<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サンパウロに戻ってきました。

e0028810_9233374.jpg




































夜、ホテルに到着。

疲れたなー。

ごはん、どうしよっかなー。

そう思いながら歯を磨いていたら、

ぴらぽでお世話になったテレーザさんの、
サンパウロに住む妹さんから電話がっ!


お寿司屋さんに連れて行ってくださいました。(涙)



e0028810_9242415.jpg


















天ぷらも~~。

ブラジルの天ぷら盛り合わせは、
このくらいの要塞感覚でないといけません。

寝ているエビではいけません。




↑疲れたと言えば、
わたくしまたもや仕事を再開しまして(1月現在)
フルタイムで働いとるだす。
おばちゃんしんどいけど、がんばるだす。
by hi-sukesan | 2011-01-30 09:43 | ブラジルだぁ*2010

ブラジル12日目。ベロからサンパウロへ長く楽しいバスの旅。

e0028810_17305017.jpg



















さてサンパウロまでの600km バスの旅、
長距離バスの座席はゆったりとしていて非常に乗り心地がよく、
お値段も約4500円と決してお高くはない。

気をつけないといけないのは、
乗る時間帯。

夜走る便には始終、

盗賊に遭遇する心配がつきまとう

って、ヴィルソンさんに聞きましたのね。
実際に出会ったんですって。

盗賊って、、


日本で出会ったことがありますか?(笑)


上の写真は、途中二度ほど立ち寄る大きなドライブインで食べたおやつ。

特大ポンジケージョ(この大きさはけっこうミナスで多し)と、
お肉のパステウ(ネギが味のアクセント)。

ドライブインは、こんなところでした。


e0028810_17412269.jpg





























お昼どきではないので
ひじょうにウラ寂しい感が漂っております。

しょぼしょぼSalgados(パステウやコシーニャなどの軽食類)を食べるひとの姿に
よりいっそう物寂しさが募り、
わたしはご陽気に土産物売り場でカワイイモノを物色するも、
心の中はバスに置いてゆかれる不安でいっぱい。(苦笑)


さて、バスからの景色、
ミナスからサンパウロ州に入ると、
微妙に地形が変ってきて、風景が変わり、

コーヒー農園も多く見られるようになります。


e0028810_17431721.jpg













  
時期的にまだまだ木が低いですねぇ。

ちなみにミナスもコーヒーの産地ではありますが、
この道沿いではあまり見かけません。

 
ところで、こんな車窓の景色もございましたが、



e0028810_1747938.jpg


















↑特大たらい?(違)
by hi-sukesan | 2011-01-26 18:30 | ブラジルだぁ*2010

12日目ベロ・オリゾンチ。いよいよバスに乗って。。

e0028810_1994215.jpg

















いよいよベロ・オリゾンチを出発するという日の朝ごはん、

もうホテルのバイキングにもかなり飽きがきていて、
マラクジャ(パッションフルーツ)のケーキやらポンジケージョなど、
目についたものをとりあえず取ってきましたという、
なげやりな空気がいっぱい。

その上、バターなんかも取ってきてるけど、
いったい何につけるつもりだったんだろう。。。はて?


最初は戸惑ったひとりぼっちのベロ滞在も、この頃にはかなり慣れ、
去り難い気持ちは十分にあったけれど、
いつまでもミナスに留まっているわけにはいかない。

大好きなバスに乗って、
さあ!いざゆかんサンパウロへ!!


。。は、いいんだけどね、

実はこの大好きなバスに乗るまでに、
ひとつ難関がありまして、

それは、

e0028810_19391299.jpg















このベロ・オリゾンチのホドビアリア(バスターミナル)。

一見、何の支障も感じさせない、平和な待合所の風景になっておりますが、

あーたここ、

写真のような入り口&待合所が一階にあってね、

そいで、バスに乗るプラットフォームが地下にあるわけなのよ。

乗客はそろそろ時間だということになると、
当然そこに降りていかなきゃなんないんだけど、
さてそのときに必要な、

エレベーターとかエスカレーターとかいうもんが無いのでございます、ここにはひとつも。
(ヤケになって字をピンク色にしちゃったわ。)

あるのは急な階段だけ。

前回ここに来たときは、ジェラウドさんが来てくれていたから、
やっとこうんとこ二人で荷物を運んで降りて事なきを得たけど、
今回はまったくひとりじゃない?

バカでかいスーツケースと、
これまたバカでかいバッグをもうふたつ、
一体このかよわい (←異論はおありでしょうが。)おばさんに、
どうやって一度で運べというの?

(ちなみにひとつづつ運んでたら、残された荷物は無くなる公算が大)

しかし、わたしもバカじゃない。
このたびはこの問題点に対する、その解決法を、
ベロ在住半世紀にもなるマリアエレーナさんに聞いておきましたのよ、おほほほほ~


「Carregador(ポーター)に頼め」


ああ、なんて素敵な解決法。
そうよお金で解決よ。
そうよそうよ~


で、探したんですけどね、

いましたいました、

私よりかよわそうなおじちゃんがひとり。(大苦笑)


ちなみに、このおじちゃんの写真は撮れなかったので、
↓サンパウロはチエテ・バスターミナルのカヘガドールのおいちゃんたちの写真。

e0028810_2043850.jpg
















こちらは頼もしそう。(またもや苦笑)


しかしまあ本当に、ベロ当局にこのバスターミナルを
何とかしようという動きはないものなのでしょうか。
改めて市政に問いたい、わたくしは。


さあでも、なんとか荷物も運びこんで
いよいよバスに乗り込んで出発でございます。

e0028810_2061298.jpg




















↑わくわく♪
by hi-sukesan | 2011-01-23 20:30 | ブラジルだぁ*2010

11日目ベロ・オリゾンチ。 最後の夜の晩ごはん。

e0028810_6484259.jpg

















いよいよベロ・オリゾンチ(ミナス・ジェライス州の州都)での最後の夜。

とりあえず、ホテル近くのBARでビールなどを飲んで(↑写真)
どこかちょっと一人で入れそうな素敵なレストランはないものかしら、、と
思案しておりました。

が、昼間の明るい時間でさえちょっとびびりの入る町、
夜間に徒歩でウロウロするのは、まったく賢明なことではございません。

なので、BARを出て、ちろっと見渡して、目についたレストランに飛び込みました。

「Restaurante do Porto」

<港れすとらん>という名前の通り、売りはお魚料理らしい。

迷いに迷って、「Bacalhau grillhado com arroz blocoris」
(鱈のグリル、ブロッコリーごはん添え)を注文。

meia(ハーフサイズ)で、ということも忘れずに言い添えました。

出てきました。

e0028810_78895.jpg















おじさんがきれいにお皿にサーブしてくれているけれど、
奥に見えるお料理の全貌が見えるでしょうか。

鱈のグリルだけでも700gはあるに違いない。

ブロッコリごはんは食べても食べても減りません。(涙)

まあ、ブラジルのレストランに、ひとりで入るということほど
難しいことはありませんね。
気合で勝っても量に負ける。

でも半分以上残して帰るというのも悔しいので、
残った一部を、お持ち帰り(para viagem)にしてもらいました。


e0028810_718568.jpg















お料理自体は美味しかったですが、
入っていたオリーブの実が、なぜか、

正露丸の味がしました。。。。



↑総体的に、苦い夜でした。。
by hi-sukesan | 2011-01-20 07:32 | ブラジルだぁ*2010

とにかく寒いざんす。

e0028810_8491014.jpg

























外では小雪舞い散る日曜の昼、
ひさしぶりにトンカツを食べにいきました。
薄切りのヒレ肉を重ねたトンカツは食べやすくて、
本当に歯にやさしい。

いやね、何より歯を気遣う人生って。

でも肉をあきらめるわけには参りません。(肉食おばさん。がおっ)


ところで、あまりに寒い毎日が続いておりますが、
みなさま、道で転ぶこともなく元気でお過ごしでしょうか。

こんなに寒いと、やっぱり思うのは今は夏であるかの地。
でも、ブラジルでは大雨のため未曾有の大災害となっていて、
死者は600人を超えたとか。

心が痛みます。

そして、わたくしのいた懐かしのぴらぽの町も、
大きな大きな川が流れているところだけに、
どんな具合になっているのか非常に心配でありますが、
駐在Wさん、どんな様子ですの?(私信)

被害がこれ以上広がらないように、
被害に遭われた方には、なぐさめがありますように、
心からお祈りいたします。



雪の降る平和公園。(1/16 午前10時頃)


e0028810_945195.jpg















今日は娘夫婦が初めて広島に遊びにやってきます。




↑新幹線、なんとか動いているようですが、、
by hi-sukesan | 2011-01-17 09:14 | 日本でいろいろ

11日目ベロ・オリゾンチ。 HOTEL BH PLAZA

e0028810_845087.jpg
















↑この写真で見てほしいのは何かとゆーと、
食べかけのドーナツ、

ではなくて、Itambeの牛乳パック。

ちょっと凝った形になっていて(胴の中あたりがゆるやかにアールになっている)、
日本でもその他の国でもあまり見たことがない感じで、
持って帰ってくればよかったと心底悔やんでます。
誰か送って。(笑)

マリア・エレーナさんちからの帰りに、
Diamond Shoppinng に寄ったところ、そこで
何ともまあ日本チックなドーナツを見つけたので
心の中では喜八洲のみたらし団子が食べたかったんだけど
思わず買ってしまって、牛乳とともにホテルでのおやつ時間としました。


それで、このベロ・オリゾンチのホテルなんですけどね、
遥か地球の裏側の国の、ほとんどの日本人が聞いたこともない州の、
ホテルが一体どんな感じなのか、ちょっとお知らせしたいと思ったんですけど、



e0028810_8453754.jpg



















フツウだわねぇ、どう見ても。

ここはホテルチェーンには属していない中級クラスのホテルで、
お値段は一泊一部屋 12500円。

設備としては、テレビあり無線LANあり、バスタブ無し。

。。。待てよ、この値段で
バスタブ無しって高くないかっ?(今気づいた今。)

注・でもこの国ではバスタブ無しはけっこうフツウではあります。

このたびは、
「よく知っているホテルに泊まっとけ」という、
オットの言葉に従ってホテルを決定しましたが、
オットは大変にツマのひとり旅を心配してくれていましたのよ。
ええ、
昔は駅に寝たこともある鉄砲玉ですので。




↑その昔、ぴちぴちの女子大生だったのに
何ごとも無かった。。
by hi-sukesan | 2011-01-13 09:44 | ブラジルだぁ*2010

ブラジル<2010>11日目ベロ・オリゾンチ。再会。

e0028810_9202484.jpg






























年明けて、またも始まりましたブラジル旅日記。

サンパウロ→ぴらぽ→ベロ・オリゾンチと、旅日記は続いておりますが、

ウイルソンさんと別れて、ベロでひとりぼっちとなり、
心細く思いつつも、結局やることはやってるわたくし、

(深夜ライブハウスにいたり、
わけわからないままバスに乗って目的地からますます離れてさぶイボ立てたり)

ここベロに、友人がいたのをすっかり忘れておりました。

と言うのはウソで、実はもちろん彼女のことを忘れてはいませんでしたが、
風の噂で、ガンの手術をしたばかりということを聞いていたので、
連絡するのを控えていたのでございます。

ぴらぽにてとても仲の良かったマリアシルビアさんのお姉さんの
マリアエレーナさんがそのひと。

んが、

いつのまにかぴらぽの町からマリアシルビア奥さまが当地にやってきていて、

「オイ、ヒロぅコぅ、あんたなにやってんのよ?」

と電話をよこし、すぐにマリアエレーナ宅に来るように言われたのでございました。

聞けば、ガン手術は無事成功し、術後2日で退院したのだとか。

おい、やっぱりブラジルってすごいね。

で、お宅に伺うと、さすがに家事はメイドさんに任せて
ゆっくりくつろいでいるマリアエレーナさんがいました。
元気でよかった!!
3年ぶりにまた会えて嬉しかった!!


写真は、メイドさんの作ったお昼ごはん。
鶏のミラネーザ、ポレンタ、フェジョン、サラダミスタ。
サラダミスタはお花のように華やかに。

それにしても、うちのぷれ吉もそうだったけど、
お客さんが来るとなると、やたらに張り切って
食材を細かく切り始めるのはなぜ?

ぷれ吉なんか、デザートのイチゴを1個6分割くらいにしたことがあって、
あたしゃ自分の乱視が進んでえらいこっちゃと本当に動揺したぞ。笑

そして、どうもこの姉妹が大好きらしいKibonの3色アイス、
もちろん、超特大サイズにて、スプーンをおっ立てて出てきました。

これね、

わたしもすごく好き♪



↑この姉妹も大好き♪
しかし、マリアエレーナのひとり息子のジョアンは大の東洋人好きで、
わたしに会うといつも「ヒロコ、結婚しよう」とからかうので非常にフユカイ。笑
by hi-sukesan | 2011-01-10 09:06 | ブラジルだぁ*2010

お正月が終わって。

e0028810_6152144.jpg














お正月が終わって6日にもなると、
お鏡餅も他人事ではない肌具合になってきております。やだわー。

それに何考えてんだか、
正月明けにいきなり
胃カメラの予約入れちゃってんだよ、このおばさんは。
ほんとやだわー。


さて↑の写真は、うちの小さな本棚の上なんですけど、
娘の写真が入ったフレームの前に立てかけてあるのは
サンパウロの蚤の市で買ったもの。

中には美しいドレスを着た娘さんの後ろ姿が描かれた、
小さな油絵が入っていて、
さていったいどういうひとが描いたものなのか。


老眼でないことだけは間違いない。笑


とうとう年を越したというのに、
未だサンパウロの蚤の市にも辿り着いてない旅日記、
どうぞみなさま、長い目で見てやってください。



↑今年もどうぞよろしくクリック。
by hi-sukesan | 2011-01-06 06:41 | 日本でいろいろ

新年明けましておめでとうございます ぅ 

e0028810_9564572.jpg























本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大福茶、用意するの忘れて、
いきなりお屠蘇いってます♪



↑幸運の初クリック、おひとつどうぞ。
by hi-sukesan | 2011-01-01 10:04 | 日本でいろいろ


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧