カテゴリ:ブラジルゴハン( 135 )

Suco de Laranja と、ブラジル・グレープフルーツの謎

e0028810_15581125.jpg
















ブラジルゴハンのカテにするのも?なら
写真のオレンジも正真正銘の非ブラジル産なのですが、

私にとって絞ったばかりのオレンジジュースと言えば、
ブラジルのジュースなのでございます。

ぷれ吉(本名バニウダ・フレイタス・ダ・シウバさん)が
毎朝絞ってくれたジュース、略して「ぷれじゅ」は、
私の朝の癒し(二日酔いならなおさら。笑)でございました。

で、そのオレンジなんですけどね、
週末のお買いもの、土曜日に開くfeira(市場)の前に
横づけされるトラックのおいちゃんから
まとめてどかんと一週間分、約30個を買うわけなのですが、

そのおいちゃんが、一年の内、ほんの短い間だけ、
ごっつ~~ぅ美味しいオレンジを持ってくるんですよ。

それがLaranja Tangerina(タンジェリンオレンジ)

私は、ブラジルのものに旬はない、
だって一年中暑いじゃん(@ぴらぽ)
と、思っていたのですが、そうでもないんですね。

で、今日もコメント欄をあけて
ブラジル通のみなさまにお伺いしたいのですが、

果物なら何でもあるのよブラジルはっ!
と思われがちなこの国に、
どうしてグレープフルーツがないのでしょうか。

私が3年間の滞在中、一番不思議だったのがこのことで、

スーパーに、グレープフルーツも、
はたまたグレープフルーツジュースも売られているのを見たことがないし、
ホテルに行けば、
なんでスイカジュースがあるのに
グレープフルーツジュースがないのよ~~と、
本当に不思議であり、また残念でもあったのです。
(好きなのよ、ぐれじゅ)

ぷれ吉に聞いても、
「なにそれ?」
って言うばかりでさ。笑

ご回答、よろしくお願いいたします。



↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2013-01-21 16:23 | ブラジルゴハン

フェイジョアーダ Feijoada

e0028810_7332619.jpg






















ハーバーランド神戸のモザイクにある
ブラジリアンレストラン「ブラジリアーノ」で食べた
フェイジョアーダ。

ここはシュハスカリアなので
ご陽気なブラジレイロが
どんどんお肉を持ってきてくれるのですが、

おばさんも中年。
おじさんも中年。
あんまりたくさんの肉が食べられないわけで。涙

でも、日本でもブラジルでも、
このようなシュハスカリアには、
ブラジル料理を何種類か置いてあることが常。
それらをバイキングで食べられるのがけっこう楽しい。

それにしても、ここのお店のブラジレイロ、

そのお肉はいりません(お肉の種類がたくさんある)と断るたんびに、

うーん、ショックゥ~

と言って去っていくのはどうよ。

なんかチミ、島木譲二に見えるよ。笑



↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2013-01-10 08:02 | ブラジルゴハン

Couve-flor ケールの葉は。。


e0028810_9373554.jpg





















青汁の素になるケールの葉、
ブラジルで言うコービ couve-flor は、

とにかく千切りにして、油炒め。
味付けは塩とにんにくだけ。

青汁の味なんてツユも感じさせない、
クセのない青菜炒めになります。

私はホウレンソウより、コービの方が好き。

あの大きな大きな葉っぱ、
もっと日本でも流通しないかな。



↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2012-10-15 09:45 | ブラジルゴハン

ソーセージのトマトソース煮

e0028810_7423164.jpg

















ホテルの朝食バイキングの中に、
このお料理があると、
やった!当たりじゃ~と興奮したなぁ。

ブラジルのフランスパン(どっちやねん)に挟んで
食べるのが大好きでした。
あと、スクランブルエッグと混ぜて食べるのも。


ところで昨日、
広島は三次(みよし)産の、
黒い真珠ピオーネというのを、初めて自宅用に買ってしまい、

美味しいんだけれどもよ?
これ、ブドウの値段か?

庶民のわたくしは途方にくれてしまったのでございますが、


<2005年7月26日。ぴらぽにて>(9年前の今日)

大好きないちごが120円で売っている→→ブラジルにいて良かった

3ヶ月に一度巡回してくる日本食料品屋にて、
ししゃもが1200円で売っている→→ブラジルにいて良くなかった


この昔の日記を読んで、笑ってしまった。

まあ、どこまで、お値段に左右される女なのか。笑

何年経っても、ひとって変わりませんねぇ。




↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2012-07-26 08:42 | ブラジルゴハン

ブラジルゴハン基本三点セット

e0028810_8202091.jpg



















豆に肉、そして米。

ブラジルゴハンの基本三点セットになっております、
この日のごはん。


豆はポルトガル語でフェジョン feijao。
豆そのものの意味もありますが、
豆料理のことも、大まかにフェジョンと呼ぶことが多い。

私の住んでいたところでは、
いわゆる黒い豆を使って肉も一緒に煮込むフェイジョアーダは主流ではなく、
茶色の豆だけを煮込んだものが、よく食卓にのぼっておりました。

そういえばいっぺん、フェイジョアーダを作って、と言ったら、
妙に神妙な面持ちで作っていたミナスの主婦、ぷれ吉。

作りなれてないものって難しいよね。
好きなことばかり言ってごめんね。
あ、酒もやめろとか言ってごめんね。
わたしに言われたくなかったよね。。


肉には、ファロッファの粉。
キャッサバ芋の粉に味をつけたものを、よくお料理にふりかけて食べるのを見て、
当初は、こののりたまみたいなの何?と思っておりましたが、
そういうものと思えばなんとなく、なければさびしく思えてくるのが、ひとの常。

ごはんはもちろん、
細かく切った野菜と共に炒めて煮る、ブラジル本式の油ごはん。


そしてお酒は、庶民の味方、なんたって安いのはこれ!の、
51(シンクエンタ・ウム)。

食前にそのまま、きゅいっ ←ほんとにワイルドなアルコール度数45
食後にカイピリンニャにして、ちみっ。


なぜか、すべてがブラジルブラジルしているこの日今日この頃。




ああ、梅雨の日本から逃げ出したいのよ~。




↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2012-06-27 09:03 | ブラジルゴハン

フェスタ・ジュニーナ(6月祭り)のお菓子 パモーニャ

e0028810_122047100.jpg



















蒸し暑い日本を横目に、
これから冬が始まろうとするブラジル。

この頃になると、町のどこかしらに、
髪は三つ編み、顔にはソバカスの、
これぞ田舎娘といった風情の、
女の子らの姿や絵などが見られるようになります。

それがブラジルの6月のお祭り、フェスタ・ジュニーナ。

たっぶん、このお祭りにも
何かしらの由縁っちゅーのがあるのでしょうが、
すみません、よく知りません(相変わらずの丸投げぶり)

しかし、奇遇にも、このお祭りの頃というのは、
日本でも、どんどんとうもろこしが出回る時期でありまして
(ブラジルには一年中ある)
ついつい、このお菓子を思い出してしまうのですね。

と言っても、ブログをたどってみたら3年ぶり。
こっぴどく失敗しておりますわよ、そりはもう。苦笑

わたくしが現地で食べた記憶としては、
舟和の芋ようかんのとうもろこし版、といったものなのですが、
どのレシピで作ってもそうはならないの。
ヤワヤワになってしまうの。

もちろん、ブラジルのとうもろこしと日本のそれとは、
ずいぶん味が違うし、(ブラジルのは甘みが少ない)
性質もやっぱりちょっと違うのか、
前回も片栗粉を混ぜつつ、調整をはかりましたが、
それでも柔かった。

で、今回、またちょっと作り直してみましたが、
やっぱり柔らかい。

柔らかい柔らかいって、
おばさんの頭は、年々固まっていってんのよっ。(やつあたり)

あんまり片栗粉ばかり投入していたら、
ろくなことにならないような気もするので、
あの、記憶の中にある、パモーニャを再現するには
まだまだ研鑽が必要なようでございます。


e0028810_1243764.jpg



















生地をとうもろこしの葉っぱで包み
茹でます。

パモーニャというのは、実は、
甘いものと、塩味のものがあるのですが、
今回は甘いものを作りました。



↑いつもありがとうございます。
by hi-sukesan | 2012-06-20 12:48 | ブラジルゴハン

ふつうに、バナナケーキ。


e0028810_8174652.jpg






















昨日、ちっちゃなお客さまのために、
ブラジルレシピを少しアレンジして
ちょっとふわふわめの、バナナケーキを作りました。

ですが、そのちっちゃなお客さま、







e0028810_8202694.jpg






















固いもん、噛んでます。笑



総じてブラジルでは、あまりふわっふわーなお菓子を
食べたことがありません。
固いとは言わないまでも、
肌理が細やかというものには出会ったことがない。

でもそれは、わたしが田舎暮らしをしていたからなのであって、
都会のケーキは、そうでなかったかもしれない。

元々、辛党のわたくし、
あまり売っているお菓子に興味がなく、
(気が向いたら作ってはみるけど、出来上がったら途方に暮れるのが常)

市販のケーキがどういう状況であるのか(特に都会の)
教えていただければ、嬉しいです。


というわけで、コメント欄開けさせていただいてます。
よろしくデス♪



↑こちらもお忘れなくなく。
by hi-sukesan | 2012-06-14 08:35 | ブラジルゴハン

牛肉の赤ワイン煮込み Carne de panela com vinho tinto

e0028810_16281021.jpg

























なんとっ!!

自分でも、カワイイかどうか半信半疑だった
↓下の記事、「ブラジルの丸 コースター」に、

カワイイ印がつきましたっ!!(題名のところ)


エキサイトさん、ありがとうございます。

まったくカワイイ分野に自信のないわたくし、
本当に嬉しかったです。



で、本日は気分もよく、
牛肉の煮込みシリーズその、、何番だっけ?ま、いいや、

赤ワインの煮込みを作りました。

しかし、わたくし、
前から言ってましたとおり、
ブラジル料理作るわりに、


圧力鍋、使えません。


いやもう、これではブラジルでは生きてゆけません。

ブラジルの圧力鍋の家庭浸透率は、
絶対、日本の比ではないと思う。

あんな暑いとこで(わたしの住んでたところとか)
今日みたいに、

ぐつぐつーぐつぐつ、ぐつぐつーぐつぐつ

3時間も4時間も火ぃ使うてたら、
くたばってしまいます。

おまけに、プロパンもすぐ無くなってしまいます。

お肉もそうだけれど、だいたい、

ブラジル人必須の豆料理、
これは圧力鍋なくしては、やってられませんもの。

というわけで、
わたくしブラジルでは、

すべて、
プレ吉に圧力鍋使って作ってもらっておりました。

まことに、あいすみません。



↑いつもありがとうござります。
by hi-sukesan | 2012-04-23 16:56 | ブラジルゴハン

引き続き試作中、ムケッカとブロッコリーごはん

e0028810_11305928.jpg


















 



ムケッカは、日本ではほとんど目にすることのないデンデ油を使わずに作るレシピを作り中。

ブロッコリーごはんは、炊飯器を使って長粒米を炊いて作るレシピを作り中。


同じお昼ごはんばかり食べさせられるオットが
ちょっとかわいそうです。




↑いつもありがとうござります。
by hi-sukesan | 2012-02-05 11:39 | ブラジルゴハン

ひさしぶりにブラジル料理「ムケッカとブロッコリーごはん」

e0028810_5402331.jpg

















ひさしぶりに作りました、
というよりも、実はこの2品、
試作中のお料理です。

ムケッカは何度も作っているのですが、
ブロッコリーごはんは、ブラジル時代に、
チャーハンとして作ったことがあるだけのようで(ブログで見るかぎり)

きちんとしたブラジルごはんとしてのレシピをおこすべく、
作っております。

というのも、11月にあった国際交流協会のイベント繋がりで、
来月、ブラジル料理を教えることになったからなのでございます。

なんちゅーか、
いつもは、ぽいぽい材料や調味料を放り込んでゆく、
性格同様の荒けずりさゆえ、
こういう作業は実に骨がおれますが、
美味しいブラジルごはんを作って食べていただけるように
がんばらなきゃ。

おばさん、気合い入れとります。



↑いつもありがとうござります。
by hi-sukesan | 2012-01-30 05:54 | ブラジルゴハン


「めおとぜんざい in Brasil → in Toquio」から「ブラジルゴハン」へ。大好きなブラジル料理やブラジルグッズ。黄色と緑ばかりじゃありません。Eu amo BRASIL


by hi-sukesan

------------------ ↑↑↑
エキサイトブログさんの、ピックアップブロガーに取り上げていただきました。マイクマークをクリックすると、インタビュー記事にとびます。
--------------------------




ここに載せているブラジルゴハンは、ブラジル・ミナスジェライス州3年間の滞在中 に教わったことや、現地で買ったお料理の本などを元にして作ったお料理で、日本でも作りやすいように、アレンジしているものもあります。写真に写っている器や小道具もブラジルモノ多し。
ブラジルの広さは日本の約23倍。ミナスジェライス州の広さは日本のまるまる一個分。ところ変われば料理も変わる。いろいろなブラジルゴハンを楽しみたいな。
[レシピ](Excite Kichen)
本場ミナスジェライス州・ポンジケージョ

(2013/3/6 改訂しました)


*ブラジル家庭料理を、広島県内の公民館などで教えています。問い合わせはコメント欄に鍵コメントで*


**日々の写真をinstagramに
「hirokobrasil」でupしてます。(followしてね♪)**





↑↑
*ブログ・エンターティナー賞の
ノミネート・ブログに
選んでいただきました*



*エキサイトブログさんの
「カワイイ!」
に選んでいただきました*
■ブラジル切手 Selos
■クマのジャム
■ブラジルのコースター
■ブラジルのミルク入れ leiteira



*エキサイトブログさんの
「おいしい!」
に選んでいただきました*
■Camarao na Moranga
■Bolo de laranja


*「めおとぜんざい in Brazil」を
「日経流通新聞」で
取り上げていただきました。

ブログパーツ

タグ

(102)
(1)
(1)

カテゴリ

ブラジルゴハン
ブラジルカワイイモノ
ブラジル・アーカイヴ
ブラジルだぁ*2014
ブラジルだぁ*2010
ブラジルだぁ*2007
ブラジルだぁ*2003~2006
carnaval@SP
Rio de janeiro
Ouro preto
日本のごはん
日本でいろいろ
お知らせ

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧