<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

みなさま、良いお年を☆

e0028810_14431917.jpg


少し早いご挨拶になりますが、

みなさま、今年一年、ブログを読んでくださり、またコメントをいただき
本当にありがとうございました。


ブラジル旅行以外は、だれ気味の毎日が続き、
心も身体もブログも、ユルみっぱなしの一年でございましたが、 

たいした病気もせずストレスもたまらず(たまるワケがない)

それはそれなりにシアワセな一年であったなぁと、しみじみ思う今日この頃でございます。

それもこれもみなさまのおかげ、
わたくしの体内時計が止まってるおかげ。笑 (体内脂肪は増えておりますが)

あ、でも、来年はもうちょいとパワー出してみたいな。(野望)


みなさま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
                 
by hi-sukesan | 2007-12-28 15:04 | お知らせ

豆料理Tutu、とりあえずクリスマス

e0028810_1532446.jpg


写真↑は、ペドロ・レオポルドのジェラウドさんの実家でいただいたお昼ごはん。
カシャッサ(ピンガともいうブラジルの蒸留酒)で煮た豚肉と、
茶色のどろどろしたものは、カレーではなくて
豆をつぶしたTutuというお料理。
これまたたいへん美味しいお昼ごはんでございました。

そういえば、今回の旅に出してもらうときにオットから、

「ブラジルに行ったら、たくさんの美味しいブラジル家庭料理を習ってきて、
帰ってきたら、ボクのためにどんどん美味しいブラジル料理を作るように」

とキツく言われておりましたのに、

何ひとつ、
未だに作っておりません。

うちのオットはこの季節になると、
必ず、ユーミンの「恋人はサンタクロース」をもじって、

恋人はさんざん苦労する~~っ♪

と、わたくしに歌って聞かせてくれるのですが、

オットになっても苦労し続けるオットですのよ、
ほんとにお気の毒。 ←他人事だい。


------------------------------------------------

ああ、ブラジル旅日記、
年を越しての完結になりそうでございます。
みなさま、呆れず見捨てず
来年もどうぞおつきあいくださいませ。
by hi-sukesan | 2007-12-25 16:03 | ブラジルだぁ*2007

旅行記はひと休み、ブラジル料理の昼餉とプレッタ

e0028810_12595511.jpg


先日、ポルトガル語のマルシオ先生と、彼のパートナーであるY子さんが
我が家にいらっしゃいました。
来日して35年にもなるマルシオ先生ったら、最近かなり多忙のせいかお疲れ気味なので、
懐かしのブラジル料理でもてなすことにしましたのよ。

写真はaperitivos(前菜)ー
おなじみのFeijao Toropeiro(豆の炒めもの)やら、
Bolinha de Bacalhau(干し鱈のコロッケ)、Coxinha(鶏のコロッケ)やら、
Couve(ケールの葉)やらBeterraba(ビーツ)やら。

あ、右下のパン(これはお取り寄せ品)はただのフランスパンじゃなくて
ブラジルのPao Frances(って、意味はフランスパンなんだけどね)、
皮が柔らかいのでナイフで切るのが一苦労な代物でございます。
このときにも手でべりべりやってきただきましたわ、ブラジル料理はワイルドに。

食卓はクリスマスを、ほーんの少し意識して赤と緑に。。

あ、そういえばクリスマスで思い出した、

実はこの日の朝、
あのぷれ吉から電話がありまして、
それは私が送ったクリスマスプレゼントが届いたよありがとう~という、お礼の電話だったのですが、

開口一番、彼女が言った言葉と言えば、

「ヒロぅコぅ~、もうビール飲んでるぅ~?」

 

朝やっちゅーねん。

おまけにビールはあんたやろっちゅーねん。


ちなみに私が送ったプレゼントはカレー粉。
すごく喜んでくれたみたいで良かったです。
by hi-sukesan | 2007-12-19 13:35 | 日本でいろいろ

Tempero  テンペロ

e0028810_1031377.jpg


ここしばらく、旅行記の名を借りた小ネタ日記を書き綴っておりましたら、
君はいったい何をしにブラジルに行ってきたんじゃという、
だいぶ私には都合の悪い声が聞こえてきましたので、  (すんまへん旦さん、ネタ探しに行ってました)
今日はお料理関係のことを。

↑写真は、マリアシルビアさんのご主人ジェラウドさんの
実家のメイドさんに教えてもらったTempero(調味料の意)を
日本に帰ってきてから作ってみました写真。

このTemperoは、「Tempero de casa」として、
ブラジルのスーパーではふつうに売られているものなのですが、
このお宅の、ジェラウドさんのお姉さんとメイドさんの話によれば、
たいへん味がキツイのでうちで作ったほうが良いとのことでございました。

ブラジルの油炒めごはんを作るときや、その他各種炒めもの煮物になど
オールラウンドに使えるものだということで、これはぜひ私も覚えたい!と申しましたところ、
メイドさん、さっそく実演してくださいましたのよ。

作り方は簡単。

e0028810_10315421.jpg



さてみなさま、塩の文字の大きさに気付いていただけましたでしょうか。

分量、玉ねぎ小3個、ニンニク500gに対して

塩 1,5キロ! でございます。



先ほどの市販品はキツイというお言葉の意味がようわかりませんが。。

保存期間約1年。
「ダイ○ョーの塩こしょう」感覚で、
量控え目に使うのがコツでございます。

ちなみに、わたしが作ったのは
玉ねぎ1個
ニンニク250g (日本のニンニクは高いので、瓶詰めのすりおろしにんにくを使いました)
塩 500g

旦さん、ちょっと血圧高いの。
by hi-sukesan | 2007-12-17 11:08 | ブラジルゴハン

ベロの悲しい思い出。

e0028810_10151298.jpg


↑ミナスジェライス州都ベロオリゾンチ(ペドロ・レオポルドからバスで1時間)に住む、
マリアシルビアのお姉さん宅を訪問、
お昼ごはん(ビーフストロガノフ)をご馳走になりました。
右のビールは、そのとき1本だけお姉さんちにあったもので、
マリアシルビアの、「ヒローコぅ、あんたまたビール」という
呆れた視線を無視しつついただいたものですが、

これがえらいことマズイ。 だから残ってたのね。

マズイとあからさまに言うのは好きじゃないんだけど、
甘い、砂糖の入ったようなビールを飲んで、あたしゃ悲しかった。
ああ、愛するBRAHMA社ちゃん、この緑缶Malzbierはいけないよ。涙


で、
何度かぴらぽの町にも遊びにきているマリアシルビアのお姉さんたちとは
もう旧知の仲で、その子供たちとも仲良し、

e0028810_10154258.jpg


、、と言っても、
この大きいほうの男の子にはけっこう泣かされていますのよ、
わたくし大のおばさんだってのに。

e0028810_10152734.jpg

大都会のベロオリゾンチ(お姉さんちの窓より撮影)は、
1週間、超のつくド田舎で修行(なんのじゃ?)していたわたしには
まぶしいものがいっぱい!で、

みんなで出かけたショッピングセンターのフードコートでも、

「マクドやんハーゲンダッツやん、ああ、寿司もあるやん!」

と、少々興奮気味でございましたが、
思いきって買った
e0028810_10155782.jpg


これに、ヤツは、ヤツは、、
(ああ、思い出しても声が震えるぜ。笑)


わざわざマクドナルドで入手してきた、

テリヤキソース 

をぶっかけたのでございました。 まんべんなく

(おまけにふたつ食べられたの。美味しいじゃんって。)

あたしゃあんとき、ほんとに目の前が真っ暗に。

     今日も悲しくセコい話ですんまそん。
by hi-sukesan | 2007-12-14 11:24 | ブラジルだぁ*2007

ぴらぽ思い出のおやじ・その後

e0028810_13193332.jpg


↑ぴらぽの次に行った、マリアシルビアさんの実家のあるペドロ・レオポルドという町の
ホテルで食べた朝食。
このソーセージsalsichaのトマトソース煮は、
ミナスにある中級クラスのホテルの朝食には必ず置いてあるもののようなんだけど、
なんたって私は、スクランブルエッグにこのソースをかけつつ、
パンもじるじる浸しつつ食べるのが大好き。


さて、まだ何かネタがあったような気がしつつ、
そろそろ旅日記を、ぴらぽの町からこのペドロ・レオポルドの町へと
舞台を移そうかと思っておりましたが、


忘れてましたわ。

わたくしの駐ツマ生活を華々しく彩ってくれた、
3人のおやじのことを書くのを。

ああ、あのおやじたちは今!!



ああ、
アレサ・フランクリン似の奥様と駆け落ちをし、
流れ流れてぴらぽにやってきた(風の噂)、
ご存知ぴらぽでただ一人の風呂屋イタリアンシェフおやじ(





店とともに、消えておりました。   


 何処へ~涙 



そして、週末、
わたしたち夫婦が、必ず午後の3時間を飲んだくれて過ごしておりました、
行きつけのBARのおやじ(

このおやじの姿を滞在中一度も見かけなかったので、店の女主人に聞きましたところ、



「ありゃダメだ。今頃もどこかで飲んだくれてるよ。ありゃぁダメだ」


と、念の入った大ダメ出しをくらっておりました。

おやじ、ダメだよぉ~~ん (←本日は欽ちゃんで)



そして、忍び寄る不幸はヤだけど、
このおやじが忍び寄ってくるのは大歓迎だった、

愛するピーナッツ売りのおやじ(







亡くなられました。   合掌。


                               

ちょっと寂しいぴらぽ編の終わりでございましたわね。



そして1週間の愛するぴらぽ滞在を終えて、
マリアシルビアさんとふたり、
e0028810_1320069.jpg

長距離バスに乗り込み、ペドロ・レオポルドの町に向かったのでした。

続く。
by hi-sukesan | 2007-12-11 14:36 | ブラジルだぁ*2007

ぴらぽ小ネタ・その2

e0028810_10543632.jpg


先日のバケツに引き続き、
ほんとはこれも欲しかったシリーズ第2弾 (あとはもうない)
ぴらぽの街角で見つけたBARのテーブルと椅子。

ビールの王冠型をしたテーブルがなんとも素敵じゃあーりませんか。

でもまぁ、これを持って帰るわけにもねぇ。。


で、前回の、ぴらぽ小ネタクイズ、
正解は、

今ここではセールをしているよ!

という目印なのでございました。

ええ、ほんとはシュレッダーのゴミをぶちまけてしまっただけかもしれませんが。笑

一応この町ではこのような、
安易なのやらめんどくさいのやら、よくわからないようなお知らせ形式になっておりますのよ。

そして、
日本ではお目にかかることのできない、このようなぴらぽの様子を写した写真がまだあるので
ちょいとだけUPさせていただきますわね。

その1。

ガソリンスタンドで売られている、


e0028810_11263741.jpg



ビール各種


その2。


e0028810_11265391.jpg



枝の ぶつ切り


あ、もうひとつ、
マリアシルビアさんの実家のあるペドロ・レオポルドの町の、
特盛りごはんを先日巻頭写真にて紹介しましたが、

もちろん、ぴらぽにも

e0028810_11153344.jpg


ございます。

バラバラに分けてあるのが良心的ね。 ね?
by hi-sukesan | 2007-12-07 11:36 | ブラジルだぁ*2007

aperitivosと、ぴらぽ小ネタ

e0028810_10104416.jpg


↑お誕生日会のaperitivos(前菜)、
Bolinho de queijo(チーズのコロッケ)
Enpada de frango(鶏肉のミートパイ)
Coxinha(しずくの形をした鶏肉のコロッケ)

つまんではポイと口に放り込める一口大のおつまみ、
ブラジルではいずれもよく知られているものでございます。
作り方は次シリーズで。 ←いつのまにかシリーズ化かえ?

ではここで、
ぴらぽに実際お住まいになった方々には
天地がひっくり返るほどの驚きであるかもしれない、ぴらぽ最新事情!

あのぴらぽの町に、

e0028810_10105915.jpg


おされ カフェ が。

いやもう、この町を知らない方には、
それがどした、てな話で恐縮でございますが、
なんせこの町には、星の数ほどBARはあれど (私はそれだけあればいい)
カフェなんつー気の利いたものは、昔からこの時まで金輪際なかったのでございます。たぶん
レストランでも、お金を出してコーヒーを飲んでる人は
見かけたことがないというくらいの土地柄でございますから(やっぱりミナス人はケチなのか?)
カフェなんていうものはありえない!と思っておりました私の目の前に現れたこのカフェ!

しかし、やっぱりなのでございます。
わたくし、1週間のぴらぽ滞在中、


客ひとりも見かけたこと無し。


このカフェ、余命いくばくもなしと断言してもよござんすわ。



さて、それではここでぴらぽ小ネタクイズ、

実は以前にも少し書いたことがあるのですが、
ぴらぽの町ではある時期、
↓写真のように、店の前に紙くずがバラまかれることがありますが、
これは一体どういうことでございましょう~~
正解の方には、ぴらぽ特製絵葉書プレゼント!

e0028810_10111059.jpg


え?いらん? 
by hi-sukesan | 2007-12-04 10:45 | ブラジルだぁ*2007


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧