<   2006年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ちぎりパンと、硬貨はやっかいの巻。

e0028810_2371046.jpg


みかさんレシピで、ちぎりパン作ろうと思ったら、
あらあらまー、黒く焼きすぎちゃった。

可愛いキリンさんの便箋なんぞを下に敷いて
誤魔化そうとたくらんでみたけど、
よりいっそう、色黒なのが際立っちゃって、、。

「でも中身はふわふわで美味しい~♪♪」
なんて、お子さまちっくなことは言わないわ。
いい年したおばさんですもの。
負けは負けよ。

焦げ臭いのよ。


ここで、ブラジルにお住まいの方に、パン作りのミニ情報。
日本のパンの本のレシピなんだけど、
たとえば、リッチなパンの配合が、
強力粉200g、砂糖大さじ2、塩小さじ1/2、
ドライイースト小さじ1、バター20g、牛乳140cc
だとすると、
ブラジルの粉で作るときには、強力粉のところ、1割増量の220gが適量のようです。
粉の特性が違うってすごいわね。


さて、今日のお写真はこれ。

e0028810_261417.jpg


よく見てね。

いつもこの小銭のおかげで、
レジでの支払いがもたつくのよ。

そう、金額は同じなのに、色が違うの。

お札にしても、古いものがいまだに流通していて、
なんだかヘンな具合なのよ。

日本の硬貨は、しっかり統一されているから、
大きさや色で、この硬貨はいくらって瞬時に判断することができるでしょ?
でもこの国ではそれはできないわ。

おまけに、(わが町のひとだけかもしれないけれど)
たいていのブラジル人は、日本人みたいな立派で大きなお財布持って歩かないから、
小銭出すとき、小さな財布逆さまにして、

ぶわ~~っ

ってレジに、財布の中の硬貨、ばらまくの。

最初は、わわなんだ??って思ったけど、

今はそれが一番スムーズな支払いの近道だとわかって、
わたしも思いきりぶちまけてるわ。

日本に帰ってジャスコのレジでやったら、
どんな目で見られるかしら。

日本の奥さまは、けしてマネしないでね。(しないわね。)


↓クリック数が時給に見え出してから、必死になってきちゃったわ。笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-31 02:41 | ブラジルだぁ*2003~2006

昔ながらのマカロニサラダと、美容室のせんせ

e0028810_23477.jpg


どうも、胃が弱ったり、おツムが弱ったりすると(これは生まれつき)
懐かしのじゃぽんシリーズ、作りたくなるみたい。

昨日は、昔ながらのマカロニサラダ。

これ、実はわたくし、ほとんどおうちで作ったことがなくて、
マカサラは近所のスーパーで買い求めるものと、心に固く決めていたのよ。
というのも、マカロニ茹でて野菜に塩してマヨネーズであえただけじゃ
なんか今ひとつ味が決まらないんだもの。

昨日は、お酢をすこぅしと、醤油ごくわずか、加えてみたら
ちょいとばかし馴染んだ味わいになったみたい。

オットに聞いたら、「ビールのアテにぴったし!」って喜んでたけど、

「ジャスコのマカサラみたい!」って言ってくれなくっちゃダメなのよ。

秘蔵のママーマカロニ使った甲斐がないじゃないの。
(ブラジルにはありそうでないママーマカロニよ)


んで、先週、
仲良しのシルビアさんが、予約をしてくれたので、
2人で美容室に行ったの。

ぴらぽでは2度目。
前回は待ち時間が長くて、
毛染め、メッシュ入れだけで延べ5時間かかり、
あたしもう、ここで泊まってっていいですか?って、先生に相談しそうになったほど
疲れたんだったわ。

「今回は大丈夫よ、そこんところ、よく確認したから」って
1本筋が通って男選びにうるさいシルビアさんは言ってたけど、
はたしてその通り、すぐに椅子に案内された。あー助かった。

そして、髪を染める仕度を若いおねいさんが始め、
満を持して、先生の登場となったんだけど、

先生ったら、



e0028810_2582395.jpg


自分も毛染め中


写真見てわかったけど、


先生、自分の毛染めに夢中 。 (目線がね。。)


それでも無事、わたくしの毛染めは終わり、
髪乾かして仕上げをする段になったんだけど、
いつのまにか先生、どこかに消えちゃったの。

先生も毛染めが終わり、仕上げに入ったみたい。

最後の仕上げがなかったので、ぶっとんだ髪型のまま、
手足にマニキュアをしてもらって、
そして帰ることになったんだけど、

その頃、きっちり髪を整え挨拶に出てきた先生に
「素敵になったわ~」ってベタ誉めされたわ。

確かに色は茶色になったけど、
この髪型ひょっとしてぴらぽでは、おされさん?

ブラジルの女に、またしてもやられた一日だったわ。


↓お忘れじゃぁござんせんね?笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-30 03:18 | ブラジルだぁ*2003~2006

映画に影響されてます。

e0028810_702456.jpg


金土の週末、連ちゃんで午前0時まで飲んでいたので、
本日は胃が悲鳴をあげてますのよ。

昔の栄光を偲ぶつもりはないんだけど、
一夜で一升瓶の底力はもうわたくしにはないみたい。
年寄りは年寄りらしく、
寝る前の養命酒に舌鼓をうっとくわ。

それで今日のお料理写真は、
とある日のお昼ごはん。

ミートボールとマカロニ、それにシュシュというブラジルの野菜とビーツのサラダ、
ブラジルのチーズパン・ポンヂケージョ。

ミートボールとマカロニは、
その日、DVDをのんきに見ていて、無性に食べたくなったの。
そのDVDとは、知るひとぞ知る、
e0028810_7123074.jpg

スウェーデン映画、「ロッタちゃん」シリーズ(1992年)。
お魚嫌いのロッタちゃんの大好物が、ミートボールとマカロニなのよ。

あ、この日の昼ごはんはぷれ吉が作ることになっていたので、
わたしはただ、「作って」とお願いしただけ。
ぷれ吉のアタマには、ミートボールのソースとマカロニのソース、
どちらもトマトソースしか思い浮かばなかったみたいで
こういうふうになっちゃってるけど(使いまわし)
はて、スェーデンでは、どんな仕様のソースなのかしら。

「お花におふとんをかけてあげたいので、神様、どうぞ雪を降らせて。
でもほんとは、わたしがソリで滑りたいだけなんだけど」。
都合のいいお祈りするロッタちゃんがすごく好きよ。

ちくちくするセーターをハサミでびりびりにして、
「犬に襲われたことにしとこ」っていう、
その場しのぎのロッタちゃんも、なんだかとても他人とは思えないわ。

映画見て、なにかを無性に食べたくなるって、
わたしにはけっこうあることで、

一番ハマりのひどかったのは、
e0028810_7204250.jpg

フランス・ベトナム合作映画「青いパパイヤの香り」(1993年)。

この映画の中に出てくるお料理は、
「シネマ厨房の鍵貸します」(日本ヴォーグ社)の中でも、
「MENU 音楽家のための夕ごはん」と題して取り上げられているんだけれど、
わたしは、先輩奉公人の作る、
青菜の炒めものの映像がすごく好きで、
しばらくは菜っ葉の炒めものばっかり作っていたわ。

最近、気になっているのは、
ちょっと前の映画で、
e0028810_723148.jpg

「ショコラ」(2000年)。

お料理ではないけれど、
このチョコレートにチリを入れるっていうの、いったいどんな感じなんでしょ?
想像しただけで、魅惑的なチョコのような気がするわ。
どんなチリを使うのかわからないんだけれど、
ぜひチョコレートケーキに応用してみたいと思ってるの。

これを読んでくれている方の中にも、
映像に影響されて料理したことあるっていうひと、いるんじゃないかしら。
ぜひともそれを教えていただきわ。どうぞよろしく。


あ、今日もオチがないけど。
明日はきっと、オトしてみせるわ(世良さん、帽子が手放せないのね最近)

ランキングの数字が、時給に見えてきた。
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-29 08:01 | ブラジルだぁ*2003~2006

duimさんのハンバーガーはすてき。

e0028810_5475613.jpg


金曜日の夜はお外食。
お外食とは言っても格安。

Duimさんのハンバーガー。

あ、ハンバーガーじゃなくて

あぅんぶるぐぇぇぇる

と発音することは前にも書いたわね。
今回食べた、「X-burguer」は
エックスバーガーじゃなくて、しすぶるぐぇぇる
ついでにケチャップはカチュッピ、
マスタードはモスタルダ、

間違えても、親切なduimさんは
刺身にわさびつけて持ってくることないから安心して。

前回、ここのハンバーガー載せたときは
この内容物の詳細を書かなかったので、
今日は謹んで書かせていただくわ。

お肉のパテ
目玉焼き
ハム
ソーセージ
ベーコン
レタス
トマト
ピクルス
コーン
チーズ

それに、忘れちゃならないのが、
バタータ・パンリャって呼ばれる、ポテトチップスの細長細かい版。
e0028810_5481787.jpg

ところ変われば、食べ方も変わるもので、
これ、ブラジルのひとは、スナック菓子のようにぽりぽり齧ることはしないみたい。
登場するところも、たいていは写真のように、
ホットドッグに潜んでることが多いようよ。

このカリカリ具合がアクセントになって、
duimさんのハンバーガーをより美味しくしていると思うの。

そして具は、みんなで11種類。
具はもちろん、パンもほどよくトーストされて熱々を提供。
これで、お値段230円は、ほんとに格安よ。

マクドもケンタもスタバも、
何もないわが町だけど、
duimさんのハンバーガーさえあれば大満足。


本日はオチなし。ひーのぴらぽライフを支えるduimさんを讃えるだけの日記。
↓日曜日も営業しております。笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-28 06:17 | ブラジルだぁ*2003~2006

豆乳坦坦麺と、パン屋のおねいさん

e0028810_581585.jpg


わが家お得意の豆乳坦坦鍋
(豆乳に、豆板醤やら味噌やらゴマ油やら、にんにく、ゴマ、ウェイパーなど
うちにある、それふうの調味料を総動員して味つけする)
の翌日は、
豚肉団子などの具から出たダシも加わり、
ものすごく美味しいスープになっているので、
麺を放り込み、坦坦麺に。

といっても、中華麺に不自由しているので、パスタ使用なの。

坦坦スープパスタ、箸で食べて、デザートは昨日の草餅。

これこそ、いんてるなしおなるな食卓。

ひらがなでポル語書いたら、ワケわかめじゃん。
あんたどこの出身さ。


でね。

最近ちょくちょくパンやら水やらビールを買いに、
裏のパン屋に行くんだけど、
昨日も行って、顔なじみのおねいさんに、
これくださいな、ってビール差し出したのよ。

そしたら、ちょっと待ってて、って奥に引っ込んじゃったの。

あらら?と思ってたら、
すぐにおねいさん、出てきたのはいいんだけど、

手にクッキー持って、むしゃむしゃ食べてる。

お菓子食べながら販売業?
そりゃちょっとあなた、ないんじゃな~い?

でもま、ここじゃ何でもありだもん、
こんなことで腹立ててもしょうがないわ、
そう思って、おねいさん見てたのよ。

そしたらなんとおねいさん、

食べかけのクッキーをわたしに差し出して、

「マラクージャのビスケット、すごく美味しいのよ。
食べてみて

って。

わたしもお人よし、
いらないわ、ってきっぱり言えばいいのに、
ありがとう、なんて言っちゃってさ。

ボリボリその場で食べたわよ。

ブラジル女には勝てやしないわ。

というより、
あのおねいさんとわたし、もう顔なじみ以上、ちょっとした肉体関係。
わたしもブラジル女の仲間入りよ。

e0028810_5445054.jpg


さらに購入までしちゃって、
ほんとわたしって小心者。


↓土曜日もクリックは受け付けております。笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-27 05:51 | ブラジルだぁ*2003~2006

日本の春を思ってヨモギ餅作り。

e0028810_1283879.jpg


本日は遥か日本の若葉の頃を思いつつ、
ヨモギ餅など作ってみました。

ちょっとヨモギ粉が多すぎたのと、形が不恰好になってしまったので、
苔むした石、とゆーか、

光合成しすぎた らっこ

みたいになっちゃったけど、
ま、ご愛嬌ということでひとつよろしく。

わたくし、
「ひょっとしたらヨモギ餅が食べたくなるときがあるかもしれないし、」と、
白玉粉に上新粉、それにヨモギ粉を
先の一時帰国の折に買ってきましたのよ。

なんと用意のいいこと!って、

いやま、ほんとは、
食材の殿堂ジャスコにて、
物欲にかられ、あれもこれもと、
手当たり次第にカゴに放り込んだ、というだけなんですけどね。

ここだけの話だけど、
ジャスコがあれば、
ぴらぽに永住したっていいわ、わたくし。

<ヨモギ餅>

・白玉粉(30g)を40ccの水で溶かす。
・そこに、砂糖(40g)、上新粉(130g)、70ccの水を入れてよくこねる。
・ぬれ布巾を蒸し器に敷いて、3分割した上のものを並べて、強火で30分蒸す。
・蒸しあがったら、すりこぎでつくように、よく混ぜる。
・水で濡らしたヨモギ粉(10g)を加えて、さらにつく。
・手を水で濡らして丸く伸ばし、あんこを包んで出来上がり。


さて、裏のパン屋に行く道すがら、
ふと目をひいたものがあったの。

e0028810_1531096.jpg


一見、何気ないおうちに見えるけど、
でも、このぴらぽの町でちょいと暮らせば、

「それってちょっとあーた、大胆すぎない??」

って思うようになるわ。

アンテナにご注目。

一応、屋根の上とはいえ、こんな道路に張り出したところにアンテナを設置するなんて、

「はしご掛けて登るだけで、簡単に盗めますよ、泥棒さん」

って言ってるようなものなのよ。

ここいらの、たいていのおうちは、高い塀に囲まれてるのが普通で、
その上には、

e0028810_212430.jpg

があったり、

わが家もそうだけど、

e0028810_231668.jpg

が流れていたり。
(ちょっと線が見えにくくてごめんなさい)

そんなこんなで、どの家も泥棒対策にはぬかりない中、
このうちのアンテナ設置は、かなり無防備だと言えるでしょうね。

そう、この3ヶ月の間には、
跡かたなく盗まれると、わたしはみたわ。



↓お忘れじゃぁござんせんか?笑
にほんブログ村 料理ブログへ クリック励みになります(ネタ作りの)
by hi-sukesan | 2006-05-26 02:15 | ブラジルだぁ*2003~2006

極楽色した魚のバター醤油ムニエルの顛末(長い)

e0028810_1485115.jpg


昨日、日系人の南さんから頂戴した極楽魚、
電話して名前聞いたら、
ピラカンジューバとか、
マトリンシャンとか言うのですって。

ちんとんしゃんって言い始めるのも時間の問題よ、あら予想はしてたって?

張り切って3枚におろしてみたら、
なんて綺麗な白身!!
これってお刺身でもイケるんじゃないかしら、
臭みもまったくないし。

でも、川魚の刺身は、いまだにオットがイヤがるの。
ピラニアの時だって、強硬に反対したもの。
その後、日系人木下さんちでピラニアの刺身食べざるを得なくなったんだけど、
でも、これ刺身にしたら、また何言われるかわかんないわ。

小麦粉をはたき、バターで焼き、
焼いたあとのフライパンにバターをとかし醤油をぽとりで、ものすごくいい匂い。

完全に成功したと思ったわ。
ブラジルのちんとんしゃん、わたくしの敵ではないわ。
さあ、思う存分食べてあげますわよ!(ココロの中で高笑い)


ひとの話をきちんと聞かないわたしに天誅が下ったわ。

南さんが言った、

「この魚を焼くときには、身に細く筋を入れて切っとくようにね」

っていうひとこと、すっかり忘れてたみたい。


小骨が多いのなんのって、あーた。
それも性質の悪い小骨で、小骨の先が二又に分かれてるのよ。

お魚の身ひとつまみに、小骨もれなく6本ついてきます、
って、
安もんのコピー思い浮かべてる間にも、
歯ぐきに骨が刺さってるっちゅーの。あいたたた。。(涙)

南さんの言ったのは、しっかり骨切りしとけってことだったのね。

魚の骨に格闘しながら食べてたから、
味のほうは全然覚えてない。
目の前の、オットの汗だけが印象に残っているわ。


あ、でも
アラでとったダシは、文句なく美味だった。
e0028810_233407.jpg

朝ごはんに味噌汁を作ったの。
この光る魚の脂、
なんか寿司屋の赤だし思い出して、涙ぐんじゃったわ。

南さん、気に入ったら今度は、もっと大きなちんとんしゃんあげるから、
それはお刺身にしたらいいわよって言ってたけど、
どうしようかしら。。。。
ハモ職人にはなれそうにもないし。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)
今日はどのへんフラついているかしら、このブログ。
by hi-sukesan | 2006-05-25 02:42 | ブラジルだぁ*2003~2006

鶏のかりかり焼きと、南家の不思議なもの

e0028810_1114429.jpg


昨日は、シンプルなものが食べたくて、
鶏を焼きましたの。

ほんとに焼いただけ。

塩と胡椒、そしてガーリックパウダーをふりかけ、
じりじりじりじり、ひっくりかやしてまた、じりじりじりじり。

シンプルがこんなに苛立つものだと思いませんでしたわ。
オットがフォークとナイフ構えて待ってんのよ。

それでもじりじりじりじり。

反動で、付け合せの茄子としめじと椎茸のソテー、
火がフライパンに入って天井焦がすほどの勢いで炒めてしまいました。
すぐにへたれる素材にそこまで強気にならなくったって、って感じ?(誰に聞いてんの?)


今日は、火曜日なので、日系人のMさん(実名・南さん。隠すことないな)
ちに、お豆腐を買いにお出かけ。

おうちに入ると、テーブルの上にこんなものがっ。

e0028810_1202736.jpg


小太りのサボテン??
それとも果物の王さまドリアン???

これは、graviola(graveola)っていう果物なんですって。
中の実は、白くぐにゅぐにゅしていて、まるで魚の白子のようなんだけど、
ジュースをいただいたら、すごく甘くて美味しい!

こんなに甘いものなんですねぇと、感嘆して南さんに言うと、

「ミキサーにかけるのよ、お水と砂糖と一緒に」

ということで、
わたくしには、果汁100%と30%の区別もつかないみたいですのよ。ほほ。


そして、今度は裏庭に置いてある冷凍庫の中の、
最近ご主人が釣ってきたというお魚を見学。

e0028810_1284979.jpg


このpacuという魚は、アマゾンなどにもいる淡水魚だそうよ。

親切な南さんは、
「ひろこさん、1匹、持っていきなさいよ」
っておっしゃって下さったんだけど、

また、前回のように、

ー西日射す台所でひとりピラニア下ろす女ひー46歳の秋ー(字余り)

っていうシチュエーションになるのも気が進まなかったので丁重にお断りしましたわ。

そしたら、代わりに、かわいい方の魚をくださって、

本日の南さんちよりのお持ち帰り品、

e0028810_1371920.jpg


こんなになりました。

南さん、ありがとう。
これで何日か楽しませていただきますわ、ごはん作り。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
押してくださったら、ひーすけアホみたいに喜びます

by hi-sukesan | 2006-05-24 01:48 | ブラジルだぁ*2003~2006

トマトソースピザと和風ピザ、そしてオット小ネタ

e0028810_1384831.jpg


日曜日。
太陽の陽射しも少し弱まり、かっこうのお外ごはん日和でしたのよ。

なので、ただいまこちらに滞在中の出張者のひともお呼びして、
お庭でビール。
ピザも2種類焼きました。

ピザ生地は、

・ブラジルの小麦粉 250g
・お砂糖   10g
・塩    小さじ1弱
・ドライイースト  小さじ1
・ぬるま湯  160cc
・オリーブオイル  大さじ1と1/2

これをパン生地作りの要領でこね、一次発酵させたら
2分割して、まぁるく伸ばしてでき上がり。

1枚は、トマトソースの上に、冷凍してあったお宝のイカと、ツナ、チーズを乗っけて、
もう1枚は、生地に醤油をハケで塗り、お宝の明太子とチーズを乗っけて焼き、
お宝の(しつこい)海苔をちらして作りました。

もともとうちは、ピザに対して熱心でなく、
なんとピザ作ったのもこれが初めてだったんだけど、
ふかふかしていて、これはこれでまた良いものだなと思っていたら、
お客さまが、
「ピザ屋のには、生地の薄ーい、カリカリしたのもあるけど、あれはどうやって作るの?」
とのご質問。


存じません。


膨らんだ生地を叩き潰せば、ああなるんですよ、って
知ったかぶりしようと思ったんだけど、
たぶん言わなくて正解だったわよね。

わたくしもずいぶん思慮深くなったものよ。ほほ。


今日はブラジルねたを少しお休みして、(ええ、毎度のことながらネタ詰まりよ。つらい)
オット小ねたを書かせていただきますわ。

大相撲、白鵬と雅山の対決、なかなか見ごたえがありましたよね。
(ブラジルは日本と12時間の時差だから、ちょうど朝起きると、相撲やってますのよ)

この雅山(みやびやま)のこと、オットはいつも「まさやま」って言いますの。

昔、広島に住んでいた頃、
近所に「大黒屋食品」って会社があって、

それもオットは
「おおぐろや食品」と言ってたし。

あーた、そりゃどう考えても、「だいこくや」でしょうよ?と、わたくしが意見すると、

「それならあの女の歌手は、だいこくまきって言うんかい」

って言い張るのよ。

そう、大黒 摩季のことね。

誰かこのワケのわからないオットに、
説教してやってくれないかしら?

でも案外、このカラクリ、説明するのって難しいわよね。
にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
励ましてください

by hi-sukesan | 2006-05-23 02:21 | ブラジルだぁ*2003~2006

プタネスカと日曜小ネタ、までいかないわ。。

e0028810_516761.jpg


近ごろ、何かとぐずぐず言うわたくしのために、
オットがイタリアンに連れてってくれましたのよ。

そうよ、いつもの、あの風呂屋イタリアン。
この町で外食すると言っても、
気持ちが高揚する場所なんざ、数えるほどなんだから
仕方がないわ。

さて、今回、初めて注文してみたパスタは
「プタネスカ」。

これはトマトとオニオン、ケイパーにオリーブ、それにアンチョビーで作った
とてもスパイシーなソースでできてるの。
この店のメニューの一番に書かれているのだから、
イタリアでもオーソドックスなソースじゃないのかしら。
わたしも小耳にはさんだことあるわ、どこかのどこかで。

名前も、ぷんすかしているわたくしにぴったりじゃない?

相変わらず、豪勢にチーズが降りかかっていて、妙にケバだっていたけど、
とても美味しいパスタだったわ。

さてこのイタリアレストランといえば、
あの、ほっかむりワインよね。なんてったって。

e0028810_60227.jpg


。。とか真知子巻きだとか、
なにかと想像をかき立ててくれたワインだったんだけど

今回ひさしぶりに注文してみれば、

e0028810_522714.jpg


なんで、いきなりスリムになっちゃってるの、このボトル。
わたしが1mgたりとも減量していないとゆーのに、なんてこと。

なんだかワインにまで見捨てられた気がした昨日のディナー。

でももう、ぷんすかにも疲れたから、
明日からまた日記にも気合入れるわ。
見捨てないで読んでちょうだいね。


にほんブログ村 料理ブログへ ←クリック励みになります(ネタ作りの)。
今日はどこいらへんをふらふらと?>

by hi-sukesan | 2006-05-22 05:55 | ブラジルだぁ*2003~2006


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

プロフィールを見る
画像一覧

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧