<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Abacaxi assado アバカシ・アサード



e0028810_5294032.jpg



あまりの単純さに、タイトルに日本名書かなかったけれど、
Abacaxi assadoは、

パイナップルの焼いたの

ということでございます。

ええ、そのまんまでございます。
今日のデザートは、パイナップル焼いただけの。 そしてシナモンかけただけの。

もちろん、わたくしブラジルで、
何度もシュハスコを食べたのですが、

これだけは断じて手を出さんぞ!

とココロに決めていたものがあって、
それが、

バナナのフライ(必ずあるんだよねコレ)と、
パイナップルの焼いたの、でございました。




カピバラは食べたんだけどね。 



↑さりげなく書いとりますが。


それで先日、お友だちから丸ごとパイナップルをいただいたので、
焼いてみよう!と、突然思い立ったのでございます。

元々わたくしは、酢豚のパイナップルが大歓迎なおひと、

なんでシュハスコのパイナップルを遠ざけてたんだろ、

美味しいわん♪

生のパイナップルの繊維感が消えて、
歯ざわりもまろやか、甘みも増し、
それにまたシナモンが合うのねぇ。

何でもやっぱり、食べてみるもんでございますわ。




↑でもやっぱり、バナナのフライは。。
by hi-sukesan | 2009-10-29 05:49 | ブラジルゴハン

パウミット?のピザ 


e0028810_511638.jpg


週末、近所の八百屋をのぞいたら、
名前は忘れたんだけど、細い小さな竹の子が売っていて、
それ見てたら、無性にパウミットが食べたくなった。

パウミット Palmito

それはブラジルでは、ポピュラーな食材。
(瓶詰めでしか見たことないんだけど)

椰子の新芽であるからして、
それはまるで、竹の子のようなもの。

でね。

わたくし、忘れもしません。

いっちゃん最初に、オットとふたりだけで、
ぴらぽのBARに行ってみたとき、
メニューに書いてある料理が何のことだかさっぱりわからず、

でもなんだか天啓がひらめいて、
メニューの最初のほうに書いてあったPalmitoが、
チーズのことだと確信しちゃったのよ。

オットにも「これはチーズだ!つまみになる!間違いない!」

なんて断言しちゃって、頼んで出てきたものがさ、、



ぶつ切りの竹の子の 山盛り



ひとって、ほんとに驚くと、目が点になるのねぇ。

天啓、大誤算。


あのときのことは一生忘れないわ。

というわけで、忘れずにいたパウミット、
ブラジルではピザにもよく乗っかっているので、
今回はその竹の子を乗せたピザを作りました。

食感もよろしく、なかなかイケます。



↑竹の子ピザは誰も作っていまい。笑
by hi-sukesan | 2009-10-27 05:27 | ブラジルゴハン

日曜市で買った絵 Pintura


e0028810_10123950.jpg


力尽きたと思われていた「カワイイモノ」カテゴリでございますが、
ありましたありました玄関に。

絵でございます。

これは、ミナス州の州都ベロ・オリゾンチの
日曜市で買ったもの。

公園には膨大な数の出店が並び、
田舎から出てきたわたしは、
目を回してその場にへたり込みそうだったのをよく覚えています。

そうそう、写真がありました。

e0028810_1032475.jpg


キャプションにあるとおり、
まさに絵画からパンツまで。笑

そんな中に、ひとりぼさっと木陰に佇んで、
自分の描いた絵を売っていたおっさんがいました。

髭を生やした、その豪快な風貌の割には
可愛い絵を書くもんだと思ったわたくしは、
冷やかし半分に、この絵いくら?と聞いたところ、

20へアイス。

20へアイスって、

ちょっと奥さま、この絵、800円ですってよ。
日本じゃ、額も買えませんことよ。

オレが描いたんだよ、と嬉しそうに話すおっさんは
まるまんま素人の風情だったけれど、
その人柄が絵に表れているような感じがして、

そして、わたしの腕に、
この絵は抱えられていたのでありました。



↑あのおじさんはまだ
この画風なんだろうか。

by hi-sukesan | 2009-10-25 10:50 | ブラジルカワイイモノ

今日の朝ごはん Frango com Quiabo


e0028810_732237.jpg


昨日の残りものの鶏とオクラの煮込み(ミナス名物)と
十六穀米、マッシュポテトで朝ごはん。

ブラジルではワンプレートごはんが基本。
おうちでも、みんなそれぞれ、気軽に鍋から料理を取って、
お皿に盛りつけます。

このねぇ、
煮込み料理の汁が
ごはんにも、サラダにも、もちろんマッシュポテトにも沁み込んで
それがもう、たまらんの。

そんなこと思いながら、PC見てたら、


来たよ来た来たおかあちゃん。

ディスカウントマイルだ、
さっそく予約しちゃったよ~ ←オットが寝てる間に、だ。笑



↑いよいよ、来年、行きます。

by hi-sukesan | 2009-10-22 07:52 | ブラジルゴハン

死ぬ前に食べたいもの。


e0028810_5284370.jpg


実家であわてて撮ったので、
ちょっと写真がブレとりますが、

これがわたしの大好きなうどん。
実家近くの、「たつみや」のうどん。

麺は、香川のひとが食べたら
卒倒しそうな腰のなさ。
でもこれが大阪のうどんの麺なんだよねぇ。美味し。

何よりダシが素晴らしい。

このうどん屋さんは、商店街の中にあるんだけど、
商店街の入口付近には、もうダシの匂いがぷんぷん漂っております。
そしてひとは、必ずその発生源を探したくなる、はず。

てか、この店知らない地元民は、まずいないんだけどね。


今回はきばって天ぷらうどんを買いましたが
(立ち食いうどん屋さんなので、毎回持ち帰り)
ふだんは「すうどん」でございます。
値段はほとんどが200円台。

死ぬ前に何を食べたい?
と聞かれたら、ちょっと迷って、
最後にわたしはきっとこれを選ぶ。

うーん、安い人生だ。笑




↑ぼちぼち、ブラジルゴハンに戻ります。

by hi-sukesan | 2009-10-20 05:46 | 日本でいろいろ

ハムコーンマヨパン♪


e0028810_5492813.jpg


先日作ったシナモンロールの生地が、とても気に入ったらしいオット、
今度はマヨネーズもので頼む、ということで
作ってみましたハムコーンマヨパン。

でも甘系パンの生地でおかずパン、っていうのは
ちょっと物足りない感じで、
塩気がもう少し欲しかったな。


さて、おかげさまで風邪も治まり、
ちょいと今日から大阪に帰ります。 けっこう久しぶりなのでございます。

実家関連の用事があるからなんだけど、
気になるお店もあったりして、

うーん行けるかな。飲めるかな。笑




↑ブラジルオオサカヒロシマ。まとまらないブログ。まとまらないわたくし。

by hi-sukesan | 2009-10-16 06:24 | 日本のごはん

ポルチーニ茸のリゾット Risoto do cogumelo


e0028810_4595180.jpg


えっと、

またもやごはんもの、リゾット。

ポルトガル語ではrisoto、あるいはrisotto、
ヒソットと読みます。


え?あんたこれ、イタリア料理じゃなくて?


きのこは、ブラジルでは手に入れやすい食材じゃないし、

乾燥ポルチーニはイタリア産だったりして、、あらららま、


。。。


ブラジルに話を持っていこうとしても
ちっとも近づきませんわ。笑


実は、ここんとこの朝晩の急な冷え込みに
すっかり体調が狂ってしまい、
おノドは痛いわ、鼻水はたれるわ、、

で、なんとなく思い出したのが、
ぴらぽの風呂屋イタリアン。

↑内装が風呂屋を彷彿とさせるタイル張り。
あ、なんで思い出したのか、わかった。
これは今、誰かに何かを作ってもらいたいという
わたしのココロの奥底の願望が現われているのだな。



昔、日本からの荷物に紛れ込んでいた、
乾燥ポルチーニ茸の使い方がわからずに、
おやじに「これどうやって使ったらいいの」と聞いたところ、

イタリア料理屋をやってるくらいだから、
イタリア系のブラジル人なんだろうおやじが、

作ってくれたのが、コレでした。

風邪っぴきにラザニアはさすがにキツく、
今回はリゾットを作りましたが、

おやじ直伝のとおりに、白いワインでもどしたポルチーニ茸と
そのもどし汁で作ったヒソットは、
とても秋らしい味わいで美味しかったです。




↑毎朝見てるブラジル人のための日本語講座、
たいへんポルトガル語の勉強にもなりますが、
例文が、これってどうよ感満載。
って、クリックに何にも関係ない話じゃん。笑

by hi-sukesan | 2009-10-14 06:05 | ブラジルゴハン

栗ごはん♪


e0028810_6564117.jpg


松茸ごはんの次は栗ごはんじゃ~
と、ひとり息巻くオット。

なんでそんなにごはんに熱い。笑

ブラジルゴハンという、遥か彼方のゴハンを
毎日作っているわけではもちろんなくて、

ふだんはなるべく地産地消を心がけた、地味めしのわが家。

週末お買い物に出かけているのがココでございます。

朝一番に駆けつけております。
今回の栗も、お漬物もここでGET。

ブラジルにまた行きたいと思っているわたくしですが、
道の駅めぐりも捨て難かったりするのね。
(↑極端な嗜好)



↑お休みのところすみません。
by hi-sukesan | 2009-10-12 07:19 | 日本のごはん

ブラジル100均事情


e0028810_7422085.jpg


このブログ、名前にカワイイモノを謳いつつ、

どこがカワイイのかゆうてみぃ!

とゆーようなものを載せるばかりか、

今日の写真はモノトーン
下に見えるのは、引っ越しの名残のブラジルダンボールで 
上に置いてみたのは、ブラジル100均で買った容器。

ほんと、いい加減にしなくちゃね。すみません。

で、ブラジルの100均なんですけどね、
あるんですよ、これが。
1ヘアルショップとか0,98ヘアルショップとかいうのが
ぴらぽの町にもゴロゴロあったの。

1ヘアルというのは、その頃40円ぐらいだったから
日本の感覚で言えば、安い!!てなもんだけど、
ブラジルのひとからすれば、ちょいとお高め感覚。

おまけに日本のように、
たくさんの種類のものが細々並ぶイメージじゃなくて

少ない種類で棚を埋める

っていうお気楽商法、
これで流行れば苦労はございません。笑

でも、田舎町でのお買い物は、
どこの店行っても店員さんが寄ってくるので、
ゆっくりひとりで商品を見て回れる1ヘアルショップは
お買い物欲を満たすのに貴重な場所でありました。

あ、左に写っている缶は、スキムミルクの缶で
100均商品ではございませんが、
ウシ柄がカワイイといえばカワイイです。
(でも、よく見えないね。すみません。)



↑↑オットとちょいとした口ゲンカ。
「ブラジルゴハンとカワイイモノ」じゃなくて
「ブラジルゴハンとニクタラシイヤツ」に名前を変えろと言いたれられた。
きーっ。 

by hi-sukesan | 2009-10-09 05:59 | ブラジルカワイイモノ

基本のゴハン Arroz       (10/8 訂正あり)


e0028810_574526.jpg


ブラジルゴハンをUPし出してから早半年、
けっこういろいろなものを作ったよなぁ、
未だに、まともに作れないものもあるけどなぁ、ブラジルフランスパンだよ

と思っていたら、
わたくしよりもブラジル中を回って食べている男、オットが、

「チミはブラジルゴハンの、
基本中の基本をまだ載せてない」

と言う。

それって何よ?と聞くと、

「油ごはんじゃ。」



おおおっ。
それは鋭い指摘。

油ごはんというのは もちろんオットの造語で
             (↑わたしの勘違いでした~オットから「日系のひとがそう呼んでいた」との指摘あり)
米を油で炒めて、そのあとに炊く、とゆーか煮る
ブラジルのごはんの炊き方から来ております。
(もちろんブラジルでは普通にarrozと言います)

ブラジルの米は言うまでもなく長粒米。
この米をやっぱり、日本のふっくら米と同様には扱ってはいかんのどす。

さてその基本中の基本の、
ブラジルごはんの炊き方。

鍋に油を入れ、さっと洗ってザルに上げておいた米を炒めます。
(このときに、みじん切りのニンニク、
玉ねぎやら人参やらを一緒に炒めることも多いです)
ちょっと透き通る感じになったら、水を注ぎ、
塩を入れて、フタをせずに煮始めます。
そのままぐつぐつと煮、水が少なくなってきたらフタをして、
(まだ米が固いようなら湯を足して煮続ける)
水がほとんどなくなるまで煮ます。
火を止めて蒸らせば出来上がり。


そういえば、最初の最初に、ぴらぽの町にたどり着き、
そこで待ち構えていた主任メイドのぷれ吉が、
このごはんを出してくれたとき、

思わずお茶漬けを作ってしまい 
油が浮いて涙が出そうになったけど勢いで食べてしまって
美味しかったぁと感動した、倒錯した自分を思い出します。

リオも遠いけど、ぴらぽの町は比べものにならないほど遠く、
ほんとに疲れていたんだねぇ、わたしったら。笑




↑お帰りの際にはこちらをおひとつ。


by hi-sukesan | 2009-10-06 05:43 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧