<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

フェジョンでお昼ごはん Feijao

e0028810_1375637.jpg


今日のお昼ごはん。
冷凍してあった、カリオキンニャ(茶色の豆よ。こちらを見てね。
で作ったフェジョン、
(豆のことをポルトガル語でこう言うけど、この料理の名前も通称フェジョンなの。
それだけ代表的な料理ってことなのね)

コーヴィ(ケールのこと)の代わりに小松菜を使った青菜炒め、
そしてソーセージ、そして米。

ちょっとづつ何かがズレてるけど(日本だもの)
豆、米、肉のブラジル基本セットがそろったような。。

さて、ブラジルでよく食べられるフェジョンというのは
日本でいうインゲン豆のことで、
白、茶、黒などいろいろな種類があるのだけれど、
一般的にフェイジョアーダという肉とともに煮込んだ料理は黒豆、
そのほかは、ここで使った茶色の豆がよく使われますのよ。

最初、このフェジョンと呼ばれる料理を見たとき、

「これはお汁粉ではないのっ。なぜごはんにかけるのっ」

と、日本人のDNAに突き動かされて目くじらを立てたわたくしも、
何年かたてば、日本で食べるお汁粉に、

「なぜごはんがついとらんのっ。なんで甘いのっ。」

と目くじらを立てるようになりました。笑
それほどこの豆料理に洗脳されてしまったわけですのね。

というわけで、このフェジョンの作りかた。

豆を煮て、そこにニンニクのすりおろしと塩を入れて味つけ。
(豆の煮汁は捨てないでね。これが肝心なの。
ちょっと豆崩して、ドロドロに、、と言ってもわたしはあんまり
ドロドロが好きではないので、写真くらいで。)

いやま、炒めた玉ねぎを入れるとか、
各家庭にそれぞれ作りかたはあるみたいなんだけど、
一昨年の旅行中、盟友マリアシルビア奥さまんちで食べたフェジョンは
このようにシンプル。(

シンプルなものって飽きないなぁ
そういえば玉子かけと言えば醤油だし、、

と、マリアシルビア奥様には決してわからない理屈を唱えつつ、
わたしは毎日フェジョンを食べすすんだのでした。

そうそう、余談ですが、
このようなブラジル料理には理屈ぬきに
炭酸飲料が合います。
今日はついつい秘蔵のガラナジュース(直輸入もの)を開けてしまいました。

ぷっはーーっ。




↑ビールでもよかったのだが。

by hi-sukesan | 2009-04-30 14:00 | ブラジルゴハン

懐深いポンテケージョ

e0028810_785114.jpg


うーむ。

簡単に出来てしまったぜポンテケージョ。 ←お気づきでしょうか、和製読みになっとります

↓昨日のレシピのところの

マンジョッカ芋を
片栗粉に、

オーブン190℃で20分のところを、

オーブントースターのピザモードでほんのり色づくまで
(オーブントースターはあらかじめ熱しておいてね)

に代えても出来ちゃった。

てか、日本人にはこのほうが合うような気がする。
生地もなめらかだし。

しち難しく語られることの多いパン作りだけど、
このパン作るのに面倒なことはいらない。
それがなんだかブラジルの懐深さを思い出させてくれるなぁ。



↑爪楊枝添えたら、なんだかキビ団子に見えなくもない。笑


<ブラジル豆ニュース>
赤ちゃんのときフランスに養女に出された娘が、ブラジルの生母と感動の再会。
生母は「貧しくて育てられなかった」と涙ぐむ。
生母、現在14人の子持ち+妊娠中。
ふーむ。

by hi-sukesan | 2009-04-28 07:25 | ブラジルゴハン

本場ポンジケージョレシピ Pao de Queijo

e0028810_914594.jpg


レシピ、やっとこさUPさせていただきます~
(何年たつんだ、ブラジルで習ってから。^^;)

ちなみに現地では計量グッズを何ひとつ使わずに作ったので
当時の写真から推測してレシピをおこしました。

んで、またちなみに、このパンに使うチーズのことですが、
現地では本場ミナスチーズを、
一週間冷蔵庫で寝かせて硬くなったところを削って使うのよ!!
という、 日系Mさんちのメイドさんの力強いお言葉がありましたが、
まず日本では手に入らないので、
ふつうの粉チーズ使いました。
(この時点で本場とかなりズレてますなぁ。すみません。)

本場ポンジケージョ(ポンデケージョ)レシピは
*コチラをごらんください*

e0028810_9441186.jpg
マンジョッカ芋の粉 Polvilho Doce は→
ブラジル食品の店、通販などでお求めください。

そんなのめんどくさいわ
とおっしゃるそこのあなたは
次回のひーすけ大実験にご期待ください。


このパンは作るのに手間がかからないので
食べたいときにさっと作って、焼きたてを食べたいものでございます。



↑カテゴリー別(レシピ部門)、なんかエライところまで来とりますが。

by hi-sukesan | 2009-04-27 10:00 | ブラジルゴハン

本家ポンジケージョ Pao de Queijo

e0028810_549625.jpg


次なるブラジルゴハンは
本家ポンジケージョ。

というのも、わたしの住んでいたミナスジェライス州は
ミナスチーズの産地でもあり、ポンジケージョの本場なので
こう書かせていただいたのですが、

しかし、本場で習ったポンジケージョの作り方、
100個ぶんなのよ、これが。

ちょっとレシピ、起し直ししておりますので
楽しみにお待ちくださいね。(←今までレシピを教えてリクエストNO1なの)

で、マンジョッカ芋の粉がない場合、
じゃがいもの粉でやったらどうなるんだろ?
ということも併せて実験予定でございます。



↑予告編にも貼り付けってどうよ。笑

by hi-sukesan | 2009-04-23 05:55 | ブラジルゴハン

2つのクラブのキーホルダー

e0028810_4465116.jpg


省エネブログ2日目は
わからんひとには全く良さがわからんであろうキーホルダー。
(わたしにもようわからん。笑)

これは、サッカー大国ブラジルの、
ちょっとマイナーなミナスジェライス州の二大サッカークラブ、
アトレチコ・ミネイロと
クルゼイロのキーホルダーですの。

あ、でもクルゼイロには、かの有名な
ロナウドも在籍しておりましたのよ。

今をときめくクリスティアーノ・ロナウドじゃなくて、
走るビッグタンク、ブラジルのロナウド。

ブラジルに行った当初にこれをもらったのだけれど、
そのときに聞かれたのが、
「アンタは、どっちが好き?」
だった。

・・・・??

今から考えれば、それはあーた、
今日本に着いたばかりの外人に
「ところでアンタは、巨人と阪神のどっちが好き?」
って聞くようなもん。

でも、ブラジル人のサッカー愛、郷土愛を
最初に感じさせてくれたのが
このキーホルダーだったのかもしれないなぁ。




↑マイナーだけど上昇中。
ありがとうござります。

by hi-sukesan | 2009-04-22 05:20 | ブラジルカワイイモノ

今週はお仕事モード。

e0028810_575744.jpg


うちの現在のテーブルの上。
コップも葉書もビンもブラジルモノで、
国産といえば、、
ビンの中のアーモンドキャラメル。
美味し。

ちょいと今週だけ、お仕事することになったので、
写真だけ撮って載せちゃうエコブログになりそう。(自分エコ)

なかなか器用にこなせませんわ。



↑ああでもコレつけちゃう
強欲な自分がイヤ。笑
いつもありがとうございます。一面です。

by hi-sukesan | 2009-04-21 05:30 | ブラジルカワイイモノ

ムケッカに付きもの・ピロン Pirao

e0028810_8251100.jpg


さて、昨日のムケッカといえば、
ピロンなのでございます。

はいはい、正しい発音は

ピロぉン

ですのよ。
鼻から息抜いてくださいね。

で、このピロンは何か不思議なのでございます。
だって、ムケッカにいつもくっついて出てくるわりには、
その効用がわからない。

ムケッカの汁をマンジョッカ芋の粉でとろみをつけたピロン、
味がほとんど一緒。

一説には、ムケッカに似たブラジルの鍋ものの
〆として粉を入れたところからこうなったって話もあるけど、
うーむ、どうもよくわからん。
うどんならわかるけど粉とはねぇ。

ぴらぽで食べたムケッカにもしっかりついておりました。
e0028810_8401863.jpg


追記・プレッタさん式ムケッカの作り方、
ここ*にありましたっす。



ああもぉ、一面がそこに


<ブラジルひとことニュース>
サンパウロで、公務員の空き人員募集に応募の人の列が2km。
何の列だかわからずに並んでいるひとも。

by hi-sukesan | 2009-04-18 08:51 | ブラジルゴハン

ムケッカ Moqueca

e0028810_8241586.jpg

これはバイーア地方のお料理、
海鮮煮込みとでも申しましょうか、
言ってみればブラジル版ブイヤベースでございます。

海のものが美味しいところには
メニューに必ずあるというほど、
ブラジルではポピュラーなお料理ですが、

ついでに言えば、海のない、わが町ぴらぽでも


なまずのムケッカ


が、ございました。
川のめぐみね。


海のもののだしとトマトの酸味、
そしてココナッツミルクのまろやかさ、
まさに三位一体となった美味しさでございます。

しかし、バイーア料理と言って
まず思い出さないといけないのはこれでございましょう。

e0028810_8245038.jpg


右は、ブラジルではよく使われるコランチ(赤い粉ーパプリカみたいなもの)ですが、
問題は左の油。

こんな真ピンクな油、
わたしは生きてて見たことがなかった。

なんでこんなとこに赤チンが

と思っておりました。

でもこのヤシの油(Oleo de Dende デンデ油ー一昨年ブラジルから持って帰ってきました)
ブラジルの北部(熱い地域)ではかなりフツウに使われる油です。


入れすぎると、胃がもたれます。


日本では相当手に入りにくいものなので
使わなくても大丈夫といえば大丈夫ですが、
やっぱり使うと、お料理がブラジルっぽくなります。



今日はなんだか断言調だ。

新コーナー
<ブラジルひとことびっくりニュース>
週末、サンパウロに入る車の渋滞が246kmに。

by hi-sukesan | 2009-04-17 08:54 | ブラジルゴハン

ブラジル・ビーサンといえば Havaianas

e0028810_10344741.jpg


ブラジルの世界的に有名なビーチサンダルブランドHavaianasを
ブラジルモノとして挙げないわけにはいけない。
と、なぜか今朝、思い立ちましたのよ。
カワイイかどうかは別にして。(←今日も最初から白旗だい。苦笑)

国民グツというものがあるとするならば
ブラジルは絶対にこれ!と断言したいくらい
どこにでも売ってるし誰でも履いてるアヴァイアーナス。

そのラインナップは
シンプルなものと派手にデザインされた柄ものとに分かれておりますが、
あの派手ガラものは、ちょっと日本で履くのはキビしいような。
浜辺ならまだ何とかなっても、京都の町屋の前は歩けまいよ。
(ひょっとして、歩いてるあなた、ごめんね)

なので、わたくしのHavaianasコレクションで
今日のっけてみたのは
これ↑とこれ→。e0028810_10351739.jpg

上のシンプルな黒はベランダ用で、
右のシックなグレーの上げ底は外出用。

いやぁ、今、HavaianasのHP見たけど
←ここ)
いきなりトップに出てる
ビーサンがゴージャスねぇ。

でもわたしのもスゴイのよ。
キラリと光っているのが
あなたこれ
スワロフスキー。

ビーサンにスワロフスキーって、
ちょっと砂にまみれてどうよ
ってな感じもするけど、
ああ、これひとつで、
お金持ち気分になってしまうわたくしは
人間として値が安い。笑

元々は、その昔、海を渡ってブラジルにやってきた、
日系人が履いていた草履をヒントに作られたというビーチサンダル。
なんかその歴史を考えると、
軽いサンダルなのに、重いわねぇ。




↑カワイイものはこっちにいっぱいあるのさ。笑
by hi-sukesan | 2009-04-16 11:34 | ブラジルカワイイモノ

ブラジル式フランスパン、とりあえずultimo

e0028810_14225145.jpg


怒涛のパン作り
怒涛の更新でございます。

昨日、オットから思わぬクレームがつきまして、

「ひーちゃん、気泡がないのは違うパンやで。
このパンは中身がスカスカでないと。」

そういえば、中がスカスカだからこそ
中にはさんだ具のソースなんかが沁みこんで
挙句にぼたぼた漏れたりなんかしてたんだっけ。

ああそうだった。
わたしったらウロ覚えねぇ。 人生もウロ覚え

そうして今日は気泡を作るべく
またもや100%薄力粉で格闘してみましたが、
なかなかスカスカにはならないもんどすなぁ。

思い出したのは、このパンの欠点が、
外がパリっと、中がふんわりの余波で
切るときに必ずつぶれてしまうこと。
バゲットのように細くないしね。
心配してたら、案の定こんなふうになってしまいました。

でも生イーストの風味は、インスタントにくらべて格段と良かったし、
味はたいへんによろしくて、

まあ、今日はこれくらいにしといたろ

と、何だか
昔日の新喜劇のような捨て台詞で終わるのでございました。




↑2面を上昇中。みなさま、ありがとござります。
by hi-sukesan | 2009-04-14 14:42 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧