カテゴリ:ブラジルゴハン( 135 )

おうちブラジルゴハン。

e0028810_5185894.jpg















↑最近、青っぽい写真に興味が引かれていて、ちょっと写してみましたが、
なんか違うなぁ。
だいぶ違うなぁ。。



水曜日、親しい方をお招きして、
ブラジルゴハンを食べていただきました。

(写真はお昼間の仕度中の写真)

たいへん気に入っていただいたようで
とても嬉しかったです。

それにしても、
ミナスチーズとゴイアバーダsetを
あんなに気に入ってくれた酒飲み(笑)はたぶんいないと思います、Oさん!

(そしてブログ記事すべてを、3日もかけて全部読んでくれたひとなんて
本当にいないと思う。本当にありがとうござります。)


魔王チョコ、美味しっ!!
Iさん、ステキっ!!(笑)


ちなみにこの日のメヌぅは、

ステーキ(ファロッファとビナグレッチで)
海老のムケッカ(マンジョッカ芋入り)
コーヴィのにんにく炒め
ポンジケージョ
フェジョンとごはん
サラダ
ゴイアバーダとミナスチーズ
パパイアとアイスクリーム(これにカシスリキュールをかけたもの)

でございました。



↑本当に楽しい夜だったなぁ。
by hi-sukesan | 2011-02-18 05:47 | ブラジルゴハン

備後のブラジル Steak Brasil

e0028810_719106.jpg





















連休初日、行きは高速バス、帰りは新幹線にわざわざ乗って、
同じ広島県にある福山市というところに行ってきました。

遠かった。

けど、(上の写真の)デザート、すごく美味しかった。
ブラジル・プリンとブリガデイロ。

いやぁおかあちゃん、
やっぱ、ひとに作ってもらうブラジル料理は美味しいやねぇ。

というわけで、行ってきたのは
「Steak Brasil」

名前のとおり、ステーキが売りの
ブラジル・レストランです。


e0028810_859596.jpg
























おばちゃんが張りきって焼いてくれたステーキを
おいちゃんが張りきって切ってくれました。
(ステーキは2種類、Picanha-ロース-とAlcatra-サーロイン。
いただいたのは、おいちゃんのおすすめのロース)


ブラジル風ステーキ、ここでちょっと説明いたしますと、
赤身のお肉(ブラジル産は手に入らないので、残念ながらオージーなんだとおいちゃんは言った)に、
大きな大きな粒のシュハスコ用岩塩をほどよくまぶし、
時間を置いてじわじわと水分が出てきたら、岩塩を払い落として、
バターで焼きます。

これがねぇ、美味しいんです。
今まで心の中でひそかに、
「何の意味があるのか、ようわからん粉や」
とばかり思っていたファロッファも実に良く合う。

ちなみに、このステーキは一枚800円、
このお味にこのボリューム、そしてこのお値段ということで、
ブラジル人にも増して日本人のお客さんが多いんだそうな。

そして〆は、ブラジリアンハンバーガー、X-burger。

わたしはどこのハンバーガーより
ブラジルのが好き。
パンがねぇ、美味しいのですよ。


写真はないけれど、このほかに、
パステウやヒゾーリス、マンジョッカフリットなどを食べて、
ワインはブラジルの「Sangue de Boi」(牛の血という名前がものすごい)。

もう14年もブラジルに帰ってないよと寂しく言うおいちゃんに、
追い討ちをかけるようにチエテの写真見せたら、ちょっと涙ぐんでた。

でも、片道車で30分もかけてフェジョンを買いにきた日系のおっちゃんやら、
たくさんのお客さんに頼りにされているお店だから
なかなか休むわけにもいかないよね。

「Steak Brasil」
年中無休でがんばってます。



↑息子さんはJ2・ファジアーノ岡山の選手で、
今年はブラジルで1年間プレーするんだって。
ファビオくん、楽しみです♪
by hi-sukesan | 2011-02-13 08:24 | ブラジルゴハン

Natalなので、パネトーネ。ミニミニサイズ。

e0028810_1836483.jpg
























Natal はポルトガル語でクリスマス。
ブラジルでクリスマスのパンと言えば、ご存知パネトーネ。
元々はイタリアのパンだけれど、
今頃は、ブラジルのスーパーに、
山のように積まれていることでしょう。
黄色の山。ああバウドゥッコ()懐かしい~

けど、実はあまり好きじゃなかったの。
なんか、中途半端なぶどうパンみたいでねぇ。

ところで、クリスマスの頃のパンとしてメジャーなのは、
パネトーネとシュトーレン(ドイツ発祥)でしょうか。
地元広島のアンデルセン(といえばデンマーク)をのぞいてみれば、
圧倒的にシュトーレンが幅をきかせておりましたが、
やっぱり北の国はシュトーレン?
南はパネトーネ? 
クグロフの立場はどうなるんだ?

うーん問題はとりあえず、
分類が大雑把なことだな。笑


さて、今年はミニミニなパネトーネを作りました。

なんか小さいとね、組み易しという感じがするのね。

ふつうは半年は持つと言われるパネトーネだけれど、
そんなに置いとく勇気はないなぁ。
(追記・パネトーネ酵母を使った場合は大丈夫なんだとか。今回はブラジル式で生イーストで作ってるからダメダメね)
てか、6個しかないので、
クリスマスまで残ってるとはまず思えない。

でもまとりあえず、これでクリスマスものはよし。

次はモチよ、モチ。笑




↑みなさま、ひと足早いですが、メリークリスマス♪♪
by hi-sukesan | 2010-12-21 17:36 | ブラジルゴハン

Tortinha Maracuja  小さなパッションフルーツのタルト


e0028810_13503659.jpg
















またまた簡単なパッションフルーツのデザートを作りました。

ビスケット(40g)を細かく砕いて、
溶かしバター(大さじ1弱)と牛乳(小さじ1)をもみ込んでなじませたものを
小さなカップの底に敷き詰める。(ぎゅうぎゅうコップの底で押し込んだ)

そこに、
パッションフルーツ(2個分の中身約100cc)とコンデンスミルク(110cc)を合わせたものに、
ゼラチン5gをお湯大さじ3で溶かしたものを加えて混ぜたフィリングを流し入れたら、

*このフィリングはぱっちりと固まるので
 ちょっとゆるめがお好きな方はゼラチンの量を調整してくださいね。


冷蔵庫で一時間ほど冷やし固めて出来上がり。


小さなカップに4、5個分しかできませんが、
甘党でないわたくしの、夏のおやつにはこれが程よい量。

これから午前と午後に、一個づつ
ちみちみ食べるの。やっほー。



↑しかし、こんなか弱い胃で(笑)
現地の量に耐えられるかしら。。
by hi-sukesan | 2010-08-05 10:22 | ブラジルゴハン

アングー Angu


e0028810_7152715.jpg















お皿の左側は、今まで何度かUPしている、ミナス名物の
フランゴ・コン・キアボ(Frango com Quiabo オクラと鶏肉の煮込み)。
そして右に添えているのが、
アングー(angu)。

この一見、マッシュポテトのように見えるものは
とうもろこしの粉(Fuba)(コーンミール、コーンフラワーでOK)を使って作ったもので、

イタリアでよく作られているお料理「ポレンタ」と同じようなものでございます。


このお料理の作り方は簡単なんです。

簡単なんですけど、根気がいるんです。

根気がいるから、こんな暑いときに作るのは大変なんです。

えっとね、

お湯が沸騰したらちょっと塩入れて、
そこに粉放り込んでね、

ぐるぐる~ぐるぐる~ぐるぐる~

って、かき混ぜるの。

粉くささが無くなるまで、ひたすらかき混ぜるの。

最初は煮ているような感じで、それからは捏ねるような感じで

ぐるぐる~ぐるぐる~ぐるぐる~

30分はかかる。腕疲れる。おばさんよろける。


途中でゆるさを調節するために、
一緒に横で煮込んでいたオクラと鶏の煮込みの鍋からスープを足したりしたら
これがけっこう良かった。
それに気をよくして、スイートコーンもちょっと入れてみた。

(30分ものつらい労働の代償が
味のない粉の練りものじゃ、ちょっと悲しいような気がしたの)

このアングーは、煮込みの料理に添えると
(写真のように)ソースが纏わって美味しい。

ミナスで、鶏肉とオクラの煮込みにはアングーが添えられていることが多いのは
こういうわけなのですね。

そして、アングーは焼いたり、そして揚げたり、
いろいろな調理をして食べられることも多いようで、
そのお料理は、またいずれ作ってみたいと思います。 寒くなったら。体力あったら。



↑お暑ぅございますが、
おひとつよろしくお願いいたします。
by hi-sukesan | 2010-07-23 08:04 | ブラジルゴハン

Gelatina Colorida  ひんやりゼリーのデザート



e0028810_9494367.jpg















みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

ほんとうに暑い毎日が続きますね。

おまけに湿度も高く、カラダがもうだるくてだるくて、
思うように動けやしない~なんて思ってらっしゃるそこのあたし(笑)

のような方に、こんなデザートはどないでっしゃろ。(こゆい大阪弁でより暑く)

ブラジルのカラフルゼリーという名のひんやりお菓子。

作り方はいたって簡単でございます。
市販のゼリーの素を使ってゼリーを作り、(できれば何種類か)
それをサイコロ状に切ってもよし、
また写真のようにスプーンですくって大雑把に重ねていってもよし、

そこに、やはり、溶かしゼラチンを入れて混ぜた生クリームをかけて冷やすだけ。
(出来上がり、がっちり固まっているほうが本場らしいですが、
ゆるゆるめになっているほうが私は好き。
また、甘さはお砂糖で調節を。
ブラジルらしくコンデンスミルクを混ぜてもお好きな方にはたまりません)

ブラジルには簡単ゼリーの素が、本当にいろいろな種類売られていて
そこで果物王国であることを実感します。



↑いつもありがとうございます。
本日もおひとつよろしくお願いいたします。
by hi-sukesan | 2010-07-13 10:16 | ブラジルゴハン

Cachorro Quente カショーホ・ケンチ



e0028810_14534697.jpg















Cachorro Quente とは何ぞや?

Cachorro は犬、 Quenteは熱い。

英語でHotdogと言えば、
すぐさまその形、味を思い浮かべることができるのに、
不慣れなポルトガル語では、


熱い犬?


風呂でも入っとったんかい。


まんま大阪のおばちゃんになって
つっこんだりしておりました。


さて、本場アメリカでは、ホットドッグと言えば何が入っているんだろう。
それはよく知らないのですが、

ブラジルではけっこう具が入っておりますのよ。

キャベツの千切りとか、もちろんウインナソーセージでしょ、
そこにトマトソースをかけないといけないし、その上にコーンもかけないといけないし、
そして忘れちゃいけないのが、
Batata Palhaと呼ばれる極細のじゃがりこみたいなやつ、
これがカリっサクって具合に、けっこう食べるとアクセントになるのね。
これ、ハンバーガーにも出没率高し。

そして最後に食べる段になって、
トマトソースが入ってるっちゅーのに、
またケチャップとマスタードをどしどしかけます@現地。
そこに置いてあるもんは、かけにゃ損!です。笑

今回は、現地のマスタードがなかったので、
粒マスタードをパンに塗りつけました。

あのブラジルのマスタードは、ゆるゆるでとろとろで、
あまり辛くないもんだから、1本があっという間に無くなってしまっていたなぁ。

ちなみに、
ケチャップはカチュッピ、
マスタードはモスタルダと言います。

言葉がビミョーにズレてて、ちょっと楽しい。

今回焼いたパン、Pao para Cachorro Quenteは、
リッチとリーンの中間みたいな配合で焼いてみました。




↑いつもありがとうございます。
本日もおひとつよろしくお願いいたします。
by hi-sukesan | 2010-07-06 14:16 | ブラジルゴハン

トマトとモッツアレラのパステウ  Pastel de pizza



e0028810_830397.jpg














時差ボケ、でございます。

日本とブラジル、両国の試合はひとつも見逃すまじ!
と思ってワールドカップ観戦に取り組んでいたら、
すっかり寝るサイクルが狂ってしまいました。

日本が決勝トーナメント1回戦で負けてしまったので
ちょっと人間らしい生活を取り戻せそうなんだけれど、
それにしても、日本は健闘していただけに
パラグアイ戦で負けてしまったのはとても残念でしたね~。
でも感動、興奮の時をいっぱいもらいました。


で、本日のお料理はパステウ Pastel 。

パステウはブラジルの軽食の王、ブラジルNo1揚げ餃子で、
中身は挽き肉だったり、チーズだったりすることが多いですが、
今回は、生のトマトとモッツアレラチーズを入れて作りました。

生地は、お水にカシャッサを少し入れて作りました。
このお水に加えるものが、ガラナっていうこともあるみたいで
こうなると、生地の具合がどうなるのか、
次回はガラナ方式で作ってみたい。

ふりかえれば、前回ワールドカップ・ドイツ大会のときは
自宅で観戦したことは一度もなく、
BARやお友だちのおうちで観戦しており、

そのとき、友人宅に持って行ったおつまみがパステウでした。

けっこうな量作って持って行ったんだけど
ビール飲みつつ、つまみにつまんで、
あっちゅー間になくなったことを覚えております。

そのときの日記がこれ

男選びに厳しいマリアシルビア奥さまが
今回のおやじセレソンについてどういう辛口発言してるのか、
ああ、知りたくてうずうずするわぁ~。笑




↑ ブラジル優勝祈願クリック。
by hi-sukesan | 2010-07-01 09:26 | ブラジルゴハン

ブラジル初戦&カナリアパウンド


e0028810_72841.jpg




















何だかじれったい試合でしたが、
とりあえず勝ててよかったブラジルの初戦。

もちろんブラジルでは勝利に湧いてはいるだろうけど、
冷ややかに(表向き)批評しているひとも多いだろうなぁ。
4年前、ドイツ大会をブラジルで見ていて、
ブラジル人のサッカー分析好きは、日本人とはくらべものにならないと、
つくづく思ったし。

昨日は、ブラジルの勝利を祈願して
↑写真のようなパウンドケーキを焼きました。

この中身がね、


e0028810_781289.jpg













ブラジル色なの。
ブラジルと言えばカナリア色。黄色と緑。


え?よくわかんない?笑


てか、作ったあとにブラジル国旗を分析したら、
内側と外側の色、逆だったみたい。おほほ。


日本と違うと言えば、ブラジルではワールドカップとなると、
ブラジルの試合時間に営業している店などございません。

銀行だって、スーパーだって、閉まっちゃう。
ぴらぽの町では病院も、
「その時間にはここの病院は開いてますよ」というお知らせがあって、
言い換えれば、その他の病院は閉まっちゃってるということなの。

なんちゃってしゃちょーだったオットは、
「その時間に仕事させたりなんかしたら暴動が起こりまっせ」
と、ブラジル人幹部に言われてた。

ほんと、こんなにワールドカップに心血注ぐ国民がおりましょうか。

今回はどんどん勝ち進むことができますように、
心よりお祈り申し上げます。 



↑ いつもありがとうございます。
日本も勝って良かった~。
by hi-sukesan | 2010-06-16 07:32 | ブラジルゴハン

パパイヤアイスとカシスリキュール Creme de Mamao


e0028810_16213061.jpg















それにしても暑くなってきました。

こんなときには、ブラジルの簡単デザート、
パパイヤアイスにカシスリキュール。

美味しい上に、酒。(←うふっ)

このデザートに関しては、実際現地で目の当たりにした際、
なんか異常にびっくり仰天しておりましたが、(コレ

おまけによく見たら、このブログでは
なんちゃってデザートまで作っておりましたが、(コレ

ブラジルのひとが大好き大絶賛なスウィーツだけのことはあります。
まことに美味しい。
まさに、ロメオ エ ジュリエ(ロミオとジュリエット)な組み合わせ。

バニラアイスとパパイヤの実をミキサーにかけ、
仕上げにカシスリキュールをかけるだけでございます。 (写真、カシスリキュール多いかしら。うふっ。)

あ、ミキサー出すのはとても面倒くさいというそこのあなたは、
パパイヤ細かく切ってアイスと混ぜてみてね。



↑ いつもありがとうございます。
今日もよろしくおひとつクリック。
by hi-sukesan | 2010-06-10 16:36 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧