<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Jardim da Rosa



e0028810_10133020.jpg














近所のバラのお庭があまりにもきれいなので
またもや写真を撮ってきました。


この道の先で、お茶会をやっていそうな気がするのは、
アリスの見すぎだわねぇ。



e0028810_1012372.jpg















↑ 庭うろつくわたくし、怪しいです
by hi-sukesan | 2010-05-30 09:54 | 日本でいろいろ

Esfiha aberta のはずが。。


e0028810_6355659.jpg














前回のエスフィーハの、なんとゆーか、
「閉じないで開けたまま」版が、Esfiha aberta。

普通は挽き肉で作るところ、トマトとチーズで作った前回のエスフィーハを、
開けたまんまにしたら、

ただのトマトチーズパンになっちゃった。


町のパン屋で見かけたのは、

e0028810_640249.jpg











こんなん。


全然、ちがう ┐(´.`)┌


生地を分割しないで作った↑のようなものも、
けっこう見かけるものですが、
こうなるとピザとの違いがよくわからない。

チーズが乗ってない?

冷めてても大丈夫?  

いや実は、これってピザの見本?と、思ったのだった現場で。笑

うーん。

とりあえず次回は、正統派エスフィーハ・アベルタを作ってみよう。




↑ まだ未踏の位置におります。
by hi-sukesan | 2010-05-28 06:59 | ブラジルゴハン

Esfiha  エスフィーハ



e0028810_749317.jpg













エスフィーハ(Esfiha 、Esfifa 、Esfilhaとか呼び名はいろいろ)は
言うなればブラジルのスナックパン。

パン生地で具を包んで焼いたもので、
その具は挽き肉であることが多いのですが、
今回の中身はチーズとトマトソースでございます。

形も、おにぎりのような三角形にするのが一般的で、
包み方を変えて2種類作ってみましたが、
ちょっといびつになってるのは薄目でみてね^^

このようなちょっとしたパンや小さなパイ、コロッケなどは、分類として
Salgadosと呼ばれる軽食モノであって、
朝ごはんや昼ごはんとして食べるひとはそう多くなく、

わたくしの、「ぴらぽの労働者10人くらいに聞きました」調査では、

ブラジルでは夜ごはんの開始時間が遅いので、
仕事が終わって夕方に一旦、
はいお疲れさま、はいカフェジーニョあるいはビールちびちび、というときに、
これがあるととても都合がいいということでございました。

でもたまに、ちょっと小さめになって、
正規晩ごはんのときに前菜みたいにして出てくることもあるんだけど、
そのときは、どう対処していいかわからなくなるの。

だって日本人の胃ですもの。



↑ なんか、未踏の位置におります。
by hi-sukesan | 2010-05-26 08:51 | ブラジルゴハン

Copa do Mundo にちなんで。



e0028810_2155146.jpg














あともう少しで、ワールドカップ(ポル語で、コッパ ド ムンド)が開幕。
楽しみですねぇ。

それにちなんで、なにかサッカーものはないかいな、と、
押入れをゴソゴソしたけど、
写真のものくらいしかなかった~
おまけに

カワイクない~。  (いつものことだが。)

でも、よく見れば、カワイイモノもあるじゃない。 (無理強い)

緑と黄色のブレスレッドは
前大会のテレビ観戦の折(もちろんその時はぴらぽにいた)、
主婦仲間のマリアシルビア御大が、
「あんた、ブラジル応援するなら、これくらい身につけなきゃ」
と、くださったもの。

身につけたタンクトップ↓だけじゃ不満だったのかしら。

e0028810_21301346.jpg
                  











(ド派手タンク。よく見えないけど、ホナウジーニョの歯ぐきがポイント。
横にいるのはマリアシルビア当人)

今回、残念ながら、ホナウジーニョはセレソンに選ばれなかったので、
これを着る機会も多分ないわねぇ。
(出てても着られるはずがない)


黄色と黒の入れものは、シューズ入れ。
表に高らかに謳われているのは、
「BRASIL,RUMO AO HEXA」 (ブラジルよ、六度目の優勝に向って!)

前大会、あっさり負けてしまいましたので、
今回はがんばっていただきたいものです。

で、セレソンの中で、誰を応援しているか、なんですけど、
もちろん、こんな乾電池まで後生大事に持っているくらいですもの、
真ん中で微笑んでいるホビーニョくんに違いありません。

みなさんはどなたのファンですか?



↑ 今日もおひとつよろしくクリック
by hi-sukesan | 2010-05-24 15:26 | ブラジルカワイイモノ

オクラと干しえびの煮物 Quiabo com camarao seco



e0028810_1713680.jpg





















これは、ぷれ吉がよく作ってくれた小さなおかず、
オクラと干しえびの煮物でございます。

干しえびの戻し汁とチキンスープ、それにパプリカをちょっと入れて煮たもの。

ブラジルのひとは、案外オクラが好きなんだなぁと、
八百屋に入荷するやいなや、すぐに売り切れてしまうオクラを見て思っておりましたが、

先日テレビで、セルジッピという町で行われた「オクラ祭り」の様子を見ていたら、
ミス・オクラ娘(!)に選ばれた女の子は、
「オクラは嫌い」と言っていた。

てか、
そういう娘をなぜ選ぶ?オクラ祭り実行委員会。


そしてその祭りの様子をさらに見ていて驚いた。

何人かのおばさんたちが必死で刻んでいた大量のオクラを
何にするんかなぁ~と、のんびり見てたら、

なんと!

地べたに敷いたレジャーシートの上にそれをばらまき、
その上から水を撒いてモップですりすり、
当然そこを歩けばズルズルすべる。笑

そこを走る競争が行われておったのでございます。

うーん、いやま、祭りとは言え、

作物は大事にしましょうよみなさん。苦笑




↑ 今日もおひとつよろしくクリック
by hi-sukesan | 2010-05-21 16:38 | ブラジルゴハン

Mel ハチミツなんだけど。


e0028810_9332530.jpg














今日の朝ごはんのホットケーキにかけるハチミツ、
思い出して、大好きだったSanta Barbaraのハチミツを引っぱり出してきたら、
かちんこちんに固まってる、、、

これって湯せんすれば、使えるのかな。

賞味期限2年半前になってるけど、大丈夫かな。

結局、今日のところは、他のハチミツかけて食べましたが、 
このハチミツの容器は、とても使いやすいし、 (蜜切れがいい)
デザインのぽちぽちも、まさにプーさんな黄色も、
地味ながら、捨てることなど到底出来そうにないものなので、
無理めにカワイイモノに認定してしまいました。えへへ。

それで先日、昔の日記を載せて以来、
何だか気になって、日めくりのように過去の日記をのぞいております。

そしたら、ぴらぽの市場で、こんなことがあったんですねぇ、
今日も蔵出し日記ということになりますが、
ぴらぽの町ファンなのよん♪という奇特な方は
読んでみてね。

---------------------------------------------------

2005年5月某日の日記。

昨日は土曜だったので、早朝からフェイラ(市場)に出かけた。 
先日も書いたとうり、「豚フィレ肉」を買うためである。 
フェイラは通常、野外に屋台が立ち並んだようなものだが 
我が町ぴらぽのフェイラは大きな体育館のような場所に 
台がひしめきあっている。 
 
さて、その中の肉売りがかたまった一角。 
わたしは前にも買ったことのある豚肉売りのおやじのところにいた。 
 
おやじ 「今日は何がほしいの?なんでもあるよ、豚肉なら。ここで買っていきな」 

ひー 「え~っとぉ、豚肉のフィレが欲しいんだけど?」 

おやじ 「豚のフィレ??」  (しばらく考えたあと)  「ないなぁ~」 
 
そう、残念ねぇ、とあきらめ、 
今度は台続きの隣りの豚肉売りの兄ちゃんにも同じことを聞いてみた。 

兄ちゃんは「フィレ?」と、首をしばらくかしげたあと、 
ぶらさがっている肉の切り身を指さす。 
 
ひー「あのぉ。。それは。。。」  ロンボ(豚ロース)だよっ
 
フィレないのね。。 
なんだかガックリきて、 
ぶらさがっている豚ちゃんのまるごと半身(足つき)を眺めてみれば、 
そのあばら骨の下のわきのほうにくっついてるお肉、 
それは形状からして、まぎれもなくフィレではないか! 
 
「これだよ、コレ!これフィレだよ~」と言うと、 
兄ちゃんは嬉しそうに、
これだったのかぁと肉をきりはずしてくれた。

知らなかったのね。。
 
 と、 

その顛末を見ていた先ほどの豚肉売りのおやじ。 
満面の笑顔をたたえ、わたしに近寄ってきて言うには、 
 

「それだったら、うちにもあるよ~~」 
 
 
おやじ、あんたも知らなかったのね。。。 
 
まったくのんきなぴらぽのフェイラでのできごとでありました。


e0028810_1027925.jpg 














---------------------------------------------

で、、
実は、このとき以来、
豚肉売りの兄ちゃんが、町でわたしに出会うたび

「今週もフィレあるからフィレあるから~」

と、連呼するようになり、
わたくしはとんだブタヒレおばさんになってしまったことも思い出した。

彼らがなんで豚フィレに戸惑ったのか、
今考えてみると、
豚フィレ肉は大きさ的に、
あまり買い求めるひとがいなかったからではないかと思えます。
ふだんの山盛り料理見てたら、ちょっと間に合わないような感じがするものね。



↑ 今日もおひとつよろしくクリック
by hi-sukesan | 2010-05-19 10:39 | ブラジルカワイイモノ

ひよこ豆と人参のサラダ Salada de grao-de-bico e cenoura


e0028810_1335145.jpg




















何か美味しそうなサラダものはないかと、ネットでいろいろ見ておりましたら、
珍しいですねぇ、ひよこ豆のサラダというのが載っておりました。

ブラジルゴハンの基本3点セットのうちのひとつ、
豆 feijao 。  (あとのふたつは米と肉)

ブラジルにはそれはもう、たくさんの種類の豆がございます。
(大きさによって呼び名が違ったりもするし、もう大変。)(あ、↓写真はWikiさんで拝借)
e0028810_133552100.jpg
黒いんげん豆 feijao preto は、フェイジョアーダには欠かせない豆だし、
カリオカ豆 feijao carioca は、ふだんのフェジョンとして多く用いられる豆、
そして白いんげん豆 feijao brancoは、サラダや煮込み料理に使われたり、
その他、feijao canario に feijao verde、、


とにかく、さまざまな豆が、そこいらかしこで活躍しております。

でもこの、日本ではガルバンゾー豆として見かけるひよこ豆に遭遇したことは
一度もなかったような。。

<マスタードドレッシングがけっこう美味しい小さなサラダ。

人参は塩少々をふってしんなりとさせ、豆と合わせたら、ドレッシングは、
玉ねぎのみじん切り、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩、少々の水、そしてマスタード>


あ、今日はもう1枚、お写真up。

e0028810_1455918.jpg















近所の小さなバラ園で写しました。
形も匂いも麗しい~



↑ 今日もおひとつよろしくクリック
by hi-sukesan | 2010-05-17 14:22 | ブラジルゴハン

バチーダ ジ ココ  Batida de Coco


e0028810_7233941.jpg












「Batida」とは、さとうきびから作る蒸留酒ーカシャッサ(ピンガ)をベースにした
カクテルのことでございます。

多くはフルーツのジュースやリキュールと合わせて、
さらに現地では、砂糖もどっひゃんと入れて作るので、たいそう甘く切なく
お好きな方にはたまりませんが、

カシャッサはアルコール度数が高いお酒(40度以上)、
ぐいぐい飲み進んで、仕上げにサンバなど踊ってアタマ振ってると、

元旦にトイレの床で目を覚ますことになります。
ええ、わたしのことですけど。


で、Batida de Cocoーココ(椰子の実)のカクテル
と言ってしまっていいのか、わたくしは

e0028810_7352133.jpg












お手軽に粗野に(笑)
椰子の実に、直接カシャッサを流し込んで飲んでおりましたが、

今回、調べてみたら、ココナッツミルクにコンデンスミルクを合わせ、
そこにカシャッサを入れ、氷を放り込んでミキサーでがががっ!
というようなレシピが多かった。
(ココナッツの実の細かくしたものも入れる)

それにしてもブラジルのひとは、ほんとにコンデンスミルクが好きだよなぁ。
moca缶なくしてブラジルデザート業界は成り立たないんじゃないだろか。


ひんやりまったりしたBatida de Coco

朝から配合試しでちびちびやってたら、
もう一日おしまい店じまいだい。笑



↑ いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2010-05-14 08:00 | ブラジルゴハン

ちょっと過去の日記を振り返ってみる。


e0028810_962055.jpg











↑三月に入籍した娘から夫婦連名で届いたお花とプリン。
札幌の侍プリン、むちゃウマ。

で、先日のピックアップブロガーのコメントで、
昔の日記のことについて書いてくれた方がいて、
はて、その頃のわたしは何をしてたのかしら?と、
ブログ以前の過去日記のログを見ていたら、
昔も変わらぬ、わたくしのおバカぶり。すごいわ。

恥を忍んで載せてみますが、
ちなみに、節約のことをしつこく書いているのは、
この日の前日、
無知なわたくしが、うっかりDVDを日本のアマゾンに注文してしまい、
ブラジル税関より、15000円の商品に対して23000円の税金を徴収されるという
憂き目にあった後遺症のゆえだと思われます。

2005年5月12日の日記、ではどうぞ。

--------------------------------------------------------



まことにインケツな出費ネタで恐縮しておりますひーでございます。 
普通ならここで、「節約、節約・・」と、念仏のひとつでも唱えたいところですが、
何を隠そうワタクシ、「節約」という言葉には、拒絶反応を示すタチ。 
 
せっせと、次に行うべき楽しいお買物に思いを馳せております。 
 
これこそ元気のミナモト。 
ツマは輝ける太陽であれ。 
カネは天下のまわシもの。あれっ? 
 
しかしうっかり者のワタクシは、オットの前でついこのことを口走ってしまい、 
「預金凍結」との宣言を受けたのでありました。 
ごめんよぉ~~ゼニ使わせてくれよぉ~~ 

昨日の朝ごはん
e0028810_10365328.jpg 










ハデ派手なクロスで明るい食卓を演出。せざるをえない


昨日の昼ごはん(byプレッタ)
e0028810_10374658.jpg  















ひさしぶりに昼食を作ったプレッタさんは張り切っていたようだ 
 

昨日の晩ごはん
e0028810_9185939.jpg

 
 









あのね。見せびらかしたかったの。 
だからわざわざフラッシュまでたいて撮ってみたの。笑 



------------------------------------------------------------



↑牛肉薄切り技を得意げに披露したり、
ほんと若気の至りとはこのことよねぇ。(タメイキ)

でも、ひさしぶりにぷれ吉の昼ごはんを見て、
家庭ブラゴハ、作りたくなってきました。




↑ いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2010-05-12 09:37 | ブラジルだぁ*2003~2006

ラタトゥイユ? Filet de peixe grelhado com Ratatouille 


e0028810_10195926.jpg















何気なくブラゴハカテゴリにしておりますが、
ラタトゥイユと言えば、南仏料理。

どうしよ。

実は、南フランスの風情とは程遠いぴらぽの町の、
小さなパン屋でこのお料理に遭遇したことがあるんですのよ。

ふだんはお惣菜など置いてあることのない、そのパン屋のショーケースに、
ある日、地味な色合いの野菜料理のパック詰めが並んでいて、
あら珍しいと買って、食べてみて気がついた。
これって、ひょっとしてラタトゥイユ?

考えてみれば、これに使われているお野菜は、ブラジルでも手に入るものだし、
オリーブオイルも、よく野菜に回しかけて食べてるし、
ブラジルのトマトは青っぽくて味もそっけないけど、
作れないことはない。

いやそれは、ラタトゥイユのつもりではなく、
単にパン屋のおばさんが、残り野菜でちゃっちゃと作ったおかずだったかもしれない。

今回はハーブをまぶしてオリーブオイルで焼いたお魚に添えて食べました。


ああ、爽やかなニースの風が~~


って、やっぱりブラジルに近付かないねぇ。涙




↑ ふりかけたハーブがプロバンス。
by hi-sukesan | 2010-05-10 11:04 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧