<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ふきのとうごはんと浅草観光

e0028810_1394633.jpg


ふきのとうをしみじみと眺めつつ、
いつもは天ぷらばかりにしてしまうので、
今日はふきのとうごはんに。

・ふきのとう5本は、刻んで(根元のところは使わない)塩水に浸しておく。
・米一合を土鍋で炊く。(塩を少々加える)
・炊きあがったら蒸らす前に、刻んだふきのとうを散らす。
・ふたをして蒸らす。


さて、春でございますねぇ。

大阪から妹と従姉妹が遊びに来ていたので
お江戸観光に行ってまいりました。

お江戸観光の王道と言えばここ。
e0028810_13104015.jpg

浅草。

あ、恥をしのんで書きますけれど、
大阪生まれ大阪育ちのわたくし、
浅草と、柴又とは
同じ場所だと思っておりましたのよ。

なんか寺があって、
なんか小さな店がずらりと並んだ参道があって、
そこには団子がたくさん売っていて、、

分別の仕方としてはやはり、寅さんがいるかいないか、か。。。

などと、つまらないことを考えながら、歩いておりましたところ、

目に飛び込んできたのが、店頭に飾られたイナセな衣装。

サイズ表示が、

e0028810_13111791.jpg


わかりやすく。


この浅草というところは、ひょっとしたら
日本のワンダーランドかもしれん。。。。
by hi-sukesan | 2007-03-28 13:46 | 日本のごはん

Pao Frances (Pao de sal) のつもりが。。

e0028810_928116.jpg


ブラジル思い出箱(ダンボール製)の中を
ごそごそ整理していたら、

ぴらぽの街角のBancaで買った
「パンの作り方」小冊子が出てきましたの。

ほほぅ。。あの中身が
すかすかの、ブラジルフランスパン(どっちやねん)、
懐かしいなぁ

と、郷愁にかられて作ってみたら、

中身みっちり。 


何がいったい違ったのかしら、

粉?

作り方?


語学力?



それにしても、
ブラジルにいたときは
e0028810_9402231.jpg

イタリアのパンや日本のパンが恋しくて
ひたすら作りまくり、

日本に帰ってきたら、ブラジルパン。

節操がないのは間違いない。
by hi-sukesan | 2007-03-22 09:44 | 日本でいろいろ

みつばと竹輪のかき揚げ

e0028810_10323587.jpg


前回、ほうれんそうに熱い思いを託してカレーを作ってみたけれど、
今回は、みつば、ですのよ。

このかき揚げはオットの大好物なので、
ココロを込めて、ばっさりと揚げてみたら、
なんだか、

みつばタワーになっちゃって。。。 (てか、藻?)

食べるのにもひと苦労で、
ああ、愛情が空回りするっていうのはこういうことをいうのね。。


で、地元の百貨店で「大京都展」が始まったので、行ってきましたの。
e0028810_10411479.jpg


ほんとにこういう催しはありがたいわ。
オットの大好物の、いづうの「鯖姿寿司」に、
わたくしの大好物の、茨木屋の「魚ぞうめん」。
それに、夢にまで見た麩まんじゅうも。。。

夢に見たというのはほんとの話で、
そのとき麩まんじゅうを売っていたおやじが、なぜだか
マギー司郎。

ついつい売り場で、そのことを思い出して吹き出しそうになってる
怪しいおばさんのわたくし。

司郎、恨むわよ。
by hi-sukesan | 2007-03-20 11:00 | 日本でいろいろ

ほうれんそうのカレーパスタ

e0028810_10255490.jpg


何年かぶりに作りました、ほうれんそうのカレー。

わたしはこれが大好きで、インド料理屋さんに行くと
はずせないメニューのうちのひとつなんだけど、

ああ、思いおこせば、あのぴらぽの町には、
インド料理屋どころか、カレー粉の存在すらなかったわ。

でも、どうしてもほうれんそうのカレーが食べたくて、秘蔵のカレー粉で
手に入らないほうれんそうの代わりに
コーヴィの葉(ケール)で作ってみたら、

葉の繊維が硬いのか、ミキサーの調子が悪いのか、
わたくしの日頃の行いが悪いのか(鉄板)
ちっともペースト状にならなくて、泣きそうになったの。

だから、日本のほうれんそうを使っての
昨日のカレー作りは、感慨もひとしおよ。

<ほうれんそうカレーの作り方>

○ほうれんそうは茹でて、適当な大きさに切り、
  ブイヨン、牛乳と一緒にミキサーで混ぜ、ほうれんそうピューレを作る。

e0028810_16514647.jpg


○フライパンに油を熱し、にんにくとしょうがのみじん切りを炒め、
  さらにカレー粉を加えて香りが出るように炒める。

○そこに、さいの目に切ったトマトを加えて炒め、ほうれんそうピューレを加えたら、
  弱火で少し煮つめ、塩、ガラムマサラ、クミンで調味する。

※昨日は別に、2時間ほど煮込んでおいた豚ヒレ肉を最後に加えました。

※お好きな方はカッテージチーズを加えて作ると、また一興。
 
※パスタにからめて食べるのが、わたしはけっこう好き。
  麺さえあればシアワセなタイプなのよ。
  
by hi-sukesan | 2007-03-15 10:54 | 日本のごはん

またもやシュハスコにて。

e0028810_9593592.jpg

筍と玉子、ニラのおうどん。

ご近所の道沿いでは桜の花も開き始め、
いやぁ、春でございますね。
こういう季節の移り変わりというのは、見事にブラジルでは味わえなかったものなので、
ちょっと心が浮き立ったりしております。
相変わらず、顔の要所要所はマヒしておりますが。(花粉症憎し)

で、週末、
またまた、例の渋谷のシュハスカリア「TUCANOS」に行ってきましたのよ。

大阪からオットのお友だちと、その仕事関係の方々がいらっしゃって、
その顔ぶれから、肉食べ放題お酒飲み放題にできるこの店がちょうど良いかと、
ご案内したわけで、

重要なのはここの飲み放題メニューに
ウォッカ があるということ。

そう、このお仕事関係の方々というのは、




e0028810_10105394.jpg



○○○ノフさんやら△△チェンコさんやら、

ま、ロシアと言えばウォッカですやん、
これで文句はございませんやろ、と思っていたら、

なんとこの方たち、みなさまウォッカ党ではないようで、
ブラジル名物カイピリンニャに舌づつみをうってらっしゃいました。

南も北も人類みな兄弟、酒に国境はなし、酒飲めばみな心安らかに

渋谷のインテルナシオナルな夜でございました。
by hi-sukesan | 2007-03-12 10:37 | 日本でいろいろ

シュハスコで食べたもの。。

e0028810_949313.jpg


アンドロメダ級1万5000円(雑誌よく見たら1万6千円)食費ショックから立ち直り、
スーパーで9000円の買い物をして、深い満足につつまれておりますわたくし。

写真は昨日の(まるで飲み屋な)晩ごはん。
帆立とアスパラのにんにくバター醤油とか、竹輪とニラの照り炒めとか、
厚揚げおろしとか、、、
9000円の名残がない

この浪費妻に対するオットの風当たりも相当ですが、
最近風の吹きすさぶ日の多いこと!
昨日朝起きてベランダ見たら、ゴミ箱が吹っ飛んで、中に入ってた
ビールの空き缶が大さんらん。

缶かき集めながら、すこーぅし、自分の飲酒を反省したりして、
あーもう、何だか毎日がぱっとしませんのよ。

そうそう、先日、ポルトガル教室にて、シュハスコの話になったとき、
わたしが

「ブラジルでは、大ネズミの肉も食べますよね~」

と、共感を求めて、マルシオ先生に言ったところ、
先生、

「なにっ?ネズミ?なにそれっ??!!サンパウロじゃそんなもん食べたことないよっ」

と、たいへん驚かれ、

「ちょっとわたし、ミゲルさん(助手のブラジル人の男の子)にも聞いてみる」

と、リオデジャネイロ出身のミゲルさんに聞いたところ

「ウソっ!ボクもそんなの食べたことがないよぉ~!」

と、教室はプチパニック。

大ネズミ(カピバラ)は、豚の肉のようでクセもなく
そんなに、ふぇーーっと言うような味でもなかったんだけど、
ありゃミナスの味だったのか?
こりゃあんまり大きな声で言わないほうがいいのかしら。。
by hi-sukesan | 2007-03-07 10:23 | 日本でいろいろ

一般家庭の食費はいったい。。

e0028810_6345781.jpg

青菜のオイスターソース炒め、とか

e0028810_6351135.jpg

ぶり大根、とか、

e0028810_6352369.jpg

かつおのたたき(薬味満載)、水餃子、かぼちゃの煮物
(おかずをひとまとめに写せたのは珍しいことでございます)

とか、

いやま、我が家のごはんというのは、別に目新しくもなく、
普通のおかずが並ぶものなので、こうしてUPするのもナンなのですが、


この前、腰がぬけるほどびっくりしましたの!!


某主婦向け雑誌の

「無理しなくても食費は半分に減らせる!」

という、強力無比なタイトルに心奪われて
さっそく購入して記事を読んでみましたところ、

その半分に減らした食費って

1万5千円

なんですってよ、おっかさん。


我が家では酒代にもなりませんわ、この金額。

いったいどこをどうしたら。。。
(禁酒は無理で、無理は無理。)
by hi-sukesan | 2007-03-04 07:00 | 日本でいろいろ

シュハスコだのガレットだの。。

陽気もよくなってきて、
「さぁーそろそろ、引きこもり生活からの脱出だわよっ!」
と、鼻息荒く、外出ショッピングに燃えるわたくしに、
突如訪れたこの感触は。。

ああ目がかゆぅいぃぃ。。。
そうだった、この季節は花粉症だったよ、おっかさん(涙)

ブラジルではまったく発症しなかったので
すっかり忘れておりましたの。


けど、めげずに出かけました。

まずは、ポルトガル語教室の先生
e0028810_8365322.jpg

マルシオ氏(せんせい、撮影写真を入念にチェック)と、
生徒さんたちとともに
渋谷のシュハスカリア「TUCANOS」へ。


ひとことコメント。




「わたしが食べたシュハスコの中で一番美味い」



次は、つるんでは昼から酒飲むお友だちのSaoriさん
おされ六本木ヒルズにある、クレープ&ガレットのお店へ。
e0028810_846065.jpg

そば粉のガレット。

↓これは一昨年、本場フランスはブルターニュ地方カンペールの町で食べた
そば粉のガレット。
e0028810_847394.jpg



ひとことコメント。





「味も似てる」



もう、日本で引きこもっててもいいかな、わたし。。。
by hi-sukesan | 2007-03-01 08:55 | 日本でいろいろ


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧