には10人くらいに増えてるかも。
たいへんよ。破産間違いなしだわ。浪費妻のクローンが10人。

んで、昨日はイングリッシュ・マフィン焼きました。
リンクしている「バナナのお昼寝」のSaoriさんレシピ、
ブラジルの小麦粉でもほとんど調整なしに出来て、美味しいの。
(追記・まぶす粉はコーンミールがなかったので、ブラジルのマンジョッカ芋の粉使いました。
ブラジリアン・イングリッシュ・マフィン。味に変わりはござんせん)

昨日は、NHKに出てた漫才師にココロ奪われてるすきに、
ちょっとてっぺん焦がしちゃったけど、ま、トーストすりゃ一緒よね。

e0028810_1944331.jpg

今朝は、明太子とバターをのっけていただきました。
明太子とバターを混ぜちゃうって手もあるけど、
こうして切って乗っけたほうが、
微妙に味が交差して、
2倍楽しめるから好き。




で、台所に立つ間、最近かけているCDがこれ。
時々、ものすごい大音響でサンバかけたりするけれど、
まったりとした気分で何かをしたいときには、この2枚のCDを聞くことが多いの。
e0028810_19434465.jpg

ボサノバの創始者としてあまりにも有名なジョアン・ジルベルトの娘、Bebel Gilberto。
「Tanto Tempo」は、小野リサのCDを貸してあげたお返しに、
会社のペドロくんが貸してくれたもの。
2つとも似たようなしっとりとしたボサノバの感じだけれど、
やっぱり奥深さを感じさせるのはBebelのほうかしら。
(ただいまアマゾンで5%引きらしいわよ)
e0028810_19495150.jpg

大好きなイベッチ・サンガーロのミドル&スロウテンポな曲を集めたCD。
バイーア出身の力強さが漲る彼女だけれど、野太い声で歌うバラードもなかなか浸れちゃうのよ。(何に?)

で、珍しく自分の趣味嗜好などを書いてて思い出したんだけど、

ぴらぽ衝撃の真実!!を発表しちゃう。

ブラジルほどCDやDVDの海賊版が大手を振って売られている国もないと思うの。
当然、この町のBARにやってくるCD売りのも、露店で売られているCDも
ぜんぶ海賊版よ。
とゆーか、自分でコピーして、CDには手書きの文字ってんだから、
明日からわたしでも作って売っちゃうってーの。
露店のものは要注意で、10分聞いたらそれからあとは無音だったってのもあったし、
わたしのほうがきっと良心的な商売ができるはずよ。

でも、やっぱりブラジル駐在記念に、ちゃんとしたCDも欲しいじゃない?
買いに行ったわよ、町にただ1軒のCD屋(鍵屋も兼業)。

あーた、なんと、ここに売ってるのも、ぜんぶ海賊版だったの。

わたくし思わずオーマイガッ! あ、違った、オーメウデウス。

ニセものの町に住むわたしの音楽評、あまり当てにならないかもしれないわ。


にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります(ネタさがしの) 
# by hi-sukesan | 2006-04-24 21:00 | ブラジルだぁ*2003~2006

ひとりぼっちの朝ごはん

昨日より、オットが2週間のブラジル国内ドサ回り出張に
出かけしてしまいましたの。

なんとわたくし、ピラポでひとり過ごすのはこれが初めて。
ひとりぼっちで夜を過ごし、ひとりぼっちでごはんを食べて。。

あまりにもさびしいもんだから、
昨日の晩は、鯵のみりん干しだけをつまみにビールが4本。

あまりにもさびしいもんだから、
朝も早く目が覚めて、

e0028810_1932494.jpg


いつもより品数多い朝ごはん。

なんかのびのびしとらんかぁ、ひとりぼっちのあたし。

んで、この朝ごはんは次のようでございました。
■黒胡麻かけた炊きたてごはん
■大根の葉っぱの胡麻味噌汁
■隠元のアーリオオーリオ
■大根の明太子あえ
■蓮根のソテー(弱火で焼いて焦げ目がついたら、みりんをふりかけて仕上げる)
 を柚子胡椒で



でもさ、やっぱり退屈なのよ。
気がついたら、

e0028810_19401123.jpg


こんなことして。

ま!太り気味のマッチ売りの少女?



なんて、呟いてる場合じゃないわね。

あ、そうそう、このコカコーラのボトル、
ブラジルのプロパンガスみたいで、
うちでは、ボティジョン(Botijao)ちゃんって呼んでるんだけど、
日本やほかの国でもこの形の売ってるのかしら?
見たことあるひとはどうぞご一報をお願い。


にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります。くだっとります。注・謝ーさんのことではありません 
# by hi-sukesan | 2006-04-23 20:03 | ブラジルだぁ*2003~2006

とうもろこしのケーキ


e0028810_20191775.jpg


ぶふふ。今回はぉ手抜き。

いつも行くスーパーの「とうもろこしケーキ」(Bolo Fuba)。

とうもろこしのケーキは、ブラジルではもっともオーソドックスなケーキなんだけど、
ここのスーパー特製は、甘みが濃厚すぎず、口あたりも軽くて、とても気に入ってるの。
作り方はふつうのパウンドケーキレシピの小麦粉を、
とうもろこしの粉に変えただけのような感じかしら。
中に少しだけ入ってる、ポピーシードのぷちぷち具合もとても素敵。

あ、最近よく、おされな暮らし系の本で、
「この味はとびきり」
って書き方を見かけるけど、
あれはシロウトが使えるフレーズじゃないわ。

で、このケーキ、自分で作れるかも、と思わないでもないの。
けど、「これは買って食べるもん!!」っていうものがひとつ欲しくてねぇ。
だからこのケーキは、わたしの中のブラジルお菓子の聖域ってことになるかしら。
サンクチュアリよ?そこらの蟻じゃないのよ?

「ブラジルの蟻はとびきり」 
。。。これはイケるかもしれないわ。


さて、日曜小ネタで頭いっぱいにしてばかりいるから、
すっかり書くの忘れてたんだけど、
先週のパスコア休日のとき、いつもの川沿いのBARに行ったら、
いつにもまして大勢のお客さんで満席状態。
でも、ちょっと様子がヘンで、
みんなテーブルの上の紙をひたすら真剣に見つめているのよ。

なんかの勉強会?
そんなこと有り得ないわ、ここはブラジルよ、いつものんきなピラポの町だわよ、

と、不審に思い、BARのはずれまで巡回してみると、

特設ステージがあって、ビンゴやってたの。

e0028810_2165974.jpg


おやじがひたすら数字を読み上げ、
ステージ前に座り込んだ大勢のひとたちが一言も発さず、鉛筆握りしめ、紙を眺めてる。

すごいわ。
場外馬券売り場よ、どこかで見たと思ったらこの光景。

そしてその賞品は、
29インチテレビ、DVD、バイクに自転車、以上4点。
確率的に馬券当てるのと、どっちがどうかしら。


にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります。 
# by hi-sukesan | 2006-04-22 21:23 | ブラジルだぁ*2003~2006


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧